「不毛地帯」 最終話
五号井のガス暴噴も落ち着いてホッとしたのも束の間、なかなか石油に突き当たりません。
そこで、しびれを切らして一か八かの賭けを…。
無事に出ましたやん。石油…(´▽`) ホッ
折りしも、壹岐に退陣を迫られていた大門社長は里井を呼び戻して副社長に…と一同の前で正式に発表しようとしたところで、めちゃタイミングが良すぎ(笑)
里井は、そのまま去らざるを得なくなり…。

記者会見の場で、壹岐はとにかく大門社長を持ち上げる!持ち上げる!(笑)
視聴者は事情を知ってるので、これには何か裏がありそうだ…と思いながら観ていたら、“石油”を花道に大門社長を退陣させるつもりだったようですね。
ところが、往生際の悪い大門社長。(^_^;)
仕方なく、壹岐は記者の田原に社長が綿花相場で大損した情報を流し、記事にすることで退陣を迫ることに。
しかも役職は会長ではなく、相談役。
で、壹岐が社長に?
と思いきや、自分をここまで育ててもらった大門社長のいない近畿商事なんて…と、自分もきっぱり辞めて、シベリア抑留者やその遺族のために生涯をささげた谷川さんの遺志を継ぐ決心をしていたようです。
あのどこまでも続く雪景色のエンディングは、そこに繋がってたのか~_¢(0_0ヘ) フムフム
何とも物悲しいメロディーと歌声が、やっとしっくりきた感じでしたわ。
そして次期社長は・・・次の世代「組織」だそうで~。

しかし、そんな壹岐に「まだ何か企んでいるんでしょ?」としつこく迫る鮫島。
空港まで追いかけてきて、「騙されないぞ!辞めるな!辞めんじゃねぇよ!」と叫ぶ姿に、何だかジーンときましたわ。
永遠のライバルがこんな形で去ってしまって寂しい…という感じだったですかね。
最後の方は、壹岐と比べられて奥さんに罵倒されっ放しでしたしね~(^_^;)
結局、壹岐の存在は最後まで越えられなかった大きな「壁」ということで、鮫島にとって悔いの残る最後になってしまいましたわ。

そして、最後まで引っ張った壹岐と千里の関係。
(  ° ▽ ° ;) エッ あんな形で終わり?
千里にとって、女性として一番輝く時期に壹岐に振り回された割には、そこは軽くスルー。
本人は「陶芸」を理由にしてましたけど、ただの強がりにしか聞こえませんでしたよ。(^-^;A
まぁ期待もしてませんでしたが、ちょっと可哀想…。

半年間続いた「不毛地帯」。
序盤はちょっと重いかな~?(汗)と少々引き気味だったのが、途中からはかなり面白くなってきました♪
最後の方はハラハラドキドキな展開で、結構楽しませてもらいましたわ。
そして一番ビックリしたのは、原田芳雄さんの変貌ぶり。
回想シーンでは若々しくてバリバリの社長さんだったのが、最後は見る影もなく老いぼれてしまってましたもん。
壹岐を演じた唐沢さんも、年齢の重ね方が素敵でした。
で、千里が全く老けなかったのは、ミラクル?(笑)




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



冬ドラマランキング投票、やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : 不毛地帯
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

◆原田芳雄さん(のつもり) 原田芳雄さんは、フジテレビ系列で毎週木曜よる10時から放送されていたフジテレビ開局50周年記念ドラマ『不毛地帯』に大門一三 役で出演しました。 一昨日は第19話(最終回)が放送されました。 ●あらすじと感想
ドラマ「不毛地帯」を見ました。 フジにて、木曜9時にやってました 2クールという期間での大作ドラマ 企業競争が題材ということで、内容的にはあまり惹かれなかったのですが 結果は・・・素晴らしかった 原作の良さもあるのだろうが、ストーリーにグイグイと引き込ま
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク