FC2ブログ
「Q10」 第4話
今回も何度涙がちょちょ切れたことか…(ノ_<。)うっ
特に校長先生のカレーから繋がる、過去のあんぱん話はアカン!
離婚の危機にある藤丘の両親は殆ど家にも帰って来ない状態のようですが、まずは家を片付けて、グラスをピッカピカに磨いて、汚れた服は洗濯してきちんとたたんで、笑顔で「おかえりなさい」、そして温かい食べ物を出す…と校長先生。
それって普通のことのように思えるけど、とりあえずやれることからやる。
実はそれが一番大事…か。
そういえば、夏頃に飼ってる金魚が病気でかなり弱ってて、どんな方法でもなかなか元気にならなくて、とりあえずやれることはやってあげよう…って、毎日のように水に取り替えてあげていたら、少しずつ元気を取り戻して今はお陰さまで元気いっぱい♪
ま、「やれること」の次元は全く違いますけどね(笑)
それだけ頑張ったという意味で…(^_^;)
また、その校長先生の話が伏線になって、最後の方で『永遠』は無い…と月子に言われて、キュートのもとへと走り出した平太のシーン。
「“物質”は宇宙の4%」の話は本当なのかよく分かりませんが、彼女をロボットとしてじゃなく“心から大切なもの”として思わず抱きしめた平太の姿にも泣けた。
その前の、キュートの涙を止めるためのただの「設定」なのに、必死で頑張ったけど照れくさくてダメだった…っていうエピも効いてます。

冒頭シーンの『次』の執拗な攻撃は、一体何を意味するのか??と思いながら観てたら、高3の平太にとってはそれが進路だったんですね。
確かに今日中に…なんて言われても、これからの人生をそんな簡単に決められるもんじゃない。
しかしロボットのキュートでさえ、「努力する」という目標を立てていて、益々焦る平太。
最後まで残っていた影山は恵美子に合わせたレベルの高い大学を第一志望へ、そんなの決められない…と一旦帰った民子は、その後久保君の入院先の病院で一生懸命働くナースの皆さんの姿を見て、ロックを目指す覚悟が出来た様子。
それを聞かされた小川先生が頭を抱えながらも、音楽関係に携わる知り合いの友人に連絡を取ろうとしてくれた姿にも感動しましたもん。
ここにきて小川先生の存在も、なかなかイイ感じ。
「人はなれるものになるんじゃなくて、なりたいものになる…」(by中尾)
拷問されても変えない(なぜに拷問?笑)という中尾の言葉に心揺さぶられ、それをサラッと民子にアドバイス。
中原中也さんの詩の流れ(国語教師の本領発揮♪)から、栗子先生ともずくの炭酸割りを飲みながら…のシーンは、結構二人の仲が進展したと思ってたのに、結局「ゴムの木」に負けちゃうなんてね~(^_^;)
といってもその後、実は「小川先生じゃないと…」と栗子先生に気づかせるところは流石。

それにしても…
またしてもキュートの“努力”がツボですわ(笑)
時代劇も大笑いだったけど、今回は落語。
べらんめえ口調のキュートから「若旦那」と呼ばれても普通の平太とか、「お天道様と米粒」の話とか。
その「お天道様」も月子の言葉に繋がってましたもんね~。
落語にちなんだそっくりの場所で、平太が心を入れ替えた…というくだりも良かったわ。
そしていつも大人なイメージだった久保君が、ちょっと羽目を外しそうになったものの、民子の言葉で軌道修正。
「あんなに一生懸命の人のたちの前で、“どうせ”って言える?裏切ったり出来る?」
“どうせ”という言葉は、野暮ってぇーもんですぜ(笑)





勇気を出して、ポチッと押してみて~!(笑)
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



相変わらず、中尾君はイイ仕事してますね~。
「涙を流すロボット」も、君なら作れる!

そしてパパさんが働くことになった「愛獣」は、普通のスナックでした(笑)

そういえば、小川先生の家で月子がキュートのプラグに何か細工してた模様。
何のために??
そっちの方が心配だぁ~!(^_^;)





最新ドラマ情報・レビューはこちらから
秋ドラマランキング投票始めました!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



関連記事

テーマ : Q10(キュート)
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

今回もずっしりとくる内容でしたなぁ~
いつものそれぞれのみなさんが、自分なりの『次』を見つけていくとこがきれいに繋がっていて・・・
そうそう、最初の戦争のシーンは何じゃろ?って思いながら見てたけど、やっぱりうまいですよね。
ああいう劇中劇みたいの好き~
それとやっぱり校長と藤丘の会話がね~
じ~んときたよ。
こんなふうに力強く優しく導いてくれる大人がいれば、子供は貧しくたって何だって、しっかり生きていけるんだよね~
って、りんりんさん、その後、金魚さんはどうでしょう・・?今は元気なのね?
毎日水変えるの大変だったでしょ?
うちも夜店で買った金魚5年ぐらい飼ってて鯉ぐらい巨大化してたよ。で、水槽の水換えは毎回、夫と押し付けあってたさ・・
>そしてパパさんが働くことになった「愛獣」は、普通のスナックでした(笑)
そうそう、ナニコレ?純喫茶?スナック?どういうジャンルなのかわからないけど、昭和っぽかったわ~(笑

こんばんは~♪
>きこりさん
>いつものそれぞれのみなさんが、自分なりの『次』を見つけていくとこがきれいに繋がっていて・・・
>そうそう、最初の戦争のシーンは何じゃろ?って思いながら見てたけど、やっぱりうまいですよね。
最初は平太たちが何で「次」にやられてるのか全く分からなかったけど、ドラマが進むに連れてなるほど~でしたわ。
知恵の輪が、きれいに外れたぐらいの嬉しさ(浅い:笑)

>こんなふうに力強く優しく導いてくれる大人がいれば、子供は貧しくたって何だって、しっかり生きていけるんだよね~
そうそう…。
校長先生の言葉もじわ~っと心に染みましたし、それはお母さんがいつもやってること…と藤丘が気づいたのも良かった。
で、校長先生はどうやって家に入れたか?みたいなことは…
\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)

>って、りんりんさん、その後、金魚さんはどうでしょう・・?今は元気なのね?
>うちも夜店で買った金魚5年ぐらい飼ってて鯉ぐらい巨大化してたよ。で、水槽の水換えは毎回、夫と押し付けあってたさ・・
お陰さまで、今は元気してますよ~(^.^)
ウチも夜店の金魚すくいから7年目で、もうすっかり立派な鯉です!!
家に遊びに来た人は、巨大金魚を見て必ずツッコミを入れてくれるので、話題に事欠きません(笑)
きこりさんちは、旦那さんも水換えを手伝ってくれてたんですね(羨)
わが家はなぜか、私の仕事になってますわ。(^_^;)

>そうそう、ナニコレ?純喫茶?スナック?どういうジャンルなのかわからないけど、昭和っぽかったわ~(笑
「焼きうどん」ってところが、昭和の心をくすぐりますよね。
今思えば、赤いカーテンとか内装も確かに昭和…(笑)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 『進路希望調査』が配られ、平太達3年生は『次』に進む決断を迫られております。Q10(前田敦子)ですら、第一希望に『努力する』と書き込んでおり、実行すべく落語のテープを聞きながら、喋り方の勉強をしている姿を見て、あせる平太(佐藤健)・・・『Q10にも、目標
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク