FC2ブログ
「無理な恋愛」 第6話
前回、祥子から聞かされて、正午の自分に対する恋心を知って戸惑うかえで。
誤解からとはいえ、仕事のチャンスを与えてくれた好意にまで悪態をついてしまった…ということで、このままフェードアウトしそうな勢いでしたが、かえでの母・秀子(高畑淳子さん)の登場で一変しましたね~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
GS時代のチャッピーの大ファンだったという設定が、ここでやっと生きてくる訳ですな(笑)
しかも正午の元妻・光代とは、その頃の「絶叫仲間」(笑)だったということまで判り、彼女が正午を射止めたきっかけが“失神”だったという前ふりがあったお陰で、その後のシーンも2度美味しかったですわ。ε=ε=(*~▽~)キャー(笑)

「チャッピーに会わせて!」と強引に上京してきた秀子に頼まれ、バツが悪いながらも渋々正午に連絡を取るかえで。
正午も祥子から「かえでには、全くその気は無さそうだ…」と知らされていただけに、これはちょっとビックリ!したようですが、秀子がその理由だったということで納得。(^^ゞ
ということで、秀子のためにステージを用意してかつてのヒット曲を熱唱する正午でしたが、途中から泣いてるんですもん。
かえではもちろん、正午の気持ちはさすがに龍彦にも気づかれてしまいました。
その横で、絶叫しながら失神している秀子が良かった~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

かえでから全てを聞かされた龍彦は、ここで自分のことだけを考えるんじゃなくて、おっちゃんのために…と正午の部屋に戻ったのも彼らしかったですよね。
といっても、正午にとっては龍彦=かえでを思い出してしまって辛いってことで、彼女の元へと追い返したようですが…。(^^ゞ

そして前回から続いていた、正午の娘・朝子のオーディション話。
彼女には離婚して今は圭介が父親だとは思っていたものの、オーディションを受けて本当の父親・正午にも一目会いたい…という気持ちもあったかも知れないですね。
じゃないと、チャッピーのヒット曲「サイケなハート」は歌わないでしょう。
キーが全く合ってませんし…(笑)
さすが正午の娘だけに、歌が上手い!みたいな設定になってましたけど、ちょっと音痴っぽく聞こえてしまってましたよ~。(^_^;)
で、正午の前で歌おうとした朝子でしたが、気持ちがいっぱいいっぱいになってしまったらしく、まともに歌えなかったようですね。
そんな朝子に「歌手はどんな時でも歌えないとダメだ。他の道を探しなさい…」と助言していました。

その前のシーンで、オーディションでどうすればいいか?と悩んでいた正午に、光代から「朝子はもうあなたの娘じゃない」と言われていたし、朝子が今の両親とともに帰る後姿を見ながら、かえでと朝子、両方を失ったような気持ちになってたのかも。(・_・、)
そんな正午に、かえでが目の前に?
思わせぶりな終わり方に少々ドキドキしますが、律子の言うとおり「イイ人」=結婚できるかといえば、そうじゃないっての辛いところですわね。

ところで今回の再現ドラマネタは夏川さんが「おばちゃん」で、砂羽さんが「若いOLに、勘違いして結婚を迫る老人」?
うわ~、一瞬堺さんに見えましたってば(笑)
ていうか、わざと似せてメイクしてたんでしょうけどね。(^^ゞ





最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます~。よろしくお願いします♪(^_^)
関連記事

テーマ : 無理な恋愛
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

かえでと龍彦が再会した事もちょ、ちょっと。なのに、そこに正午も加わって、ちょ、ちょ、ちょ、ちょっとおおおお~!でしたね^^
でもそんなギクシャクしていたかえでと正午の関係を上手くかえでの母に強引に引き合わせられた筋書きは脚本の上手さを感じました。

私は、正午のかえでに対する気持ちを、かえでが(また何で喋るんだろう・・)龍彦に話した時に、なんで龍彦ってば正午のところにいっちゃうかな~と、私には悪いイメージの素の徳井のまんまやん。(ホント、女の気持ちもわからんし、正午のライバルなのも気づかず、どうして「なぐさめる」気持ちになるかな~・・・まったく、KYじゃっ!)って呆れ返ってしまいましたね。
もともと鈍感な男の役なのでしょうかね(笑)

で、今までならかえでのつれあいなので部屋においていたんだけど、やっぱり今回は正午のプライドもあるし、龍彦を追い出すのは、あたりまえです。・・・ここでまた、かえでの所に行ったら、本当のアホでしたけど(笑)

そして朝子は本当は会いたかった正午に会えて、正午の歌を歌って、家族の幸せよりもアーティストとしての元父親に将来の事を意見してもらった事でもやもやしたものがふっきれた様だし・・。

そして、もう2度と会えないと思っていた、かえでが「なんだか寂しそうですね」なんて声をかけてくれたら、私だってドキドキしちゃった終わり方でした。
この恋はいったいどうなる・・・の?
かえでの母の登場で・・・
>茶夢さん
またグッと面白くなりましたよね~♪
高畑さんの「黄色い声」が、これまたイイ具合に~(笑)

正午のところに戻った龍彦に、結構ブーイングの皆さんのようですが、私は正午を一人寂しい思いをさせたくない…という龍彦の気持ちも解るような気がするんですよ。
何か一緒にいてくれるだけでいい…ってこともありますしね。
ま、今回は恋のライバルってことで、さすがに追い返されちゃいましたけども(笑)(^^ゞ
そこがKY…(≧∇≦)ノ彡バンバン!

朝子のエピも良かった。
かえでと朝子、一度に失った…というところで、かえでの登場ですもんね。
しかも「なんか寂しそうですね」は、グッときますよ~"o(*´∇`*)o"ドキドキ
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク