FC2ブログ
「Mother」 第8話
「仁美ちゃんは何たって、頑張り屋さんだもの…」という木更津のおばさんの言葉。
(゜-゜)ウーン 何か半信半疑やな~と思ってたら、今回は物語をさかのぼって、仁美と怜南の過去をたっぷり…。

生まれて数ヶ月の怜南をあやしながら、たまたま流れていた子ども虐待のニュースを観て、「子どもにこんなことをするなんて、人間じゃない…」と言っていた仁美。
その横には優しそうな夫の姿がありましたが、2年後の仏壇には彼の遺影が…。
でもその後のシーンを見るに、夫らしき男性は生きてましたよね?
しかも仲の良さそうな家族の姿が…ってことは、離婚したのか?それとも元々不倫関係だったのか?
相変わらず、ドラマは視聴者に想像させるような手法なので、そこんところはハッキリ分からず。(^_^;)
しかし母子家庭でも人並み以上に…と、仁美が怜南を一生懸命育てていたのは十分伝わりましたよ。
ところが、おばさんが木更津へ引っ越してしまった辺りから、その“決意”がガラガラと崩れ始めてしまったようですね。
まずは働き続けるための保育園探しの苦労に始まり、子どもがいるから…という理由で友達と遊びに行けない。
とにかく子ども中心の生活が仁美をどんどん追い詰め、反抗期になった娘を持て余す…。
そんな時、他のママから「しつけ」の為にと教えてもらった、「デコピン」。
初めての「デコピン」は心が痛んだ。
その後はまるで罪悪感を埋めるかのように、愛情たっぷりに怜南をぎゅぅーっと抱きしめる。
そんな日々を送っている頃、ふらっと入ったお店で綾野と知り合う。
娘よりも、彼と過ごしている時間が唯一の心の拠り所となってしまった自分にまだ罪悪感はあったものの、誘われた旅行には怜南を連れていけない…。
自分のいない間に、どうやら綾野が怜南を虐待しているようだ…と気づいても、強く言えない。
こうして葛藤し続ける毎日を送るうちに、罪悪感も段々と薄れてしまったのですかね~(^_^;)
怜南の「好きなものノート」は、この頃から?

怜南を女手一つで一生懸命育てながらも、仁美の葛藤に苦しむ姿を散々見せつけられた後だったので、怜南が「母親を捨てる」という選択をした瞬間、何とも言えない気持になってしまいました。
しかし奈緒が言ったように、怜南はあのままゴミ袋に入れられて放っておかれたら、確実に死んでいた訳で…。
といっても、奈緒も子育てで一番大変な時期を実際には経験が無い訳なので、仁美にしたらあんな風に言われて「だから何?」って気持ちだったかも知れないですね。
で、結局娘からの決別宣言にはショックが大きかったらしく、藤吉にお金を借りて室蘭へと帰って行ったようです。

しかし今回は何といっても、田中裕子さんの嗚咽を彷彿させた芦田愛菜ちゃんの泣きの演技。
「もう笑わなくていいんだよ…」の奈緒の言葉に、7歳の女の子のが一人で一生懸命頑張ってきたことが凝縮されていて、その緊張の糸がプツンと切れた瞬間。(ノ_<。)うっ
仁美が勢いで、歩道橋から飛び降り自殺をしようとした時の、母をぎゅっと掴んだシーンも印象的でしたが、あれはちょっと子役ちゃんの“域”を超えてましたよ。

仁美も室蘭へ帰ったし、暫くは平穏な日々を送れるのか…と思いきや、警察に虐待を疑われた仁美が「怜南は生きてます!誘拐されたんです!」と言ってしまってました。(^_^;)
「本当のお母さんの温もりの中で育つことが、あの子の幸せなら、私はあの子をお返しします…」
と、その時は自分は進んで罰を受ける…と覚悟していた奈緒ですが、今の状態では何の解決にもならないですよね。
やっぱり仁美は自分が一番可愛いのか…。
予告では3人が伊豆へ行くようなことを言ってたので、たぶん「戸籍」関係の話になると思いますが、このまますんなりとはいかないかな~(^-^;A
CMの予告で観た、奈緒の「継美~!」の絶叫も気になるぅ~。





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


仁美はまたコンビニの制服を着たまま、室蘭へ帰った?
電車?飛行機?
どっちにしても、他の乗客の皆さんは不思議に思ったでしょうね。(^▽^;)アハハ



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



関連記事

テーマ : Mother
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

おはようございます♪

1時間のうち殆どが回想シーンというのも珍しいですよね。
でも疑問が沢山解決されたようにも思います。
新たな疑問も生みましたが。。。
このドラマって「父」とか「旦那さん」が特別薄いですよね
登場人物の割合が大奥だわ(笑)

れなちゃんはちょっと普通じゃないくらい演技が凄い!
まだ5歳なんですよねえ。。。将来が楽しみ!
「あらぁーおおきくなって♪」と微笑んで見てしまいそう。
まるで近所のおばちゃん!?(゜○゜;
ネタが尽きないドラマだわ
>離婚したのか?それとも元々○○関係だったのか?
そこなんですよね~。
私はレストランから出て来たそっくりさんは幻だと思っちゃった。
仏壇を見せられちゃぁねぇ。ややこしいわ!
もう出て来ないのかしら?
しかし、強い女に対して、ろくでもない男ばかり。。。
とうきちには期待してるけど(笑)

>他のママから「しつけ」の為にと教えてもらった、「デコピン」。
これもどうかと思いましたよー。
何?あの奥様。
ネチネチと我が子にデコピンして憂さ晴らしでもしてんの?

怜奈は母親の元へ行くことを選ぶと思ったんですけど、
強い姿勢を見せてましたね~。
そりゃ7歳ですもん。どっちのが楽しいかは分かる。チガウカ

>芦田愛菜ちゃんの泣きの演技。
これには私もプツン。・゚・(*ノД`*)・゚・。
『座頭市』での加藤清史郎君を思い出し…
彼は完全に負けてます。
愛菜ちゃんはもう普通に「子役」って呼べないですね。
今からもう次回作とか気になります!

>CMの予告で観た、奈緒の「継美~!」の絶叫も気になるぅ~。
そうそう、死んじゃうの?
それはやめて~。
>ももさん
こんばんは~♪(^_^)

>1時間のうち殆どが回想シーンというのも珍しいですよね。
そうそう、今回は殆どが仁美の回想シーンでしたもんね。
でも彼女がどんどん追い込まれて、虐待へと暴走してしまう過程が丁寧に描かれていて、納得…とまではいかないけど、少しは理解した気がします。

>このドラマって「父」とか「旦那さん」が特別薄いですよね
>登場人物の割合が大奥だわ(笑)
「大奥」…ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
そういえば鈴原家も望月家も、そして道木家も、み~んなお父さんが不在。
今までもちょっと疑問に思ってたんですけど、あらためて考えると余計に気になりますわ(笑)

>「あらぁーおおきくなって♪」と微笑んで見てしまいそう。
>まるで近所のおばちゃん!?(゜○゜;
私も今まで、子役ちゃんを何人見届けてきたことか(笑)
おばちゃんもビックリ!ですよ~(’-’*) フフ
尽きません~(笑)
>manaさん
>仏壇を見せられちゃぁねぇ。ややこしいわ!
仁美の中では「死んだ人…」ということなんでしょうかね。
怜南に説明しやすいというか。(^^ゞ

>しかし、強い女に対して、ろくでもない男ばかり。。。
>とうきちには期待してるけど(笑)
次回は室蘭へも行ってくれるみたいだし、「とうきち」はきっちり仕事してくれそうですね。
山本さんが“イイ奴キャラ”でホッとしました♪(^.^)

>何?あの奥様。
>ネチネチと我が子にデコピンして憂さ晴らしでもしてんの?
ねぇ~。上品そうな奥さんだったのに…(^_^;)

>怜奈は母親の元へ行くことを選ぶと思ったんですけど、
>強い姿勢を見せてましたね~。
(゜-゜)(。_。) ウンウン あれは意外な選択でした。
母親を捨てるほど相当辛い目に遭ったか、それとも今の生活の方が楽しかったのか(笑)

>愛菜ちゃんはもう普通に「子役」って呼べないですね。
w(°o°)w おおっ!! 清史郎君も超えましたかっ!
確かに愛菜ちゃんの“泣き”は、将来の演技派女優を約束されたような感じでしたわ。

>そうそう、死んじゃうの?
>それはやめて~。
(  ° ▽ ° ;) エッ まさかのそんな展開?
それだけはやめて~(^-^;A


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今回は、仁美の過去を細かく見せて来ましたね~。やはり鬼母にも理由はあった。。。〈脚本 坂元祐二〉のテロップが流れ、ハッと時計を見たほど集中してたのか、気づけば1時間があっと言う間に過ぎてました。この坂元さん、今期は『チェイス』も書かれてたんですが、最終回の
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク