FC2ブログ
「家政婦のミタ」 第9話
「家政婦のミタですぅ~」
・・・の、おばちゃん×2に爆笑でした!(笑)
そうそう、家政婦さんってこんなイメージやん~と思いながら…。

阿須田家を去った三田さんは、今度はお隣の皆川家へ派遣された訳ですが、ここでも雇主に忠実すぎて怖い。(^_^;)
夫の浮気調査とか、もはや家政婦の域は超えてます。
ま、阿須田で散々見せられてきたので少々のことではビクともしなかったけど(笑)、不倫を知った真利子(佐藤仁美さん)に「一家心中するから家ごと燃やして!」はさすがに引きました。
しかも大切な息子さんの誕生日にって…。
“火”といえば、夫と息子さんを失った原因だし、三田さんの中でも相当ショックなはずなのに表情は淡々。
でも実は自分の意志ではもうどうにもならないから、「あなたが死ねばいい…」という言葉を命令されるまでずっと待っていたなんて、悲しすぎる…(ToT)
結たちが薄々気づいたように、確かに今までの三田さんの言動から察すると…ってことになりますけどね。
そして子供たちの名前の由来が、こんなところで生きてくるというのは、さすがの伏線でした。
今まで母親の影があまり見えなかったけど、少しずつ「生きた証」のようなものが見え隠れしてきたような気がします。

子供たちに説得された三田さんは思い止まり、「今度は俺たちが三田さんを助けたいんだ!」の言葉に一筋の涙が…。
「あなた方の家族ではない。笑えと言われても笑えません。」という条件のもと、阿須田家の家政婦として復帰した三田さんは少しずつ心を取り戻しつつあるようですが、それを境に亡くなった夫と息子さんの幻覚を見るようになってしまうみたい。
これも心を取り戻すための段階ととるべきなのか、新たな試練なのか。
でもこれを乗り越えないと…って感じですね。

で、今更ながら、恵一のことが好きだと三田さんに告白してしまったうららちゃん。
まさかの、このタイミングで?(笑)
相変わらずKYやん~(^▽^;)アハハ




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


とりあえず、上から読んでも下から読んでも三田タミ(笑)


秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」やってます!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

もう、三田さんは 野放しにはできませんよ
ドラマはいつも楽しみに見ています。
今回の話が一番 危険が大きかったです。
「 危機一髪のところを阿須田家の子どもたちに自殺を止められた三田さん。
 お父さんに 「またうちに来てくださいますね・・・・?」

 もうそうせざるをえないkでしょね。ここまで騒動になると 三田さんを野放しにするのは 危険だと思いましたね!
  今回の話は確かに危機感が一番強かった。
しかし 
"最悪の危機にはそれ相応の チャンスも眠っている"
・・・三田さんの"心の闇"を晴らすチャンスが・・・
 某アニメでの似たセリフが この展開にも当てはまる気がします。
”阿須駄田家ができないことは 三田さんがやる(やった。) 三田さんに できないことは 今度は阿須田家がやる(三田さんの笑顔をとり戻すこと)



はじめまして・・・
>zebraさん
コメントありがとうございます。

阿須田家の危機を救った三田さんが、今度は助けられる番…。
今までは殆ど自暴自棄に近かったですからね。(・_・、)

> "最悪の危機にはそれ相応の チャンスも眠っている"
> ・・・三田さんの"心の闇"を晴らすチャンスが・・・
確かにそうですね。
彼女の悲しみを癒せるのは、もう阿須田家の皆さんしかいない気がします。
子供たちもすっかり成長してますしね。

最終回では、三田さんの心からの笑顔が見られるといいですね。(^_^)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「家政婦のミタ」第8話 うらら(相武紗季)が三田の代わりに食事の用意をしてるけど、ムッチャクチャ!? 結(忽那汐里)たちは困り果てて祖父・義之(平泉成)を呼んで、うららを連れ帰ってもらうことに・・・。 帰り際、義之は「お前たちのために何かしてやりたい...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク