FC2ブログ
「JIN-仁-」 最終話
うぉ~、そうきましたか~。
謎は最後までモヤモヤが残りましたが、これって続編もアリですやん♪的な余韻もかな~りあって、嬉しいやら哀しいやら。
観終わった後、すぐに「映画化決定!」とか、「スペシャル決定!」みたいな興醒めな見出しが出なくて、とりあえず暴れずには済みました(笑)
しかしあの思わせぶりな終わり方は、ちょっと卑怯ですけどね~。(^-^;A

刺客に襲われた龍馬は仁と一緒に崖から落ちてしまった訳ですが、川下まで捜索するも行方不明。
歴史が変わってしまうんじゃ?…と心の中で心配する仁に、勝海舟は知ってか知らずか「あいつがなくなりゃ、あいつの代わりになる奴が出てきて、あいつがやるはずだったことをやるもんさ。」とあっさり。
このサバサバした「ザ・江戸っ子」キャラの勝海舟も、なかなか味がありましたわ。
で、後に龍馬は海の方まで流されたとかで、助けてもらった漁師の家で出された魚料理や浅黒い女性で“土佐”を懐かしく思い、暫く留まってしまった…という彼らしいオチだったのですが、どうもそれだけでも無さそうな。
やはり仁が予想したように、タイムスリップした「包帯男」は龍馬だったのかも知れないですけどね。
そして「ホルマリン君」の謎は、全く触れずじまい。(^_^;)

一方、野風を再度診察した佐分利は手術を強く勧めるのですが、未来を気にするあまり仁はその決断が出来ないでいました。
自分がどれだけ頑張っても、仁先生には信用してもらえない…と、落ち込んだ佐分利は酒浸りの毎日。
過去の傷を思い切って周りに話し、華岡流秘伝の麻酔薬「通仙散」まで準備し始めたというのに…。
しかし一歩が踏み出せない仁に後押ししてくれたのは、やはり龍馬。
「手術の後に何が起ころうと、何もかも全部ワシのせいじゃ。だから野風を助けて欲しい…」
自分の為に…という言葉も忘れずに。
この懐の深さが龍馬さんの素敵なキャラなんですが、最後の最後まで本当にカッコ良かったですわ♪

そして今の病状を説明された野風は、医学の研鑽の為になるなら…と快く手術を受ける決心をしてくれました。
この時に見せた涙は、「全力で治します!」と力強く言ってくれた仁の言葉だったのかも知れません。
野風の決意で身請け話は流れてしまい、鈴屋の女将さんは怒り心頭でしたが、顔に似合わず(コラコラ)意外にもイイおっちゃんだった彦三郎。
「あの子には馴染みを随分増やしてもらったし、これ以上、欲をかきますまい。」
大殿様に身請けに行った…となれば暫く鈴屋も安泰だったのに、野風の体の方を優先する彦三郎に感動しました。
確かに、後で乳癌だと知られるというのも大事になりそうですしね…って、そういうことではなく(笑)

そして手術の前日。
野風は『白無垢』を着て吉原を後にしました。
ずっと履き続けていた花魁下駄を脱いで、裸足になった野風の「空が高い…」と幸せそうに呟いた笑顔が忘れられませんわ。

一方、医療用具を引き取りに来た佐分利から、野風の手術の日と結納が重なったと知った咲は気が気ではなく…。
恋人・未来の為に野風の乳癌を見て見ぬフリをしようとした仁に、自分の感情をそのままぶつけてしまったことを後悔していたようですが、仁にはもう迷いはありません。
それでも写真を気にして決心が鈍らないように…と、木箱に入れて土中に埋めていましたが、これがまた意外な展開。
咲は「神は乗り越えられる試練しか与えません。試練の後には、きっと素晴らしい未来が…」と励ましてくれてましたのに、手術が終わってみると、写真自体がなくなってましたよ。(^-^;A
しかし仁の顔はガッカリいうよりホッとしたような、安堵の表情。
写真に一喜一憂しながら生きていくのは、やはり相当な重荷になってたのかも。
「これで良かったんですよね…」と呟く仁の横で、「はい」と言ってくれる咲。
そして仁が手を出すだけで、サッと必要なものを渡してくれる…。
その様子を見た野風は、自分は身を引こうと決意したようでしたね。
最後の意表をついたキスと、「おさらばえ」の言葉や野風らしい凛とした潔さ。
野風のキャラは、まさに中谷さんにピッタリとハマってて、最後の最後まで期待を裏切らず楽しませてくれました。
で、町人となった野風は「手習いの塾」を始めたらしく、エンドロールの中でチラッと映っていた未来も先生になっていたみたいですね。
将来、仁と出会うことはなくなったかも知れないけど、ちゃんと生まれててホッとしましたわ。

ま、手術中は大殿様のお抱え医師・三隅が逆恨みして、お侍さんを使って妨害しようとしたり…と、ハラハラドキドキのお約束な展開もありましたが、結納を断ってまで駆けつけた咲の機転のお陰で、無事に手術も成功しましたしね。
咲は「仁友堂」にとって、仁にとっても本当になくてはならない存在になりましたわ。
“水”に例えて、目に見えずともこの世から消えてなくならない…という言葉にもちょっと感動しましたよ。
そして何といっても、龍馬さん。
内野さん演じる坂本龍馬は、本当に魅力的で素敵でした♪
これから先を話そうとした仁の言葉を遮り、「十年、百年先を知っても一歩一歩進むしかない。地を這う虫のように…」と言い、先の心配より一日一日を大切に生きる。
「また明日…」が、これほどまで奥の深い言葉だと感じたことは無かったですよ。
英語ペラペラで外国人相手に交渉中の勝海舟の後ろで、『靴』を履いて飛び跳ねてる龍馬さんも良かったですわ~。

で、額の位置を直す仁が踏み台から落ちて…って、一瞬元の世界へ戻れるのか?と思いきや、結局は何も起こらなかったんですよね。(^_^;)
原作はまだ続いてるから、しょうがないか~。
でも暫く治っていた“頭痛”が再び起こった風だったのが、また思わせぶりというか…。
TBSさんは「続編はありません!」とか仰ってるらしいですが、そこは話半分に聞いておきます(笑)

あ~、しかしドラマが終わってしまったのは寂しいですね~。
大沢たかおさん、今度いつテレビでお目にかかれるのか…。
とりあえず、首を長~くして待ってます!(^.^)
感動をありがとうございました。




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

龍馬さんの「しゅじゅちゅ」が聞けなくなるのも、ちょっと寂しい(笑)
関連記事

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

いや~終っちゃいましたね~
寂しいわ~
よくも私にもやもやを残したまま終ってくれたわね~( ̄‥ ̄)=3
TBSの方ははっきり否定したらしいけど、こんなうまい話逃すわけないですよね~
ま、龍馬さんに会えるからいいけどさ・・・
>「また明日…」が、これほどまで奥の深い言葉だと感じたことは無かったですよ。
ホントそうですよね・・
仁へむけた言葉でもあり、自分自身への決意だもあり・・
いや~ほんまもんのデカイ男でした。
>踏み台から落ちて…って、一瞬元の世界へ戻れるのか?
一緒に見てた娘と『えええええええ!!!』って叫んじゃいましたよ・・
(終ったあとにもね・・・)
最終回視聴率えらい高かったようで・・・
TBSは『ホルマリン君』ストラップ発売予定!
(うそ・・笑)
野風さん、咲さんたちと別れるのは寂しいやね~
終わりましたね~
>きこりさん
ホント、日曜日が寂しくなりますわ~。
…って、主婦は年末年始でそれどころじゃないけど(笑)

>よくも私にもやもやを残したまま終ってくれたわね~( ̄‥ ̄)=3
TBSの方ははっきり否定したらしいけど、こんなうまい話逃すわけないですよね~
そうそう!そこですよっ!
これってもしかしたら、視聴者にモヤモヤさせて、
続編の声を上げさせるための作戦か何か?(笑)
まんまとハマりそうですけど…σ(^.^)

で、やっぱり踏み台のシーンは叫びましたわ~(笑)
その後、場面が切り替わってましたしね。
どんだけ思わせぶりやねん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

(  ° ▽ ° ;) エッ ストラップの発売は嘘?
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
目が開いたり閉じたり…想像したけど、怖すぎて
無理!(笑)

野風さんも咲さんも、ホントに素晴らしい女性でしたわ。(゜-゜)(。_。) ウンウン
せめて、花魁言葉でも話すでありんす(笑)
時計みて・・・終わったんかい
『えええええええ!!!』だわ
大暴れしてやったぞ、
おかげでアナログTV1台破壊(^^;)
やっぱし
『ホルマリン君』も『包帯男』も
謎のまんまじゃん!\(`o'")
映画なんか観てやるもんか、べ~だ。
確かに・・・
>パピさん
私も最後の方は時計をチラチラ見てたかも(笑)
パピさんは大暴れですか?
可哀想なアナログTV…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
あっ!わが家のTVは健在です。

内容は良かったですけど、ドラマで久しぶりに
モヤモヤした最終回…(^_^;)
「ホルマリン君」も「包帯男」もインパクト大
だっただけに、ちょっと残念でしたね。

>映画なんか観てやるもんか、べ~だ。
私は試写会狙いで~(笑)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆中谷美紀さん(のつもり) 中谷美紀さんは、TBS系列で毎週日曜よる9時から放送されていた日曜劇場『JIN-仁-』に野風と友永未来の2役で出演しました。 一昨日は第11話(最終回)が放送されました。 ●あらすじと感想
 えーーーーーーーーっと・・・・( ̄д ̄)・・・・ このようなことが許されるのでしょか・・・? 何、アレ・・・台から落ちて、また頭痛が・・って・・・ タイムスリップの謎もホルマリン君の謎についても触れずって・・・ 続きは映画で見ろってかい?(-_-) 続編が...
ヤラれましたわ~。龍馬が消えて終わったラスト前の盛り上げ方。上手いわ~。まさか…って誰もが想像しましたよね~。だって…あんな浅瀬で、しかも激流でもあるまいし。土佐衛門ならぬ、土左衛門にならずに済んで良かったわ(笑)龍馬が生きててくれて良かったからいいや~...
TBS 日曜劇場『JIN -仁-』第11話  本当に良くできたドラマでした(過去形で語るのは誤りかな?)  で、最終回も、咲(綾瀬はるか)ちゃんなどの熱い演技にオロロ~~~でありましたよ。 【 咲ちゃん走る!! 】  野風(中谷美紀)が乳ガンの手術  見立
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク