FC2ブログ
「ATARU」 第6話
中居君に絶対音感役…ある意味チャレンジャーです!
で、時々声で音を出してたけど、リアル絶対音感の視聴者の皆さんは大丈夫だったのかな?
…と少々心配になってみたり(笑)Σ\( ̄ー ̄;)コラコラ

今回は自殺に見せかけて殺されていた男性の事件。
隣人のコンビニ勤務の男はいかにも怪しそう~な風貌だったし、もう一人の隣人の絶対音感の持ち主の女の子はかなり音に敏感で、しかも不協和音で体調を崩して大暴れ(という程でもないけど:笑)するキャラだったので、このどちらかだと思わせておいて~
犯人は“管理人さん”…(≧∇≦)ノ彡バンバン!

いや最初から、初めて部屋に入った割には、中の様子を詳しく覚えてて、スラスラ言ってるのが変だな~と思ってたので、頭の片隅には疑ってましたよ。
揉み合って頭を打っただけの仮死状態でまだ死んでなかったのに、手首を切って余計な細工をしたばっかりに…。
家賃は踏み倒されるわ、殺人犯になってしまうわ~で踏んだり蹴ったりでした。(^_^;)
靴下に付着した血液の「右」「右」「左」「左」はちょっとヒントになったけど、あの絶対音感は何のヒントにもなってなかったような(笑)

で、絶対音感の女の子…。
何でも音階で聴こえて、周波数まで判ってしまう上に、日常生活にまで支障をきたすとは、何とも可哀想。
そう考えると、私たちは日常の音って、何処まで聞こえてるのかな?と思ってしまいますね。
案外耳に入ってても、上手く流せてるのかな。
救いだったのは、昇が門倉教授に相談してくれていたこと。
もしかしたら改善出来るかも知れないと聞いて、少しホッとしました。

そして心配なのは、不正な電波を独自に調べてるのがラリーたちに知られて、拉致された犬飼。
痕跡を残そうと、咄嗟に警察手帳やボタン、小銭をばら撒いたまでは良かったけど、全部拾われてしまってました。
しかも偶然通りかかって、親切に小銭を一緒に拾っただけの女性まで…(^-^;A
あれは怖かった~。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


今回は「シンクロ刑事」が少なくて寂しい~(^▽^;)アハハ
「私の目が青いうちは…」って、確かに(笑)
アメリカでもこんな言い回し(?)ってあるの?


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ATARU ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ATARU」 第5話
今回の事件は、階段から転落死した教授は事故か他殺か…。
目撃者は昇と精神科助手の浅尾(岡田義徳さん)だった訳ですが、昇は人影を見たものの、死角があって顔までは見えず。
浅尾の方はまともに見ていたはずが、他に誰も見ていない…ってことで、事故死として扱われそうになった“捨て山”。
そして相変わらず、チョコザイが発する「ヒント」はどれも接点が無いですよね。(^_^;)
“真ん中は何処ですか?”とか、薬の成分は難し過ぎて素人には覚えられません(笑)

結局、浅尾は過去の事故の後遺症で左目が見えなくなっていて、犯人だった製薬会社の社員・北見(東根作寿英さん)が突き飛ばしたところが“死角”になっていて、見えなかっただけ…というオチ。
そういえば極度の方向音痴とか、お昼ご飯を食べててがっつり半分を残してたり、前フリはあったんですよね。
後で思えば、浅尾には誰も見えていなかったので、うそ発見器も全く反応しなかった訳ですわ。
別に嘘をついてたんじゃないですしね。
本人は見える方の目で自然に補う癖がついているらしく、全く気づかなかったみたいだけど、恋人の方も気づけなかったんでしょうかね~。
私があなたの左目になる…って、言われてもね。(^▽^;)アハハ
とりあえず、一番犯人っぽい顔(←失礼!笑)のエンケンさんが、実はめちゃくちゃ良い教授役で良かったです♪

しかし・・・
現場に残されていた血痕に、新薬の成分が検出されなければ、北見が犯人だと判らないところでしたよ(笑)
その薬を飲んでてくれて助かった~みたいな。(^_^;)

そしてお待ちかねの「シンクロナイズドスイミング刑事」~♪
ナンシーが刑事になった理由は、“協調性が無い”からって…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
確かにシンクロの競技は、他の選手に合わせてナンボですもんね。
だからって刑事になった…というのは、ワカリマセンが。
しかし“よくあること”らしい(笑)
ここのドラマの内容に全く関係ないコーナーが、楽しみでしょうがないです!(^.^)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


結局、沢はチョコザイの身元引受人になったらしい。
まだ舞子の母親の自殺の真相ネタは引っ張ってますが、チョコザイも絡んでくるんでしょうかね。

で、沢が買ってきたのは「コロコロコロッケ」が売り切れで、「ボンボンメンチカツ」でしたっけ?
3個しかなかったけど、もうちょっと買ってあげて!(笑)


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ATARU ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ATARU」 第4話
なるほど~。
チョコザイは、日本でのトレーニングの為に来てた訳ですね。
確かにFBIが必死に捜してるのに、詳細な所在が分からない…ってのは変だなと思ってました(笑)
病院で保護されることになったチョコザイは、ラリー井上が迎えに来たらあっさり車に乗ってしまったので、どうなることかと思いきや、テレビに映った舞子の姿を見て「「Mission accepted」が起動したらしい。(^.^)
ラリー井上との“信頼関係”をも揺るがすぐらい、チョコザイにとっては舞子の存在が大きくなったってことなのかな?
舞子の方も、捜査に協力してもらうだけの関係ではなく、別の“感情”が芽生えているみたいですね。
確かに放っておけないタイプ…(゜-゜)(。_。) ウンウン(笑)

さて、今回の事件は小型飛行機の衝突事故か、それともパイロットの自殺か…。
自殺ではないと言い張る婚約者が現れたけど、民間の事故鑑定人・公原(平岡祐太さん)は殆どが“自殺”を証拠づけるようなものばかりで、渥見の鑑定の方も特に不自然な点は無かった…ように見えたけど、結局は殺人か。(^_^;)
あれ?安藤サクラさんって出てたっけ?
…と思いながら見てたら、彼女が犯人って~(笑)
しかもシートベルトを細工したり、スカイバードという機内の中に女性の毛髪が残ってたり…って、警察の捜査とは一体?
ま、最初から「捨て山」だと決め込んでたから、仕方が無いですけどね。(^▽^;)アハハ
実は公原は今巷で話題の“二股”(笑)をかけていたそうで、サクラさん演じる英子が仕掛けたそうな。
しかも1度目の衝突は致命傷ではなく、彼女が更に追い討ちをかけて…って、またそんなイメージなのか。(^_^;)

で、ラリー井上はチョコザイをまだ暫く泳がせることに…。
再び病院へ戻されるか、今のところは微妙のようですが、何だかんだとこのまま舞子のところでお世話になっていそうな気がする(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


相変わらず中居君の「呟きヒント」が聞き取れなさ過ぎる~(^▽^;)アハハ


お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ATARU ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ATARU」 第3話
相変わらず『捨山』が実は事件だとヒントを出すチョコザイ君ですが、中居君の声が聞き取り難くて殆どワカラン(^_^;)
バラエティー番組みたいに、下にテロップとか出して欲しいぐらい(笑)
とりあえず、舞子がその役目?
医大生で弟の昇も、専門用語をフォローしてくれるので大助かり♪

今回の事件は夜釣りに来ていた男性の転落事故だと思われたものの、頭と足の同時骨折というのが不自然だった。
しかも普通は転落で骨折しない部分までが骨折していて、思いっきり殴られた傷だと推測。
なのに死亡推定時刻には、愛人、妻や息子もアリバイがある…と怪しい人物は全員シロ…。
この“謎”を解く鍵は、男性の胃袋の中に残されていた「甲殻類のエビ」だったんですよね。
そんな、“お掃除エビ”がそこだけ大量に発生する偶然なんて、まずあり得ないやろ~?というツッコミは、
\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)
事件が解決して、何よりです…。

そして益々気になるのは「シンクロナイズドスイミング刑事」!
刑事が投げたノーズクリップがアキレス腱に挟まって、動けない犯人…(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そりゃ、チョコザイ君じゃなくても、毎日3時にチェックしたくなりますわ(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


蛯名家の夜の食卓に毎度お馴染みの「コロコロコロッケ」。
…て、そればっかりも飽きるやろーに(笑)(^_^;)


春ドラマ情報などはこちらから~
「春ドラマランキング投票」始まってます!ヽ(^o^)丿
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ATARU ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「ATARU」 第2話
相変わらずテンポが良いので、時間が経つのがあっという間。
舞子にツッコミを入れる沢とのシーンが楽しみになってきました♪
あと「エビちゃん大好き!」な巡査部長・コウちゃんや、機動鑑識係の石川の意味の無い使い方(笑)もストーリーにメリハリが付いて面白いです。
医大に通う舞子の弟・昇が、チョコザイの“サヴァン症候群”を疑っていたようですが、舞子の方はなぜかスルー(笑)
身元不明のチョコザイを医師に診せて、保護施設へ送ろうとしているものの、何かと上手くいかないことと(笑)、まだそんなに本格的には動かなくてもいいかな…って感じの様子。
アチコチに彼女のファンがいて、忙しいですしね~(’-’*) フフ
チョコザイを躍起になって捜しているラリー井上に見つかったら大変ですし…。

今回は、花屋で突然死した男性に居合わせたチョコザイと舞子。
心臓を患っていたことと、特に毒物が検出された訳でもなく、単なる病死と扱われたところを、舞子は死ぬ直前に男性が呟いた「青いバラ」ということばに引っかかりを感じたらしい。
チョコザイもすかさず反応してましたしね。
結局吐しゃ物の中からも何も変わったものは検出されなかったものの、チョコザイの呟いた「ガストリックベイルチ」や、いつの間にか持っていた「狐の手袋」、ネクタイの結び目の大きさ等々から、また事件を解決する糸口を見出せたようでしたよ。
そしてほのめかしてた訳ではなく、“目”まさに眼球に証拠となる真実が隠されていました。
「狐の手袋」はジギタリスという植物の別名。
心臓の薬にも使われるが、量によっては毒にもなり得ることがあり、最終的には男性の妻(坂井真紀さん)が庭先に植えていたことで彼女の犯行だったと辿り着きました。

2年前の夫の浮気から疑心暗鬼になり、“ジギタリス”の粉末を少しずつ食事に混ぜて出していたらしい。
花屋で倒れたのは浮気相手に花を贈るつもりだった…と思い込んでいたようですが、その日は浮気相手と別れた日で、夫婦の絆を取り戻そうとした記念日だったみたいなこと?
紛らわしい(笑)(^_^;)
だってあのナースさん、意味深にお色気ムンムンだったやん~!(^▽^;)アハハ
しかし亡くなってしまっては、もう後の祭りでした…(悲)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


「コロコロコロッケ」のお味が気になる!(笑)


春ドラマ情報などはこちらから~
「春ドラマランキング投票」始まってます!ヽ(^o^)丿
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ATARU ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク