「JIN-仁-完結編」 第7話
あっという間に7話ですか…。寂しすぎる~(^_^;)
…と、数週間後の未来への感傷に浸る前に(笑)

野風からの手紙は、ルロンさんとの結婚を告げる内容でした。
当時、外国人との結婚は幕府のお許しがないと出来なかったそうですが、無事に了承されたとのこと。
招待された仁と咲は横浜へと向かった訳ですが、会食シーンでは完全に咲の気持ちに感情移入してしまいましたわ(笑)
何でもお見通しの野風の言動に嫉妬したり(笑)、言いたくても言えない恋心にモヤモヤしたり…。
でも仁先生を振ったのは咲なんですよね~(’-’*) フフ
無理した勢いでシャンパンやら赤ワインをがぶ飲みした咲は、大トラ状態で眠りの途につくのでした(笑)

そして野風は診て欲しい患者がいる…と、仁先生を奥の部屋へ案内。
彼女がはらりと着物を脱いだ時はドキドキしましたが(笑)、実は乳癌の再発はリンパ節へも転移していて、空咳から察するにたぶん肺にまで…。
お腹の中に子どもを宿していると告白した野風が子どもに癌が転移しないか心配し、仁先生から転移性の乳癌の生存率は2年で5割と言われて泣いていたけど、それは「2年も生きられる…」という嬉し涙の意味だったようですね。
生まれた子どもを抱けて、笑顔が見れて、声も聞けて、手を繋いで歩ける…。
そんな当たり前の日常を少しでも長く送れるように願いたいところですが、出産は母体に大きなリスクが伴うらしい。
それでも命を繋げたい…というのは、この子の子孫が仁と将来結ばれるであろうということをたぶん分かっているから。
野風の固い決意を無駄にしないためにも、何とか無事に出産させてあげたいと言う咲。
でも今の麻酔の技術だと「帝王切開」はかなり難しく、救えなかったお初ちゃんのことが頭を過ぎる仁先生。
さてさて、野風にも歴史の修正力が働いてしまうんでしょうかね~(泣)
予告でチラッと映ってましたが、何とか跳ね飛ばして欲しいものです。

同じ頃、長崎にいる龍馬から写真と共に送られてきた手紙。
その写真の裏には暗号のような文章が書かれてあったのですが、“長芋”が「長州」と「薩摩(芋)」には座布団1枚!(笑)
しかしその後の“すくう”が「巣食う」ではなく「救う」だったとは~。
戦をしないで、日本を立て直す術がないかと、知恵を絞っている最中らしい。
しかしその手紙の本当の意味を理解する前に恭太郎が盗み出し、上に報告してましたやん。(^_^;)
ありゃ、完全に誤解されますな。
何やら、嫌~な予感。(・_・、)

勝先生に相談した仁は、近いうちに大政奉還が迫っているだろうと聞かされます。
慶応3年は西暦でいうと…1867年。
仁は「坂本龍馬と同じ…」って未来が言ってた夢を見てたようですが、この夢の意味を後に知ることが出来るんでしょうかね。
私、知りませんでした。(^-^;A
歴史の疎さはたぶん仁先生並み、いやそれ以下です(笑)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ



あの時見た大怪我の男は、たぶん自分。
そして時々起こる激しい頭痛は、胎児の形をした腫瘍…。
仁の謎解きパズルのピースが、一つ一つ埋まってきた?




春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

雨ですね~
梅雨だもん(笑)

咲って…
無理してるのか、聡明で大人なのか分からないですね。
大トラ状態はホタルだったし(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
あれはグレープジュースか?

野風の子って…
ハーフでしょ?
未来(みき)ってフランス人の血が入ってるってこと?
自分にもどっかでそんな血が入ってたとしても、
お婆のお婆まで遡ったんじゃ~分かりませぬなぁ。
と、ふと思う。

1867年。。。いっぱむなしいってねぇ。
翌年だったらどんな言葉を当てはめてみたんだろう?
と、ふと感じ。
いっぱむやむや?

しかし現代の病室での、ご臨終の場で未来(みき)の台詞も有りえん。
と、思うでしょーがー。
「坂本龍馬と同じ…」って何?命日を?
どんだけファンだ(笑)
梅雨やもん(笑)
>manaさん
> 咲って…
> 無理してるのか、聡明で大人なのか分からないですね。
> 大トラ状態はホタルだったし(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
> あれはグレープジュースか?
ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
あの酔いっぷりは、本物かと見間違えてしまうほどでした(笑)
何気に綾瀬さんって、ホタルのときも思ったけど、酔っ払いシーンが上手いですね。
いや、あれも実は本物だったのか?(笑)

> 野風の子って…
> ハーフでしょ?
> 未来(みき)ってフランス人の血が入ってるってこと?
> 自分にもどっかでそんな血が入ってたとしても、
> お婆のお婆まで遡ったんじゃ~分かりませぬなぁ。
> と、ふと思う。
(゜-゜)(。_。) ウンウン 私も思いましたわ。
この間仲里依紗ちゃんが「いいとも」でクオーターだと言ってて、言われてみれば…って感じだったので、中谷美紀さんもあり得るかもぐらい(笑)
純和風って感じじゃないですもんね。
…って、今の野風さんもそうか~(’-’*) フフ

> 1867年。。。いっぱむなしいってねぇ。
> 翌年だったらどんな言葉を当てはめてみたんだろう?
> と、ふと感じ。
> いっぱむやむや?
(≧∇≦)ノ彡バンバン!
日本史って、何で語呂あわせで年号を覚えさせられるんでしょうね。
しかも私たちの時代と、今の娘たちの覚え方も微妙に違う(笑)

> しかし現代の病室での、ご臨終の場で未来(みき)の台詞も有りえん。
> と、思うでしょーがー。
> 「坂本龍馬と同じ…」って何?命日を?
> どんだけファンだ(笑)
あのご臨終が誰だか映ってなかったのも気になるところ。
そこに何かヒントが隠されてるのかな?
誕生日に亡くなった…の方に、1000点(笑)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「JIN -仁-」第7話 仁(大沢たかお)が長崎から江戸・仁友堂に戻ってきた。 仁の足をかいがいしく洗ってくれる咲ちゃん(綾瀬はるか)楚々として素敵・・・仁先生、羨ましい!! 『プリンセス・トヨトミ』の宣伝で「グータン」など色々な番組に出ている「天然・ボ...
 さて、江戸に戻った仁(大沢たかお)は、『龍馬暗殺』の日時を必死で思い出そうとしておりました。 確か、以前に未來(みき)(中谷美紀)とそういう会話をしたはずなんだけど ...
咲と言う人は、相手の言葉をしっかり受け止め、何を思い何を言わんとしているのかを察知すると、即座に脳内コンピューターにかけ、それをはっきり示し、問い、決めるのも早いんですよね~。しかも、うじうじと悩むこともなく常に前向き。それなのに、あ~それなのに…仁先...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク