FC2ブログ
「パズル」 第4話
今回は同じ学園に通う白石(加藤諒君)が部長をつとめる映画研究会が、フィルムフェスティバルでグランプリを受賞した…ということで、その映画を買いつけたいとやって来た張(斉藤洋介さん)という人物。
その話を聞きつけて、美沙子が買いつけ額の10万円を100万円に引き上げてましたが、差額の90万円は自分が独り占め…って、立派なピンはねやん~(笑)
ところが張の本当の姿は国際窃盗団で、仲間割れのため直後に殺され、映画のフィルムが盗難に遭ったということで、「隠した宝石の在りかが映ってるはずだ!」と直感した美沙子。
やっぱりお金に関する美味しい話には、“勘”が働くらしい(笑)
そこでそれらしい場所に辿り着けたのですが、お約束でゆうこたちもいる訳ですね。(^-^;A
どうやらその場所は映画の撮影中で、ゆうこたちは父親のコネでエキストラ出演してたようですが、そのタイトルが「少林家政婦」?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
結局「×」印の場所には宝石は無く、ガッカリする美沙子でしたが、主演の大女優・栗原若菜(木の実ナナさん)の「絶対に判らない場所」ってのは、すぐ小道具のことだとピン!ときましたよ(笑)
スタッフの「どれも偽物ですけど…」が怪しかった~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
・・・と、この辺から急に睡魔が襲い、コックリコックリ舟を漕いでしまったワタクシ。(^▽^;)アハハ
ゴルフ好きの若菜…ということで、ゴルフに関するトリックで第2の殺人が起きてしまったらしいですね。(^^ゞ
で、本物の宝石だと思っていたのが、実はやっぱり偽物だった…ということで、偽物を巡って殺人事件が起こってしまったという何とも切ないオチ。(^-^;A
崖から飛び降りた真一たちも、下に撮影用のマットが敷いてあったってことで無事に生還。
そして相変わらず、生徒思いのカケラも無い美沙子(笑)
肝心のシーンが飛んでしまってるので、そんなに感想も無く(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます~。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「パズル」 第3話
今回はゆうこたちが「美味しい話」を持ってきて、真一たちが食いついて、美沙子が強引に…というパターンではなく、「日本一の名探偵を探せ!」という推理クイズに参加するという新しい展開でした。
といっても、何となく「名探偵コナン」っぽかったですけどね(笑)
とりあえず参加名の「with あゆ」で小爆笑…(=´m`)クスクス♪
そして美沙子たちが予選を勝ち抜いて向かった先は、古いお屋敷。
三年前、強盗たちに惨殺された一家がアチコチに「ダイイングメッセージ」を残していて、それを解いた者には“それ相応のご褒美”、ついでに「金塊」があるかも知れない…ってことで、俄然張り切る美沙子(笑)
この屋敷に嫁いだ妹が殺されたという主催者の長谷川春夫(矢島健一さん)が、最初いかにも怪しかったのですが、小説家の黒田(美保純さん)の次に呆気なく殺され…(^_^;)
で、ワタクシ、殺された黒田の部屋にみんなが駆けつけた時に、集まった中の一人・橋本(市川亀治郎さん)が手にハンカチを持ってたのがめちゃ気になってたんですよ。
なので、途中からは「橋本は犯人やん~!」ということを前提にドラマを観ていたので、それがバッチリ当たった時にはTV前で小躍りしてしまいましたわ(笑)
美沙子たちが閉じ込められた部屋に毒ガスが入ってきて、やっとのことで見つけた抜け穴の外に橋本がいて驚いてましたもんね。
で、美沙子が橋本を犯人だと確信したのがハンカチの「KS」の刺繍と、「KENJI」と植えられていた花壇の花…ってのは、ちょっと浅くてツッコミ入れましたけどね。(^-^;A
殺された長谷川の妹と橋本が恋人同士で、強盗犯だった「¥7111」→「ハルオ」→「春夫」と、タンスを動かしたらガラスに赤い文字のようなモノが書かれていて重ねてみると「黒田」だった…ということで、橋本が復讐のために殺したらしい。
そして最後まで見つからなかった「金塊」は、金庫の扉の中…って思いっきり“扉の中”って言うてますやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
せっかく「金塊」を見つけたのに、刑事さんたちに見つかって返納しちゃったのは残念でした!(^▽^;)アハハ
今回は美沙子はドサクサに紛れても、何も持って帰れなかったってことで、益々残念でした(笑)




最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「パズル」 第2話
予告CMで「100万円と、うぅーっとっ!」としか聞こえなかった石原さとみちゃんの台詞。(^_^;)
ドラマを観て、それが「牛一頭」だと分かってスッキリしましたわ(笑)

今回は500年前に落ち武者が財宝を近くに隠したらしいと噂がたち、そこの村人たちが在りかを聞き出すために落ち武者3人を拷問にかけて殺した…ということで、それから100年に1度祟りがあり、“生贄”をささげないと3人の村人に死の天罰が下る…という、何とも恐ろしいお話。
ちょうど今年が100年目にあたり、村人がパニック寸前になっているということで、神社の神主さん(黒部進さん)が祟りの謎を解き明かした者には「100万円と牛一頭」を提供すると聞きつけたゆうこが、また真一たちをそそのかす訳ですね。(^▽^;)アハハ
そこをお約束で美沙子が嗅ぎつけて、強引に同行する…というパターン。
他に集まったのが大学生の玉田(城咲仁さん)、物理学者の大沢(大鶴義丹さん)…ということで、この二人は殺されるんだろうな~とすぐに分かりましたよ(笑)
しかし岩の下敷き、逆さ吊り、火あぶり…どれも嫌ですわ~(^_^;)
で、とっとと研修旅行に行ってしまった神主さんではなく(笑)、巫女の貴美子(若村麻由美さん)がどうせ犯人だろうと推測したものの、美沙子を襲った落ち武者が2人だったので、ちょっと謎だったんですよね。
ホント、真一たちが剣道部で助かりましたよ。
そして怖いお面をとると、貴美子と占い師の天野(池津祥子さん)。
これ以上犠牲者を出さないためにと、二人は祠の中に閉じ込められる訳ですが、重い大岩を動かせたのは大きな車輪を使ってのトリックだろうと聞かされた美沙子たちは、それが大沢を逆さ吊りにするための作業だとは知らずに、まんまと実験してましたわ。(^_^;)
でも異常に張り巡らされた数の滑車と石の灯篭までもが破損していることに美沙子が気づき、無事に謎を解くことができました。
それを知った貴美子と天野に、美沙子たちは危うく火あぶりにされそうになってましたけど、あの撒いた水らしき液体は、すぐに灯油か何かだと私でも察しましたよ(笑)
最近ちょっとした「事件」(笑)があって経験済みなんですけど、窓を閉め切ってても外から灯油の臭いが部屋に充満したぐらいですから、普通は相当臭うはずなんですけどね~(^^ゞ
ま、\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コツチニオイトイテ(笑)
しかし大岩が張りボテだと気づいた真一たちが、中からぽたぽたと水が落ちてるからといって、火を消すために美沙子の上に落とそうだなんて、一歩間違えたら玉田のように下敷きになるところでしたわ。
「先生!ちょっと痛かったらゴメン!」程度じゃ、済みませんってば(笑)
そして貴美子と天野が捕まった訳ですが、動機は過去に玉田と仲間に友人が襲われ、偶然通りかかった大沢に助けを求めたけど逃げられて助けられず、結局友人はその後自殺。
で、「祟り」を使って復讐…ということだったんですが、二人とも「100万円と牛一頭」でまんまと集まってくれたから良かったものの(笑)
そして話はここで終わりではなく、美沙子が神主さんから預かっていた地図に「×」があぶりだされたことから、“財宝”の在りかが分かったと大喜びで掘ってみたところ、そこには年代もののぬか漬け?(^-^;A
ちゃっかり持って帰った美沙子からもらった、同僚の大道先生は美味しかったと喜んで食べてたけど、普通は腐ってますわね。(^▽^;)アハハ
「100万円と牛一頭」は嘘だったみたいだし、何だかんだと騙され続けてる美沙子。
でも前回の壷といい、転んでもただでは起きない、ちゃっかり者の美沙子キャラはバッチグぅーです(笑)



ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。よろしくお願いします。(^_^)

テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

「パズル」 第1話
番宣CMのイメージでは「トリック」と「ごくせん」を足して2で割ったような…と思ってたんですけど、剣道部トリオがエリート男子校の生徒たちということで、別にヤンキーではなかったみたい。
見た目で判断してゴメンゴメン!(笑)
柄が悪いのは、石原さとみちゃんだけ?(^▽^;)アハハ

文武両道のエリート男子校・近松大学付属辯秀高等学校に、英語の教師として赴任した鮎川美沙子(石原さとみさん)。
二十歳そこそこの見た目に関わらず、実は受験指導の実績があり、10年のベテラン教師らしい。
それがなぜかブリブリで、最初は一人で職員室にも行けない…というキャラだったのに、生徒の前でいきなり豹変(笑)
「私語は厳禁、質問は厳禁、付け届けは現金で」という三段オチもお約束で、英語もロクに喋れない上に生徒から賄賂をもらって成績をつける…というとんでもない教師らしい。(^_^;)

そんな時、生徒の一人・真一(山本裕輔君)が女子高生のゆう子(岩田さゆりさん)から、「暗号を解いて、親戚の青柳家に伝わる家宝を見つけ出して欲しい」と頼まれ、友人の明(木村了君)と善雄(永山絢斗君)と共にカードに書かれた英文を解こうとするのですが無理。
で、お金に目がない(笑)美沙子がそれを嗅ぎつけて、無理やり青柳家に同行する訳です(笑)
英訳の中に何か隠されていると思いきや、ローマ字読みでOKとは、英語が苦手な美沙子にピッタリ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

青柳家のシーンは、井出らっきょさんが“佐清”チックで、設定が名家といいまさに「犬神家の一族」(笑)
長男・龍太郎(西郷輝彦さん)、次男・龍二郎(神保悟志さん)、長女・時恵(荻野目慶子さん)という豪華ラインナップが、青柳家の“家宝”を巡って争う中、そのに居合わせたのが遠縁のゆう子だったようですね。
美沙子は英文の謎をあっさり解き、「洋子」という女性の存在を知って屋根裏に進入するも、切り込み隊長の善雄が何者かに襲われた上に、そこで時恵の死体が発見されて容疑者に。(^-^;A
ま、これはすぐに容疑が晴れて、結局長男の龍太郎が犯人だったのですが、最後に命懸けで探し出したもうひとつの暗号の方は難し過ぎて美沙子に解けなかったのがミソ(笑)
ここで秀才3人組があっさり数字の謎を解いたってことで、頭が良くてよかったですわ~♪
残念ながら“家宝”の金の壷は3年前、借金の形に売られていた…というオチでしたけど。(^^ゞ

キャラ設定がしっかりされていて、これも結構好きなドラマかも…。
石原さとみちゃんの他に、もう一人ぐらい「ぶっ飛びキャラ」が登場してくれると一層面白いのですけど、それは毎回の豪華なゲストさんに期待しておきますわ(笑)


ドラマ情報、レビュー過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


いつもありがとうございます。(^_^)





テーマ : パズル
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク