「家政婦のミタ」 最終話
なんと!!最終回は視聴率が40%??
スゴイ~!!
最近のドラマにしては、珍しく高視聴率だったみたいですね。
そういえば周りでも「途中から観てる…」という方々がチラホラいて、9時からのダイジェスト版は有難かったわ~と申されてました。
私は退屈でしたけど(笑)(^_^;)
ま、急遽放送が決定したようですし、新しいシーン盛りだくさん…っちゅー訳にもいかない事情は十分承知しておりましたので~。

子供たちの「お母さんになって…」の依頼を、何の躊躇も無くすんなりと受け入れた三田さん。
いや、三田さんのことだから、きっと何か理由があるはず…
と思いながら見守っていたら、急に子供たちへの躾が厳しくなったり、家計を預かる主婦ということで、ご飯のおかずが質素になったり…と態度が急変しております。(^-^;A
確かにお母さんのイメージだけど、普通はそれだけじゃないですもんね。
相変わらず、極端(笑)

で、実は恵一のことを忘れるために無理やり結婚を決めたうららちゃんのためで、子どもたちの気持ちをそっちへ仕向けたという訳です。
しかし、あんなに「三田さん、三田さん」と慕っていた子供たち思考回路が、単純なことったら~(^▽^;)アハハ
三田さんがお母さんになった途端、何やら周りで次々と不幸が続き、もしかしたら三田さんのせいでは?って?
おいおい、それは三田さんが一番気にしてることなのに~(^_^;)
挙句の果てに結婚式場まで押しかけて、不満をぶちまけてますやん。
そして三田さんの思惑通りに式をドタキャンしてまで、阿須田家にやってきたうららちゃん。

子供たちにうららちゃんの方を取る…と言わせ、それを見届けて出て行った三田さんを追いかけたうららちゃんは、路上でまさかの連続ビンタを受ける羽目に…。
いつもヘラヘラ笑っているイメージのうららちゃんが、感情を露わにして怒り心頭です。
うん、実は三田さん、彼女のそういうところを引き出させるために、わざとやったんですよね。
「あなたの言ってることは間違ってない。」
今まで何もかもが空回りだったうららちゃんにとって、かなり心強い一言だったと思う。
翌日、ビンタの痕がくっきりでかなり痛そうだったけど(笑)

そして恵一の“最後の業務命令”として、笑顔を見せてくれた三田さん。
子供さんたちの台詞はアドリブ…というか、自分たちで考えてきた言葉だったらしいですね。
それを聞いて、また涙腺が緩みました…。
これからは、やっと見えてきた一筋の“光”を頼りに、前を向いて生きてくれるんだろうな~と思わせてくれるような終わり方でホッとしましたわ。
次の派遣先では、また元の三田さんに戻ってましたけどね(笑)
何やら次の派遣先も問題ありの家庭のようですが、とりあえず続編は無いらしいので、どうなるかは分かりませんが。(^_^;)

阿須田家の皆さんとは最後のお別れとなった訳ですが、紹介所が沖縄に移転するから…というのは大嘘で、実は都内らしい。
じゃ、普通に道でバッタリってこともあり得ますね(笑)
パンダの折り紙に書かれてた言葉とか、また最後の最後まで涙腺の緩みポイントが満載で…。
やっぱり三田さんをまるでお母さんのように慕っていた希衣ちゃんとのお別れシーンは、一番ジーンときました。

あ~、これがもうホントに最後なんですね~。
あの終わり方だったら、いくらでも続編が作れそうなものだけど、それは趣旨ではないそうなので…。
菜々子さん、次クールも出演なんですね。
働き者やな~(笑)



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


久しぶりに中盤からじわじわ…と、話題になったドラマでしたね。
「承知しました」「それは業務命令ですか?」は密かなブームです(笑)

そういえば、恵一と別れて田舎に帰って見合いでも…と言っていた愛人は、また都会に戻って人生を一からやり直すと言ってたし、うららちゃんにドタキャンされた研ちゃん(byリバウンド)は、本当に好きな人と結婚…が、例の恵一の愛人を振って上司の娘さんと結婚を決めた男だったようで、最後にぎゃふん!
こちらもスッキリしました(笑)


秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」締め切り間近です!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : 家政婦のミタ
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

三田さんの "氷の面"が割れた! 笑顔を出した!!
最終回でしたね。
なぜ、三田さんが 母親訳を引き受けたのか・・・
それは いままでも そうだったのですが、 三田さん 常識では 絶対 家政婦の域を外れる業務命令ばっかり やってたじゃないですか。

 それを やることによって その弊害が なにが起きるか 阿須田家の人々に 教えたかったのですよ(・へ・)
 家族の域に踏み込んではいけないのに 踏み込ませるから 家政婦ではなくなる上に 子どもたちにムリな事もでてしまう・・・

 が、クリスマスの夕食で お父さんが
「笑って くれませんか・・・?」  
 あれだけ 三田さんが「ムリです」と言ってたことを やらせるのかよぉ~って

 三田さん「承知しました」・・・え?え? エエ~~~!!!(゜口゜)

 声を大にして いいたい

三田さんの "氷の面"が割れた(゜▽゜)! 笑顔を出した(^∀^)!!三田さんに、なにか欲しいプレゼントは ありますか?と聞くと "私の石がほしい・・・"
 その場では きいちゃんは 石を渡すことが何を意味するかわかっているので 泣いてましたね。

 でも・・・渡さないと ダメだよね(^~^)

だって・・・渡さないと 阿須田家に来た意味がないんだもん・・・  バスを停めて 三田さんに石を渡すきいちゃん。  泣けた!ここも重要な場面だ。

 最後に  再び 閑散とした一軒家に来た 三田さん その家の家族とは どうなるのかなぁ~~
 「かつて、私は 心が死んだように生きていましたが とある家族の方たちに家政婦として招かれたときにそこの家族に心のふれあいを 私に 取り戻させてくれました」 

 新たに家政婦として訪れた一家に そう話すと思うなぁ~
>zebraさん
最終回も最後まで目が離せない展開でした。
三田さんが母親になることを承知したのも、きっと何か考えがあってのことだと思いましたが、
どちらかというと、うららちゃんの為だったのかな…という感じだったかも。

最後は“業務命令”という形だったけど、三田さんの笑顔が見れて良かったですね。
希衣ちゃんの“石”も効果的に使われていましたしね。

また次の家庭もややこしそうな感じでしたが、続編や映画化は無いということで、
続きが観られないのが残念です…(^_^;)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「家政婦のミタ」第11話 04年からフジが7年連続で「視聴率3冠王」を記録しているなか、今年は日本テレビとフジテレビの視聴率対決が拮抗していて、日テレは『家政婦のミタ』でフジを引き離したいから、なおも番宣をかけて最終回の視聴率を稼ぎたかった様子。 30...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク