FC2ブログ
「最高の離婚」 第6話
諒はてっきりあの「老舗女」と…と思いきや、特に何も無かったらしい。
指輪は捨ててしまったけど、灯里と結婚したい気持ちには変わりはない様子。
そんな中、諒のトラウマ的な過去が語られた訳ですが~。
うわ~、そんな高校時代の恋愛が未だに後を引いてるのか…(^_^;)
結局はその子に振り回されただけ、先生との恋が叶わなかったから利用されただけってのが哀しいけど。
まぁ、今のような風任せ~な性格になってしまったのには、それなりの理由があったのね…と分かったのと、諒も芯はたぶん純粋なんでしょうな…と納得したり。
いや、子供なのか…(笑)
また浮気したら~のくだりで、ハサミ持ち出した時はどうなることかと思いましたが、無事に収まってくれて良かった。
光生たちがいてくれて助かりましたよ。
じゃなかったら、一体どうなっていたやら…(^▽^;)アハハ 
まさかの流血とか?(笑)

それにしても、淳之介君がめちゃ可愛いわ~(笑)
家族思いで頑張り屋さんだし、ちゃんと距離感を保ちつつ、あんなに好き好き光線出される結夏が羨ましい♪
結夏は病み上がりでただお風呂に入りたかっただけ、寝ずにバイト明けだった淳之介にはこのまま家で休んでて欲しい…ってだけだったけど、亜以子に目撃されたことで事件が起こりそうな予感。
そういえばまだ離婚したことも話せて無かったですもんね。
とりあえず、続きは来週ってことで~(’-’*) フフ

また今回も心にずしーんとくる台詞があったりして、気づかされることも多いですわ。
確かに怒ってる時って、必死に正論を言ってる!(笑)
しかも相手に通じてないと感じれば感じるほど…。
鬼になるか?泣くか?
…もう~!当たり前で前者ですやん(笑)

今回大きく変わってて気づきましたが、やっぱりエンディングが違ってましたね。
いつも「あれ?こんなところあったっけ?」程度の変わりようだったので半信半疑でしたが、やっと確信しました!(笑)
元気じゃないのが普通の人に、「元気?」って聞くのは野暮って事で…(* ̄m ̄) ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「最高の離婚」 第5話
冒頭でいきなり光生が肋骨を折ってるところから始まり、それがリレー方式で語られてましたが、もうその一部始終の光景が目に浮かんで大笑い。
4話まで観てきた視聴者は光生キャラが脳にしっかりインプットされているので、効果バツグンでした♪

その後、そんなアホな~!とツッコミながらも、元夫婦と婚姻し損ねたカップルが熱海温泉旅行へ…。
「今から食べたら、晩ご飯が食べられないよ~」と言う灯里の後ろで、すでに鯵のから揚げを頬張る結夏とか、楽しみにしていた「秘宝館」のチラシでニヤニヤする光生が、諒にバッサリ斬られるシーンで大笑いその2(笑)
なのに、その後に諒のプロポーズでしょ。
あれにはさすがにホロリ…だった訳ですよ。
灯里の幸せがヒシヒシと伝わって、「よかった、よかった…」と涙した訳で~。
これでやっと結婚するのか…とホッとしたところで、最後のオチ!

いやー…
何かショックで、暫く立ち直れませんでした。(^_^;)
このドラマ、やっぱり侮れません(笑)

「二番目女」は確かに面倒だったけど、大暴れした後は意外とあっさり別れられそうだったし…と思っていたら、「老舗女」が現れて。
もう、諒ちゃんのことなら何でもお見通しなのよっ!的な雰囲気がプンプン。
あの熱々の紅茶をぶっ掛けたのも、実は作戦だったんじゃ?(^-^;A
彼女の手のひらで上手く転がされてる諒…って感じでしたよね。
いや、たぶんあの時点では本当に灯里が一番好きで、結婚したいと本気で思ってたはずなんですよ。
だからこそ、結婚前に女性関係はきれいに清算しようと動いてたんでしょうしね。
…と思いながらも、心のどこかでやっぱり無理してたのかな。
「自由じゃない」と言ってた台詞もちょっと気になりましたけど。

そして何が一番ビックリしたって、灯里ですよ。
青森から上京した妹の訪問が、引き金になってしまったんでしょうかね。
女性関係が派手な父親のせいで両親は不仲で、母親が感情をむき出しにする姿を見て育った彼女は嫌悪感さえ抱いていたようで、その反面教師人生にもやっぱり無理があったのかな。
今までは「妻」であることで何とか保ってたけど、それが崩れて、本当にこのまま結婚しても大丈夫なのか?って急に不安になったのかも。
諒がまた女性関係を洗いざらい正直に話すもんだから…(^_^;)
所詮、浮気男は一生直りません(笑)
婚姻届の証人を頼まれて、何だかんだと嬉しそうだった光生たちが不憫…。ヾ(*°▽°)ノあはは

最後の最後まで、諒は心を入れ替えてくれたはず…と信じたかったんですけどね~。
「老舗女」からの電話で、指輪をポイッって捨てた綾野さんの冷たい目が頭から離れません(笑)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「最高の離婚」 第4話
淳之介(窪田正孝さん)とは同じ静岡出身ということで、結夏は意気投合~♪
酔っ払いのお約束で朝目覚めたら…のシーンでしたが、このドラマは違ってました!(笑)
家族も一緒に住んでる家だったんですよね~。
おまけに淳之介キャラ、めちゃええ子やん…(ノ_<。)
いそいそと食事を作りに行く姿に光生がちょっと反応してて、帰ってからも超ご機嫌な結夏…と思いきや、とうとう光生に対する怒りが爆発してしまったようです。
結夏の長台詞のシーンは圧巻でしたわ。

たぶん光生には一生解ってもらえないと思って、ずっとガマンしてたんでしょうね。
ガサツで、物事をあまり深く考えていそうにないキャラだった結夏でしたが、実はそうじゃなかった。
「分かった。子ども作ろう…。もう一度結婚しよう。」
…は、最近のことで光生も少し成長出来たお陰での言葉だったとは思うけど、あまりにもタイミングが悪い上に遅すぎました。(^_^;)
結夏の怒りに同調してちょっとウルウルしたけど、自分がぶちまけたカレーは律儀に片付けた上で、光生の一番大切にしている盆栽をバンバン投げつける様子が妙にツボって、(* ̄m ̄) プププッでした(笑)

一方、“二番目女”の暴走…。
「私は二番目でいい…」とか言う女に限って、絶対に面倒臭いんですよ(笑)
諒に自分以外の愛人がいると知り、灯里のお店へ行くように仕向けるとか…。
灯里も何となく諒に女の影があると分かってたでしょうけど、目の前ですすり泣きされたら、やはり心穏やかではいられません。(^_^;)
諒の前で取り乱す訳にはいかない…ってことで、行く当てもなく家を飛び出した感じかな。
で、同じく家を飛び出した結夏とバッタリ会ってしまう訳ですね~。

そして結夏が勢いで光生の上着を持ってきてしまった前フリが、出されていない「婚姻届」に繋がりました。
そんなモノをなぜ光生が持ってるのか、またこれも誤解を生みそうです。ヾ(*°▽°)ノあはは

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「最高の離婚」 第3話
先週一番の衝撃だった、灯里の「死ねばいいのに…」。
てっきり光生との性格の不一致からイライラが爆発して…の言葉だと思い込んでたので、また別の衝撃を受けましたよ。
「花柄の便座カバー」とか「ジョーズ」のくだりとか、あまりにも無神経過ぎるな~とは思いましたが、光生は事情を知らなかったんですもんね。
それがまさかの今になって、灯里に嫉妬した諒の愛人の破壊行為から「許す」ことに繋がるなんて…。
光生にとっては、誤解されて逆に良かったってことですね。(^▽^;)アハハ

ひょんなことから顔を合わせることになった4人…。
もう離婚したんだから別居でいいやん~と思うけど、それではドラマになりません(笑)
Facebookでやり合う光生と結夏には爆笑させてもらって、結夏はまた光生と同じようなタイプの合コン男と?…と落胆してたら、まさかの窪田君♪
いやー、あの笑顔にはやられますね~(笑)
ちょっと面白くなってきましたよ。

そして光生が諒の愛人から聞かされた、「婚姻届を出していない」事実。
ミステリアスな諒ならではのエピですが、真意が気になるところ。
事実を知ったときの灯里のことを思うと、ちょっと切ないですが…。

「喋らない」にも二つのタイプがあるとか、全くモテない光生と、女性にモテモテの諒の対比にも(* ̄m ̄)プププです。
確かに女性は、手品のできる男性に弱いですね~(笑)
あと楳図先生のような紅白縞々Tで現れた光生に、姉夫婦がちゃんと突っ込んでくれて嬉しかった~♪
「八朔」と「マチルダ」も良いお仕事してくれてます!

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「最高の離婚」 第2話
とにかく、(* ̄m ̄) プププッです(笑)
離婚届を出して出て行った結夏にイラッとしながらも、光生の気持は灯里へ向いてるもんだから…。
バランスボールに八つ当たりして突指?骨折?とか、ビデオショップでのDVDのチョイスのくだりから、光生がダラダラと結夏に対する不満や不平を喋れば喋るほど、可笑しさが増すんですもん(笑)
おまけに『良い思い出でいっぱい』の灯里には「がつーん!」と落されるわ、もう大爆笑でした!

いや、光生は別に悪いことは言ってないんですよ。寧ろ正論…。
結夏もそれなりに言われても、仕方がないって感じですもんね。
ジローラモさんに遭遇してハイテンションな結夏…にも笑わせてもらいました。
あの状況じゃ、いくら離婚直後の元夫でも写真撮ってもらいますよ(笑)

それにしても…
さすが富士山を見て育った結夏のご家族、ご親戚♪WW
あんな環境下なら、結夏キャラにも納得ですね。(* ̄m ̄) ププッ
それに結夏の元カレが波岡一喜さんって、キャスティングが上手いな~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
何気に綾野剛さんとタイプが似てません?
結夏と灯里って、意外と好みが似てるのかも…と思わせてくれるシーンでした(笑)

そして灯里は、諒の浮気もちゃんとご存知のようで…。
結婚したきっかけも現実味は無いし、確かに諒はミステリアスな感じですよね。
で、灯里のことを「惚れた弱みでひたすら耐える女」キャラ…と思わせておいて、「最終的には、旦那の葬式の喪主になれれば良いんじゃないかな?妻って…」という台詞で、どかーん!!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
もぉ~、真木よう子さんだからこそ、この台詞が効くんですよね。
一週間が待ち遠しいです。

私の好きな言葉も「ガラガラ」です!(笑)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク