FC2ブログ
「Mother」 第7話
あ~、今回も泣いたりクスッとさせてもらったり、ハラハラドキドキな展開も相変わらずで、あっという間の1時間でしたわ。(〃´o`)=3 ハァー

とりあえず、仁美の真意を聞き出そうと泊めることにした藤吉。
しかし彼女の憔悴しきった様子はすぐに消え、「欲しい人が居るならあげてもいいかなって…」と言い出したかと思えば、「沖縄で一からやり直したい…」とか、何かあっけらかんとしてる。
パンも美味しそうに平らげてましたしね~(^_^;)
自分のことは棚に上げて、でも言葉の端々に娘を思う気持ちがチラチラと見え隠れしてるところも気になるんですよ。
いや、娘を思う気持ち…というよりは、実の母親としてのプライドみたいな感じもしないでもなく。
ところが藤吉の部屋で奈緒と娘の怜南が仲良く手を繋ぐ写真を見た途端、それが嫉妬へと変化したようでしたわ。
写真の背景に写っていた文字で小学校を探し出し、とうとう娘・怜南の居所が分かった…。

一方、葉菜の家で世話になることになった奈緒と継美。
奈緒は仕方なくという感じでしたけど、うっかりさんが大好きな継美は本当に嬉しそうでした。
一人暮らしの寂しかった部屋が、一転して賑やかな食卓に…。
この幸せを一秒たりとも無駄にしたくない…そんな葉菜の気持ちが手に取るように伝わりましたわ。
食事中のしりとりになかなか参加しない奈緒を尻目に、楽しそうな葉菜と継美の様子。
しかし葉菜の渋い言葉のチョイスに、思わず笑ってしまう奈緒。
継美は相変わらずの鋭い観察力でうっかりさんの誕生日を知り、布団をプレゼントしたいと言う。
3人で出かけた遊園地で、継美から手作りのペンダントを渡され、観覧車に乗り…そんな小さな幸せを噛み締めるように楽しんでいる葉菜が印象的でした。

そんな中、お店から誰かに電話を掛けている様子の葉菜。
「はい、死亡届は出されてます…」
この台詞では???の嵐だったのですが、後にこれが違法に「戸籍」を取得するために問い合わせていたと分かりました。
怪しげな雑居ビルの一室で、これまた怪しげな合言葉。
チラッと見えた男の腕には、趣味の悪そ~うな金色の腕時計がキラリ…。(^_^;)
葉菜は主治医の柚川に、生命保険について上手く取り計らってもらえるよう頼んでましたけど、これでお金を払うつもりなんでしょうかね。(^-^;A

そして、葉菜が奈緒を捨てた理由…。
やっぱり刑務所にいたようですね。
刑期は15年で、実際は13年で出所ということは、やはり殺人でしょうか。
それが“誰か”は明らかにはされなかったけど、何となく想像は出来るような…。
「葉菜と近づきたい」と思い始めていた奈緒は、この事実を受け止めることが出来たんでしょうか。
守ることと、逃げることは違う…。
この言葉の意味をあらためて考えてみる。
でもこれ以上の罪を重ねることの選択は、果たしてどんな結果をもたらすのか…。

と、迷っているところに、まさかの仁美の行動でしたわ~。(^▽^;)アハハ
店に現れた仁美が、まるでけん制するような遠回しの言葉の端々で全てを悟った葉菜は誤魔化そうとするも、二階へ上がろうとしてますやん。
そこへ誰かが仁美の手を掴み…って、それは帰ってきた奈緒でした。
仁美に突き飛ばされた葉菜の傍に凶器になりそうな物が置いてあったので、別の意味でハラハラしましたけども。(^-^;A
仁美の声を聞いて、固まる継美。
う~、またまた一週間が長い~。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

平行して、仁美が話していた木更津へと向かった藤吉。
小さい頃の継美(怜南)を知るおばさんは、当時の仁美がどれだけ大切に育てていたかを語ってました。
今の彼女からは想像できないんですけど、こうなってしまったのには何か訳がありそうな…。
まだ物語の着地点が全く見えないだけに、このエピがどんな風に繋がっていくのか気になりますわ。



ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


ところで・・・
籐子はまだ養子の離縁届を出していなかったみたいですね。
これを知ったとき、もう秒殺で号泣でした(笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

ドキドキハラハラウルウル
あっちゅう間の一時間ですよね~。
しかも今回のラストは手に汗握る展開で、ドキドキした~。

>この台詞では???の嵐だったのですが、後にこれが違法に
>「戸籍」を取得するために問い合わせていたと分かりました。
そうそう、意味不明でドキドキ。
こういう知り合いが居るのも助かりますな。
それでも世の中銭やね~(^_^;)\('_') ォィォィ...
「栃木の」って聞いてもピンと来ませんでしたわ。
関東周辺の人は女子刑務所ってピンと来たんですかね。
でもこういう謎が解けて行くのがスッキリする~。

葉菜の告白のタイミングがいいですよね。
奈緒との距離の縮まり方も上手い。
もっと早くに聞いてたりしたら、「実母は殺人犯!」って
一生避けて生きてたかも?
我が身で経験しないと分からないってありますもんね。
殺人や誘拐ってのはちょっとやそっとでは経験できないことだけど。

藤吉、(とうきちじゃないよ。。。分かっとるわ)
いい仕事します♪
果歩の彼氏は必要なのか?(笑)
上手い言い回し、「殺人犯」だとは語らないし、誰をとも言わない。
少なくとも今まで知らずに生きてこられたのはやさしさか(>_<)

豊臣秀吉が、まだ木下藤吉郎だった頃、
琵琶湖の南に「金目教」という怪しい宗教が流行っていた。
それを信じないものは恐ろしい祟りに見まわれると言う、
藤吉郎は金目教の秘密を探るため、
飛騨の国から仮面の忍者を呼んだ、その名は・・・

脱線しました_(._.)_
こんばんは~♪
>manaさん
(゜-゜)(。_。) ウンウン
まさに「ドキドキハラハラウルウル」。
最後の手に汗握る展開は、心臓に悪かった。(^-^;A

お金で何でも出来る世の中…。
ををー!栃木は女子刑務所ですか。_¢(0_0ヘ) フムフム

>葉菜の告白のタイミングがいいですよね。
奈緒との距離の縮まり方も上手い。
そうそう!確かに、早過ぎても遅過ぎてもダメ。
こんなことが無ければ、奈緒は一生葉菜を避け続けてしまってたかも知れませんもんね。

>我が身で経験しないと分からないってありますもんね。
それも、ホント近頃は身に沁みて感じます。
あっ!しかし誘拐でも殺人でもありません(笑)

藤吉がこんなに活躍するとは…。
彼の取材が公に出る…ということは、事件が明るみになってしまった結果という意味もあって、ちょっとハラハラしますよね。
果歩の彼氏…全く役に立ってません(笑)




>パピさん
>上手い言い回し、「殺人犯」だとは語らないし、誰をとも言わない。
少なくとも今まで知らずに生きてこられたのはやさしさか(>_<)
葉菜はふんわりとした優しいキャラに見えて、実は芯はしっかり自分の信念を持っているようですもんね。
心折れずに生きてこられたのは、奈緒の存在も大きかったかも。
“いつか”の為に毎月お金を積み立てていたのも、心の支えになっていたかも知れません。

ε=ε=(*~▽~)キャー 仮面の忍者・赤影ですやん♪
懐かしい~♪
再放送を散々観倒しました!(笑)σ(^_^)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「怜南~、怜南~、ママよ~、会いに来たよ!」このラストシーンにドキドキでしたよ!「怜南をあげてもいいわよ」と、沖縄で一からやり直そうと考える仁美は、やっぱり自分が可愛いかったのか。。。ところが、駿輔の部屋で見つけた写真を見て心変わりする仁美。奈緒と仲良く
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク