FC2ブログ
「ストロベリーナイト」 第5話
何とも重い話だった…。
派手さは無かった分、観終わった後にどどーんと落ち込んでしまいましたわ。(^_^;)

殺された3人が倉田の仕業だったという証拠は結局見つからず、焦る姫川。
そんな彼女に今泉が当時の事件について、後に殺された倉田の奥さんが息子への嘆願を…という話を聞き、それを“遺言”と称して、やっと刑務所での面会にこぎつけたんだけど、結局真実を引き出すことは出来なかった。
いや、逆に心の垣根を高くしてしまったような…。

釈放が早まりそうだ…という情報を掴んだ菊川たちは、姫川には知らせないでおこうとしたものの、そんなところで話してるもんだから、思いっきり聞かれてしまいましたやん。(^-^;A
刑務所に駆けつけると、倉田が迎えに来ており、息子も父親と一緒に帰ると言う。
あ~、何でそこで二人にしてしまったのかな…。
といっても、そのときは私も何となく流してしまった訳ですが…。

その後、被害者である女の子の家へ行き、携帯電話の履歴や残されていたメールから、彼女がストーカーの被害に遭っていたと知る。
当時、仲の良かった友人から事情を聞いた姫川は、女の子がそのストーカー男から暴行されたんじゃ?
そのことを悲観して、彼女は恋人だった倉田の息子に自分を殺してくれるよう頼んだんじゃないか?
と、確信して倉田の家へ向かったものの…
時すでに遅し…でした。

姫川が駆けつけたときには、倉田の息子はすでに2階の部屋で首吊り自殺をして息絶えていた。
手を下せなかったとはいえ、息子の自殺を止めなかった倉田。
“真実”は姫川の憶測でしかなかったけど、警察はちゃんと捜査しなかったのか?と悔やまれますね。
自首してきた倉田の息子の供述をそのまま鵜呑みにして、後は何も調べなかった?
何ともモヤモヤしたままの終わり方でしたわ。

「早く楽になろうなんて、しないで下さいね。
苦しんで、苦しんで、カラカラになるまで苦しみ抜いてから死んでもらわないと、辻褄が合いませんから…」
倉田へ言い放った、姫川の最後の言葉が重かったな…。




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


倉田がどんな刑事だったか、冒頭部分で過去を遡って描いてくれていたことで、彼がこういう経緯に至った説得力は増した気がします。
しかし、重かった~(´ヘ`;) ハァ


冬ドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「冬ドラマランキング投票」はじめました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : ストロベリーナイト
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

4~5話「過ぎた正義」
『ストロベリーナイト』第5話 過ぎた正義(後編) 『過ぎた正義:後編』は、壮絶でした。 救いのない物語で、だれもハッピーにならないハードな結末。 姫川(竹内結子)が3件の不審死事件を解決したにもかかわらず、解決できない虚しさや痛みがジンジンと残る・・・...
 惜しい……いいテーマ、良い内容なのに、主人公・玲子(竹内結子)の言動に共感できないことが多い。残念。  深い内容で、考えさせられる台詞が多い。長くなりそうなので、一番の主題だと思われる台詞から考えてみたい。 「早く楽になろうなんて、しないでくださいね?...
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク