FC2ブログ
「美しい隣人」 第7話
お隣の沙希さんが「エリコ」だと知った慎二は、もう心ここに有らず状態(笑)(^_^;)
今の状況を受け入れることがなかなか出来なくて、頭の中はグルグルと高速回転してそうな雰囲気でした。
しかし絵里子はそんな挙動不審な夫の様子を知る由も無く、姑と沙希の仲睦まじい会話が気になって気になって~。
とうとう慎二は居たたまれなくなり、止めたはずの煙草を理由にその場から逃げ出したものの、追ってきた絵里子にもしどろもどろ…。(^▽^;)アハハ
この時もまさか沙希が原因だとは思いもしない訳で、舅と姑を車で送って行ってしまうのでした。

そしてこんなチャンスを沙希が逃さない訳がありません!(笑)
すかさず電話が掛かり、今からそっちへ行く…と言う彼女を制止して、慌ててお隣のマイヤー家へ向かった慎二ですが、すっかり沙希の“ワナ”にかかってます。(^_^;)
最初から仕組んだことと言っておきながら、たまたま隣に引越して来たとアピールしつつ、どこを切っても幸せが溢れている絵里子になりたかった…と、都合の良いように正当化しとります(笑)
てっきり、全部種明かしをすると思ってたけど、そうじゃなかったみたいですね。
沙希の計画に気づいた雅彦から「もしも、あの人を恨んでいるなら…」と言われてしまった時に、「だったらお隣の子を殺してるじゃない!」とピシャリと返してたところを想像するに、本当は駿君を殺すつもりだったけど、子どもと接するうちに段々と情がわいてきて、隼人君が生き返ったかのように錯覚してるんじゃ?とも思えてきましたわ。
途中から、自分が「絵里子」になりきろうと計画変更か?
だから姑に取り入ったり、駿君の気を惹こうと必死になってた…ということなら、頷けます。
このところの沙希を見ていると、絵里子への「復讐」も度を通り越してるような気がしますもん。
いやいや、それがドSな沙希ちゃんなら、別に普通のことなのかも知れませんが(笑)

一方、浮気を問い質しても完全否定&逃げ腰の慎二でしたが、絵里子からピンクの“クシ”の話を持ち出されて、とうとう認めてしまいましたやん~(^▽^;)アハハ
余計感じ悪っ!(笑)
最近の出来事でボロ雑巾となっている絵里子に、追い討ちをかけるような浮気話…。
家事も何も手につかなく、心身喪失状態の絵里子が家で横になっているところに現れました!
ドSの沙希ちゃん(笑)

慎二の浮気相手は自分だと衝撃の告白をしたかと思うと、トドメは「わざわざ言いに来た理由が分かった。その顔を見たかったからだわ!」と不敵な笑みを残して帰って行きました。
ε=ε=(*~▽~)キャー
もう沙希のドSっぷりには、脱帽です!(笑)
離婚を迫る雅彦には、慰謝料のつもりでかき集めて持って来た180万円を巻き上げるだけで、離婚は保留。
絵里子に全てをバラすと脅されても、ビクともしません。
それどころか、逆に雅彦の方が言い負かされてますやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
予告では沙希が矢野家に入り込んでたようですし、一体ドラマがどんな終わり方になるのか、全く想像できませんわ。ワクワク ((o('∇'o)(o'∇')o)) ワクワク(笑)




ランキングに参加中です。ぽちっ!とね。
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


季節の設定が真夏から秋になってきたようで、やっと違和感無く観られます(笑)



最新ドラマ情報・レビューはこちらから~
冬ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに一票どうぞ~♪→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


関連記事

テーマ : 美しい隣人
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 由紀恵お姉様、輝いてますわっ! 沙希の一挙手一投足から目が離せない。 新しい由紀恵様誕生と言いきっていいですよね?  高知の兄貴に先手を取られるなんて我慢できない。 ち ...
いつしか、何の罪(意識)もない絵里子よりも、復讐心を燃やす沙希の方を応援してることに気づいた序盤。第三者で見てると、女の気持ちがよ~く分かって…コワッ色んなタイプを取り揃えてくれてます。今回はとうとう沙希の本性を見せつけられてスッキリするのと、沙希が絵...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク