FC2ブログ
「それでも、生きてゆく」 第1話
友人に妹を殺された兄と、その加害者の妹…というシチュエーションだけでも、十分重い。
初回から、覚悟はしてましたけども…。
加害者の家族ももちろんだけど、被害者の家族の方も、その後もずっと事件を背負って生きて行かなければならないという悲劇。
そういえば東野圭吾さんの「手紙」も、そんな内容でした。

苗字を変え引越しを繰り返しても、すぐ周りにその家族だと知られて中傷を受ける日々。
そんな双葉(満島ひかりさん)が向かったのは、被害者の家族で釣り船屋を営む深見家だった訳ですが、そこでも家族がバラバラになっている悲劇を目の当たりにするのですよね。
洋貴(瑛太さん)は父親・達彦(柄本明さん)を手伝いながら暮らしている様子でしたが、事件をきっかけに両親は離婚。
事件当日は妹から凧揚げをせがまれていたものの、友人たちとアダルトビデオを借りるために出かけてしまい、その責任からか、洋貴は父親のところに残った。
家族を守る立場の達彦は、前向きに生きて行こうという意味で娘・亜季の写真を焼いたり、「また作ればいいじゃないか」とつい言ってしまったのかも知れないけど、その一言は妻・響子(大竹しのぶさん)にとっては非情で耐え難い言葉だった訳で…。
今は次男・耕平(田中圭さん)の入婿先で、過去を抱えながら淡々と暮らしている。

双葉を見た洋貴は、その様子から彼女を自殺志願者だと勘違いしてしまう訳ですが、初対面から事件の話を聞かされるわ、ガンで余命わずかの達彦の少年Aに対する憎悪や復讐の決意を目の当たりにするわで、さすがに居たたまれなくなってしまったようです。

結局達彦は亡くなり、響子に報告するも、素っ気無くされてしまう。
また大竹さんが素晴らしい演技なもので、15年間の苦しみと悲しみが表情一つから読み取れるのが凄い…。
達彦は当日、凧が落ちるのを見ていた。
胸騒ぎがしたものの、そのままにしてしまった…という後悔を抱え、実はずっと苦しみ続けていた。
押入れの中には、その後も娘に宛てた誕生日プレゼントが残されていた。
少年Aの保護観察官だった人物が亡くなり、その葬式に必ず来るはずだ…と生前に聞かされていた洋貴は、そんな父の思いや無念を晴らすために葬儀場へと向かった。

そこへ現れたのが、双葉ですよ。
事情を知らない洋貴は「関係ない…」と言い放つも、遠く歩道橋の上に立つ少年Aの姿を見つけ、追いかけようとしたところへ衝撃の事実を聞かされる。
「私が、三崎文哉の妹です!」
1000回酷いことをされても、1回優しいのがあったら…やはり、これが兄妹。
双葉は兄を守るために、ナイフ片手に追いかけようとする洋貴を必死に阻止。
その様子を見ていた文哉は、さっさと立ち去ってしまったようです。

彼は7年で出所し、今は「雨宮健二」として農園で働き、何事も無かったかのように暮らしているらしい。
達彦が手に入れたあの“絵”の意味と、犯行の動機が気になるところですね。
なぜ罪もない女の子の頭を、金槌で何度も殴って殺してしまったのか…。
う~、視聴は正直気が重いですが、しっかり受け止めなければならないですね。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


夏のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~

「夏ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : それでも、生きてゆく
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

ワクワクしないね(^^;)
妹を殺された兄の復讐は『ハンニバル・ライジング』を思い出すけど、
白昼にナイフを手にして走ったらあかんやろ!
金槌にせい!(゚゚;)\(--;)ちゃう

金槌で頭を殴って殺した話のすぐ後
ハンバーグはきっついわ(゚д゚)ウ-
ナイフ片手は・・・
>パピさん
普通、止められますよね。(^_^;)
それとも、あまりにも唐突過ぎて、周りが気づかなかったのか…?
あれがもし金槌だったら、大工さんに……見えない(笑)

> 金槌で頭を殴って殺した話のすぐ後
> ハンバーグはきっついわ(゚д゚)ウ-
ご飯前に話すような内容じゃなかったですもんね。
双葉じゃなくても、たぶん誰でも食べられなかったはず。(^▽^;)アハハ


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こういう事件は、被害者・加害者どちらの家族も悲劇。最近観た『さまよう刃』を思い出してましたが、こういう作品を通して、何とか答えを見つけ出そうとする私は、敢えて選んでしまう作品かも。やり切れない思いを救ってくれる答えなんて、永遠に見つからないと思いながら...
 (-_-)・・・う~む・・・おもしろいと言っちゃアレなのかもしれんが、続きが見たくなる第1回目だった。 瑛太と満島ひかり、この二人を主演に起用したのは大正解だよね。 二人 ...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク