FC2ブログ
「JIN-仁-完結編」 第9話
刻々と迫る、あの日…。
仁はまた激しい頭痛に襲われ、何のことだかはっきりとは聞けなかったものの、勘の良い咲はその様子で龍馬の暗殺を悟ったようですね。
そして“歴史の修正力”を信じて、帝王切開中の野風の急変を救った佐分利を連れ、「救いたい患者さんがいる」と京へと向かった訳ですが、今や色んな意味で“時の人”となってしまった龍馬を捜すのは容易ではありませんでした。
途中で、偶然会った恭太郎でしたが、これが偶然ではなかったんですよね~(^_^;)
どうやら上役から、龍馬と通じている仁たちを尾行しろと命令されていたようです。
しかも龍馬暗殺に失敗したら、咲と栄の命の保証はない…って、完全に人質状態ですやん(泣)

やっとのことで当日ギリギリに護衛している東を見かけて、無事に龍馬に会えたとはいえ、ちょこちょこ横道に反れてはいるものの、所々は微妙に史実通りに進んでるのが心配…。
中岡慎太郎が突然訪ねてきたりして、このまま“あの日”へと突入するのかと思いきや、結局軍鶏鍋は食べることなく、外を出たところで斬られてました。(/_;)/アレー
仁はすぐにでも京を発とうと提案するも、何も知らない龍馬は暢気なものです。
軍鶏鍋を食べながら、日付が変わるまでドキドキの仁。

「先生はわしの道標じゃった…」
話を切り出した龍馬は仁に出会って、自分が正しいと思ったことをやろう…と思うようになったと告白。
コロリ治療での出来事は、彼の運命を大きく変えたと言っても過言ではなさそうです。
長州の戦いでも、「暴力は暴力を生むだけです!」という仁の必死の言葉が頭を何度も過ぎったそうな…。
龍馬は国にかかわる事をやめ、他にやりたいことがあるらしい。
「海“縁”隊」って、また…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そっと着物に忍ばせていたピストルを置いた訳ですが、これが後々大事なところで運命の分かれ目となってしまうんですよね~(^-^;A
“歴史の修正力”の恐ろしいところです。

そして再び仁が龍馬に話そうとしたところで、また激しい頭痛が襲い…。
心配した龍馬が咲を呼びに行き、自身は水を取りに行ったところで、外が騒がしいことに気づく訳です。
東と恭太郎が激しく戦っている様子を見て、ピストルを取り出そうとするも、置いてきてしまってるんですもんね。(^_^;)
恭太郎が自分を狙っているのは、咲と栄を人質に取られてしまっているからで、全うした後は自害するつもりだと悟った龍馬の悲しい表情ったら…。

そこへ何とか駆けつけた仁と咲でしたが、目の前で東が目を瞑って振り回した刀が、龍馬の額に当たり…。
これって、恭太郎を助けるため?
それとも偶然…?
仁の目に龍馬の血が飛び散り、何も見えない状態のようですが、予告では手術をしていた…ってことで、何とか助かって欲しい。
また激しい頭痛と戦いながらという感じになりそうなので、佐分利に活躍して欲しいところです。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


最終章は、最終回ではなく(笑)

三隅もペニシリン絡みで、何やら怪しい…(^_^;)


春のドラマ情報・レビュー、その他スペシャルドラマ情報などはこちらから~
夏ドラマもぼちぼち情報が入ってきました!           ↓
ドラマランキング投票実施中です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : JIN-仁-
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

歴史は変わったんかえ?
変わっちょらんぜよ、パックリ斬られて血がが…
予告ではノミで骨をガリガリ、(>Д<)
もどるぜよーってどうもどるのか
来週に期待して委員会?
パックリは…
>パピさん
史実通りだったみたいですね。
今、思い出しても痛そうで力が抜けます(笑)

>予告ではノミで骨をガリガリ、(>Д<)
>もどるぜよーってどうもどるのか
そうそう、あのシーンがどう繋がるのか気になるところですね。
骨をガリガリ…にも、力が抜けてます(笑)

> 来週に期待して委員会?
委員です!(^.^)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 にゃ、にゃんと龍馬を助けようとしていた東に斬られてしまうとはっ!!Σ( ̄ロ ̄lll) 東的には恭太郎も龍馬さんも両方助けようとしたのか?それとも、ただ単に間違っちゃったのか ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク