FC2ブログ
「信長協奏曲」 第6話
15代将軍・足利義昭か~。
やっぱり堀部さんのお顔立ちはハマりますな。笑
信長@サブローが副将軍を断った時の顔の歪みっぷりがまた…(* ̄m ̄)ププッ
何となく史実に基づきながら、『理由』も『方法』も違うから興味津々で面白いんですよね。
何も知らないお子達は、間違って覚えてしまいそうだけど。笑
あ!でもお市が信長に危険を知らせた『袋の鼠』は同じだったそうで?、会社の人が興奮してました!(*‘∀‘)

相変わらずサブローの話し方は現代語なのに、そこは殆ど違和感のない皆さん…笑
時々ツッコミは入るものの、すぐに馴染んでるのが可笑しい。
そして3人目のタイムトラベラーは、松永久秀。
調べてみたら信長に反逆して敗れる…みたいなことが書かれてますけど、出番はこれだけなんでしょうかね?
勿体ない。笑
刺青ですぐ分かったサブローでしたが、伝わってる久秀キャラに古田新太さんのキャスティングもピッタリだったな~。
その後の「いいとも」が終わった話がリアルタイム過ぎましたけど…(^▽^;)アハハ

しかし藤吉郎は長政の父親と繋がってた訳で、挟み撃ち作戦から逃れる選択をしたサブローたちがどんな目に遭うのか心配ですわ~。
ここで亡くなるはずがないけど、予告の見せ方も思わせぶりだったので気になるところ。
とりあえず半兵衛が不穏な空気を何となく感じてくれているようなので、ここらで上手く辻褄が合うのかしら。
帰蝶のお守り縫い付けエピには、ちょっと涙腺も緩んだところで…。

そういえばゆきがサブローの教科書を渡した相手は、朝倉だったらしい。
これでこの先の歴史が分かれば~ってところだけど、残念ながらどうやら読めないみたいですね。
なるほどー!
この設定に思わず唸りましたわ!笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「信長協奏曲」 第5話
サブローと信長が入れ替わっても、誰も気づけへんて~(^▽^;)アハハ
髪形も服装も違いますで!
一応、ここはツッコミ入れておくべきですよね?笑
帰蝶さんだけは、少し違和感を感じてたみたいだけど…。

さて、ちょっとだけ入れ替わった信長。
浅井家との同盟のためにお市に輿入れをさせようとしたものの、戻ってきたサブローは断然阻止。
どうせ結婚するなら「恋愛」で!
…と頑張るんだけど、やはりこの時代はそういう訳にはいかないようで。(^_^;)
帰蝶も同じ理由で織田家に入ってるもんだから、少々複雑のようでしたね。

お市と恒ちゃんとは相思相愛だったみたいで、色々切ないシーンはあったけど、長政殿も良い人そうでしたやん♪
不安でいっぱいのお市に、信長@サブローからのおてまみ通りに『指輪』を用意してくれてましたしね。
うん、どんな形であれ、結婚した後にどんな夫婦になるかどうかの方が大事ですもんね。
何か最後、ちょっと涙腺緩みましたわ。
サブローも帰蝶さんと良い雰囲気になってましたしね~。

…というところで、ここで信長が嫉妬する訳ですね。
自分には見せなかった『笑顔』や『素顔』をサブローに見せていた帰蝶の姿に…。
それなら自分も前からそうしとけばよかったのに~!
て、それじゃぁドラマにならないか。笑
これで「明智光秀」を名乗るところへ繋がる訳か…。上手いわ~笑

そういえば教科書を隠していたゆき。(←今回はちゃんと:笑)
隠してたのは、何者かに渡すためだったみたいですね。
相手は誰だろう?
藤吉郎は気づいたようだけど、暫く泳がしてみようって訳?
出来る男は違いますわ。(* ̄m ̄)ププッ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「信長協奏曲」 第4話
戦国時代って、大河や民放でもよくドラマになってるので、色んなキャスティングが走馬灯のように蘇ってきますね。笑
織田信長はつい最近まで江口さんだったのに、その前は吉川さんとか、その昔は藤木さんも演ってたよね~とか思い出しながら、ニヤニヤ。
で、その藤木さんが今回は竹中半兵衛。
金、土曜日は朝倉ナースの旦那さんだったのに~。笑 ヾ(~∇~;) コレコレ

さて、前回は今川家についてゴメンナサイ!と謝って来た徳川家康。(* ̄m ̄)ププッ
「元康」の“元”は今川義元殿から頂いた名前をつけてたとか、どんだけ忠実な家臣だったんでしょう。
しかも濱田岳さんが演じるから飄々とし過ぎ。笑
名前が違ってたんですもん。在りし日の道三が必死に探してもそりゃ見つかりませんわ。
そしてどんなに歴史音痴でも、日本人なら「徳川家康」の名前ぐらいは知ってますもんね。
そりゃ、サブローもあのテンションになるってもんです。笑

史実によると半兵衛は謎が多い人物だそうで、そういう意味ではドラマに使いやすいww
信長@サブローとは志が同じ…ということと、やはり彼の人柄に触れ、最後は思い直してくれました。
ルービックキューブも揃えてくれました。←
あの中にまさか裏切り者はおらんやろー?と思ってたら、戦国時代のビックダディー森りんだったというオチ。
信長がサブローで良かったですよ。(^_^;)
無事に戦わずして美濃も取っちゃったから。笑
取っちゃったて!(ノ∇≦*)キャハハッ♪

そして藤吉郎になりすました伝次郎は、信長に仕えながら復讐するタイミングを虎視眈々と狙うことにしたようです。
まずは履物を温め…ではなく、シューズを真っ白に磨いて。笑
で、今度は明智光秀になりすました信長が?
サブローと同じ顔なのに、そこをどうやってクリアするのか楽しみですわ。(* ̄m ̄)ププッ

何でゆきがサブローの教科書を隠したのかも気になるところ。
もしかして、実は彼女もタイムスリップしてきたとか??

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「信長協奏曲」 第3話
桶狭間の戦い!ヾ(O´∀`O)ノ ワーイ
せっかく歴史の授業で習ってるはずなのに、漠然としか覚えてない!笑
サブローの教科書にもザックリしか書かれてなくて、つい笑ってしまいました。
まぁ、どんな戦法を使って勝ったとか、そんなこと一々載せてられませんけどね…。

さて、今川が今にも攻め入ってくる…と聞き、思わず逃げ出してしまう信長@サブロー。
だって、どう転んでも首が~なんて言われたら、逃げ出したくもなるってもんですよ。(^_^;)
帰蝶には辞世の句まで詠まれてしまう始末でしたもん。
ところが逃げてるつもりがお春を避けようと落馬して、行きついた村は今川の領地。
しかも山を超えれば桶狭間…。
うんうん、歴史を曲げてはいけません。笑
危うく何度も首をとられそうになっても、助かりますわな~。

結局、またサブローの人柄に心を鷲掴みにされ、村人たちは寝返って味方になってくれた訳ですが…。
あんな打ち上げ花火を手に持ったら、さすがに怖いわっ!(^▽^;)アハハ
煙が出る花火ぐらいはアリとして…。
しかもあんなたくさんじゃ、リュックの中は花火だらけでしょうに。(*¯m¯)ププッ
そこは一応ツッコミを入れておきます!
村人たちのお蔭で今川の居場所を突き止めたサブローたちは、無事に勝利となりました。
花火はアレとして、これ史実ではどうなのかな~?
急に気になってきましたわ。笑

さて、藤吉郎となって潜入している伝次郎ですが…
今回はまだ、時々段蔵が茶々を入れてくるぐらいで、特に動きはなく。笑
今川が亡くなって、これからどうするのかな…と思ってたら、個人的に信長に恨みがあるような予告。
出番が多くなりそうで楽しみ♪

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「信長協奏曲」 第2話
サブタイトルから、タイムスリップしてきてる人物がもう一人いるのか~と思いながら観てましたが、西田敏行さん演じる「斎藤道三」だったんですね。


そして警察官…。
着物の柄一つで戦になるやも…な前フリだったので、一体信長はどんな着物を選ぶのかと思ったら、学生服て!笑
えーっと…。持ってきてましたっけ?
それともタイムスリップする時に着てた?
案外、覚えてないもんですね。(^_^;)
で、その学生服を見た道三が、二人っきりになってどんな荒ぶりを…?と心配したけど、ポテトチップスにご満悦。笑

タイムスリップして、約40年…
その間、彼がどれだけ心細い思いをしたのか計り知れませんが、帰蝶という最愛の娘にも出会えたし、戦国時代を切り抜ける術を学んで頑張ってたって訳か。
理由は全然違うんでしょうけど、何となく史実にも上手くリンクしてるところが面白いですな。
最後は息子の謀反のせいで亡くなるというのが、何とも切なかったですわ。(/_;)
タイムスリップって、最後はまた現代へ戻れるってパターンの話が多いけど、結局彼はそれも果たせないまま?
いや、そういえば死んだと思ったら現代へ戻ってた…って話もありましたよね?
確か「JIN」がそうでしたよね。
無事に戻られてると良いのですが…。

さて、今川義元のスパイという立ち位置だった伝次郎が、馬番の木下藤吉郎を名乗って信長の城へ潜入。
名前で思わず「仮面の忍者・赤影」を思い出したけど、後の秀吉やん!笑
どんな「秀吉」になるのか、興味津々ですわ。
やっと山田孝之さんの出番が増えそう~♪ヾ(O´∀`O)ノ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク