FC2ブログ
「Nのために」 第5話
沖縄ではトントン拍子に野口夫妻と仲良くなった安藤と希美。
一番のきっかけは、やっぱり将棋でしょうかね。
そら沖縄で将棋は目立ちますわ。笑←
その結果、ビルは売却しないという野口の言葉も聞けて、無事に「N作戦」は幕を閉じた訳ですが~。
何やら、他でややこしいことになってきました?

まずは沖縄滞在中に、気持ちを抑えきれずに希美にキスした安藤。
このせいでギクシャクしてしまい、東京に戻って来てから野口に一人で近づくことにしたせいで、奈央子からは夫との仲を疑われる羽目に…。
最初は穏やかだった奈央子が段々険しい表情になり、最後には希美の家にまで押しかけてました。(^_^;)
そこで西崎と出会ってしまう訳ですね。
そういえば野口が希美に頼んでた「お願い」も気になるところだけど、実は奥さんへのサプライズ的なことなのかな?
これがまた更に誤解を招くことになってる気もしますわ。

で、東京の希美の家にまでやって来た母親。
相変わらずの自己中ぶりで、一体何の為に…?と不安になったけど、どうやら再婚のご報告だったらしい。
どうぞご勝手に~って感じですけど、いつも人騒がせなところがやっぱり苦手。(^_^;)
再婚して、希美への依存が減ってくれれば良いですが…。

そして成瀬はというと…
父親を亡くしてからは大学へも行かずにふらふらしてて、気づいたら詐欺の手伝いをさせられ…。
罪を重ねるうちに我に返ったみたいだけど、どうも逮捕されるような。
となると、奨学金の停止はもちろんのこと、退学させられる…ということになりそうですね。(T_T)
一体どうなることやら…。

意外だったのは、安藤が野口夫妻の事件の真相を知らなかったこと。
西崎へのことは口裏を合わせたようですが、凶器になった燭台には疑問を持っていて…。
それを高野へ話したことから、少し動きがありそう。
西崎が希美に大金を送ってることも謎だし、今回は伏線だらけで益々分からなくなってきましたわ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Nのために」 第4話
希美の究極の愛は“罪の共有”…ということは、やはり彼女も成瀬の事を想い続けていたって訳ですよね。
でないと、路上で不意に見つけてあんな風には追いかけないか。
10年ぶりに安藤から連絡があった時のあの複雑な表情に、何となく納得できたかも。
それとも単にあの事件のことを忘れたい…という気持ちだったのかも知れませんが~。

さて、ドラマは10年前に戻り、希美たちが住む「野バラ荘」が立ち退きの危機で動き出した『N作戦』ですが…。
ここでやっと野口夫妻が登場する訳ですね。
奥さんの小西さんは良いとして、芸人の徳井さんが出てくるとイメージ的に何とも…(^_^;)
まだ今のところはそんなにセリフも無いけど、どうにもこうにも気になりますね。笑
そこを何とか我慢して…ww
野口夫妻が立ち退きに反対しているビルのオーナーの関係者で、ボランティアにも精力的に関わっているということで、それを糸口に近づく西崎たち。
しかも偶然安藤の就職先となれば…うん、近づきやすい。笑
まずは沖縄で。

で、前回一瞬映った西崎の腕は何の痕だか分からなかったのですが、火傷だったようですね。
希美がハムを炙ろうとつけた火に過剰に反応してて、後に背中の大火傷のシーンへと繋がっていて、やっと理解できましたわ。
あの女性は母親なんでしょうかね?
日焼けが苦手だと誤魔化してたけど、さすがにあれでは沖縄に行けません…。

しかし野口夫妻が殺された時の証言を辿っていると、希美と成瀬はホントに偶然に現場に居合わせた…ようにも思えるけど、そんな訳無いか~(^▽^;)
殺人の理由もそんな単純なことではなく、きっと色んな複雑なものが隠されているのかも…。
まだまだ物語は動き出したばかりなので、想像の域を超えません。笑

島に一人残されたお母さん、案外元気そうで良かったですよ。
…といっても、まだまだ希美に依存しているには変わりないですけど。(^_^;)

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Nのために」 第3話
そっか、安藤は希美の「同級生」といっても大学の…ってことだったんですね。
今回は予習もそこそこにしかしてなかったので、完全な早とちり。(^▽^;)笑
で、安藤も一方的に希美に好意を寄せていたことが分かり。
そしてどんどん増える『N』だった訳ですが、ここにきてまさかの“野バラ荘”の『N』。
てっきり名前の頭文字からの『N』だと思い込んでたので、意外でしたわ~。
もしかして、ここから野口夫妻の殺人事件へと繋がるということなのかな。
偶然同じアパートに住んでいた西崎も加わり、3人が出会った。
あ!大家さんは野原さん。
やっぱり『N』だらけ。笑

奨学金が決まって一足お先に成瀬が島を出て行ったけど、希美のシャーペンノック5回は素直に「おめでとう」だったと思いますよ。
なのに罪悪感アリアリの成瀬は「バカヤロウ」とか「卑怯者」と受け取ったようです。(^_^;)
最後の最後、島を出るフェリーにギリギリ見送りにきた希美の姿を見て、それが誤解だと分かった…と思いたいですけど。
その後、希美も大学へ行く道を必死で探してたけど、ことごとく邪魔をする母親。
勝手に部屋へ入って大学の書類を見つけてビリビリに破るわ、軽い軟禁状態にまで追い込むなんて…。
でも希美は負けなかった。
みんなの前で大学資金を頼み込みとか、考えましたね。
うん、もう土下座は散々やらされてるから慣れてますもん。(^_^;)
母親がそれからどうなったか描かれてなかったけど、相変わらずの感じなんでしょうな。

そういえば高野の奥さん・夏恵は火事の気道熱傷で声を失った訳ではなく、心因性のものらしい。
ということは、火事場に飛び込んだ時に偶然ショックなことを見てしまったとか?
夫にも言えないぐらだから、きっと余程の事なのでしょう。
高野が退職になってまで執拗に事件の真相を追ってるのは、そんな奥さんの為に…ということもあるかも知れません。

“野バラ荘”まで突き止めたものの、大家さんには話をはぐらかされ、希美の職場へ電話を掛けるも退職した後。
今のご時世、個人情報の壁で居場所も確認できない訳ですね。
一旦振り出しに戻った感はありますが、ここで終わらせる訳にはいきません。

希美は今も多めに料理を作ってることとか、あの島や母親から逃れられたとはいえ、まだまだ傷は深そうです…。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Nのために」 第2話
希美の母親は相変わらずだし、父親は非道のまま、成瀬の家も経営不振で手放すことが決まり、母親も家を出て行ったことで、また二人の距離が一段と近づいた訳ですな。
決定的だったのは、放火事件。
今の自分の境遇に絶望した希美が、実家に火をつけようとしたことは止めさせたのに…。
希美は咄嗟に成瀬を庇い、これがまた成瀬にとっては彼女への気持ちを加速させることになったけど、相変わらず希美にはそんな気持ちは無さそうな。
彼女にとって成瀬の存在は一番何でも話せる友人程度なのか、それとも本当は…?
また窪田君が、無茶苦茶切ないイイ表情する訳ですよ~。
これだけで、ご飯3杯は行けそう。笑 ←
高野は放火の現場に落ちていたライターのオイル缶を見たものの、それ以上の追及はしなかったようです。

しかし家庭の環境せいで、子供の人生が左右される不幸に胸が締め付けられる思いをしながら…。
話はかなり極端だけど、凄く共感させられる部分もあって、もう高校生の希美と成瀬のシーンだけで涙腺が緩みますもん。
パブロフの犬状態です。(^_^;)

さて、現代に戻り…。
高野は海外赴任から戻ってきた安藤望と対面。
殆ど出てなかった気がするけど、彼と希美は同級生のようですね。
野口が亡くなったことで、代わりに出世コースへ…。
現場に居合わせたのは偶然で、不自然に見える行動は自分も大切な「Nのために」…だったと証言。
安藤から高野のことを聞き、勤めてる会社まで辞めようとする希美には驚いたけど、きっとそれだけの理由があるってことですよね。
今の希美の両親がどうなってるのかも、ちょっと気になるところ。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「Nのために」 第1話
原作が湊かなえさんだけあって、やっぱり重い…
でもぐいぐい惹き込まれる…そんな初回でございました。

冒頭はセレブ夫婦の殺人現場。
セレブ夫婦の奥様が小西真奈美さんは良いとして、旦那さんが徳井さんて!笑
もうそこからツッコミを入れずにはいられなかったけど、事件が事件だけにそんなことはすぐに吹っ飛びました。
逮捕されたのは奥さんと不倫関係にあった西崎真人(小出恵介さん)。
他に杉下希美(榮倉奈々さん)、成瀬慎司(窪田正孝さん)、安藤望(賀来賢人さん)の3人が現場に居合わせてたようですが、西崎が弁護士に話した「Nのために…」という言葉が事件の謎を解くキーワードになる訳ですね。
あ、もちろんタイトル!(*¯m¯)
4人それぞれの名前のイニシャルに『N』の文字が入ってるもんだから、ドラマを観ながら色々と推理していかなければならないらしい。

実は15年前のある事件にも希美と成瀬が現場に居合わせていたらしく、そこに引っかかる元警察官の高野(三浦友和さん)。
初回では高野が香川の島の駐在所勤務だった頃のお話へ…。
もう、光石研さん演じるお父さんが悪いのなんの~笑
つい最近たまたま観た映画でもとんでもない親父さんだったし、穏やかそうに見えるお顔立ちの光石さんだからこその“怖さ”があるんですよね。
愛人を連れ帰った父・晋(光石研さん)は、妻と子供二人を家から追い出し、そのまま愛人と堂々と暮らすことになり。
まぁ、小さな島だからあっという間に噂は広がりますわね~(^_^;)
最初は気丈にしていた母・早苗(山本未來さん)も、現実を受け入れられずに精神を病んでしまったようです。
根がお嬢様育ちで気位が高いせいか、晋が振り込んだ生活費で高級化粧品を買ったり、コート、アクセサリー…と、娘の希美を振り回す始末。
食べ盛りの弟・洋介(葉山奨之さん)もいて、困り果てた希美は父親の元へお金を借りに行ったものの、出張で不在。
応対した愛人の由妃(柴本幸さん)も、食料を恵んでやる代わりに高校生の娘に土下座させるとか相当な女ですわ。
しかし母親とは違って、料理の腕はなかなからしい…。
晋が帰ってくる日、早苗が嬉しそうに好物の「カキフライ」を揚げてた残りがチラッと映った時に、どうも雑に見えたのは気のせいじゃなかったんですね。
最初はとんでもない男に見えていた晋も、何だかその理由も妙にじわじわと納得させられたというか。

一方、同級生の成瀬も実家が営む料亭の経営が思わしくないようで…。
そんな成瀬と希美が、お互いの境遇から急速に友情を深めていく訳ですね。
いや、成瀬の方は希美に好意を寄せているようですけど…。
榮倉さんも窪田君も、まだまだ高校生役も大丈夫。笑

そして高野の話では、今は二人とも所在が分からないようで…。
彼の目を通して、ストーリーが進んでいく展開になるのかな。
セレブ夫婦殺人事件の真相や、15年前の事件の全容もまだ謎のまま。
原作は未読の為、全く結末は分かりません。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク