FC2ブログ
「37歳で医者になった僕」 第6話
祐太が37歳で医者になった理由…。
恋人のすずが自分のせいで事故に遭ってしまったことがきっかけだと思っていたら、実はその前にまだ重い過去があったようで、落ち込む祐太を励ますために彼女が誘ってくれたキャンプでの出来事だった。
以前に勤めていた食品会社ではエリート営業マンで、会社の命令で下請けを切ったことから、そこの社長さんが自殺をしてしまったらしい。
偶然、息子さんが大学病院の清掃員として訪れ、二人は苦い再会…。
「人殺しのくせに、医者なんかやってんのか…」
…と、亡くなった父親が思ってるんじゃないのかと、つい口から出てしまった言葉。
7年という月日が経っているとはいえ、そう簡単に忘れられるものでもなく…。
でも医者として患者さんに親身に接する祐太の姿を垣間見ることができて、少しずつ気持ちが変化したみたい。

ところが・・・
そんな二人のやり取りを聞いていた谷口先生。
心室細動で倒れた男性を前に、何も出来ずにオロオロしていた姿をネットで流されて、そのプライドをへし折られた怒りがなぜか祐太に向かってしまったという。(^_^;)
「人殺し」と祐太を中傷したビラを院内にバラ撒いてましたよ~。
…といっても、患者さんたちの方が冷静だったので、大した騒動にはならなかったですけどね。

すぐに谷口の仕業だとバレてしまってましたが、祐太も実は「すずの病気に逃げた…」と表現していたように、もっと複雑な感情が入り混じって医者を目指すことになった…という感じでしょうかね。
そんな祐太の真意を知って、ホッとした様子の谷口。
おいおい、そこはホッとするところじゃないやろーー!?(笑)(^▽^;)アハハ
とりあえず、反省してくれて良かったですが…。
で、そんな谷口先生がどうやって立ち直るのかと思って観ていたら、再び目の前の男性が倒れて…というお約束のパターン。
ま~、それしかないですけども。(^_^;)

…と、ほっこりしていたら、すずの方はもう腎臓移植は手遅れだと森下先生からの辛い宣告が。
前回は両親から病気のことで腫れ物のように扱われるのが鬱陶しい…みたいな態度だったけど、さすがにこの言葉には心が折れてしまったようです。
病気と一生付き合うのか、それとも…。
おまけに肝心な時に祐太は忙しくて、今はそれどころじゃないんですもんね。
タイミング悪く、瑞希と一緒のところを見られるし。(^-^;A
さて、林田との出会いが唯一の救いになるのかならないのか…。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


しかしファーストキスが人工呼吸…って、谷口先生は意外にもそんなチェリーボーイだったのか(笑)


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

関連記事

テーマ : 37歳で医者になった僕
ジャンル : テレビ・ラジオ

Secret
(非公開コメント受付中)

ドラマ内容も凄まじくも「37歳で医者になった僕~」テレビ映像をデジカメとロケ地の静岡がんセンターをデジカメで撮影を見比べるとテレビ映像は病院玄関看板がCG映像と分かりました。
>智太郎さん
はじめまして…
ロケ地情報、ありがとうございます~(^_^)
プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク