「カルテット」 第5話
ガチャガチャ…とマンションの鍵を開ける人物。
結局鏡子だった訳ですが、あの手慣れた感じからすると、真紀の留守中にしょっちゅうあんな風にやってきては家捜ししてたのでしょう。
恐ろしい…(;´∀`)
それでも何事もなかったかのように、マッサージをしてあげる真紀。
お嫁さんの鑑ですやん。
私には絶対できない。笑

さて、真紀に嘘をつき続けることが辛くなったすずめは鏡子に話そうとするも、「あなたはもう要らないの…」と軽く突き放されてしまう。
どうやら代わりに有朱を送り込んできたようですが、もうTV前で冷や汗かくぐらいのグイグイ加減で…(^_^;)
どんな風に育てたら、あんな仕上がりになるのか?って程、困惑しましたわ~。
すずめの言葉をかき消しながら、有朱の全ての質問がド真ん中の直球勝負でしたしね。
で、結局そのドサクサで真紀にボイスレコーダーの存在が知れてしまい…
「私たちは真紀さんの味方ですから…」なんて有朱ちゃんたら、どの口が言う。(^▽^;)アハハ

そして居た堪れなくなって飛び出したすずめが、とある場所の階段でぶつかった人物。
まさかの真紀の夫って!
偶然にも程があるけど、それがまたクドカンさんだった…ってことで、全てチャラです!笑
うん、失踪しそう~。←
絶妙なキャスティングです♪
そういえば、高橋一生さんを初めてお見かけしたのが何かのドラマで、クドカンさんのご本人みたいな役だった気がするんだけど、タイトルが思い出せない~笑
あの時はソックリだと思ったけど、今見たら全然違うのに、何でだろ…。(* ̄m ̄)ププッ

1年経っても待ち続けるってことは、真紀はまた夫さんが戻ってくると思ってるからなんですよね。
ラブラドールに噛まれた手といい、ユニクロの袋をカバン代わりに持って身軽だった夫さんがめちゃ気になるところですわ。
次回へ続く展開の止めどころが、毎回ホント上手いな~。
コスプレのエピソードも、家森さんの割烹着バイトの話も一気に吹き飛んでしまいましたやん。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「カルテット」 第4話
今回明るみになった家森の過去…。
あの取り立て屋風の男たちはてっきりそちら方面の危ない人たちと思いきや、彼らが捜していた女性は家森の元妻だったとは~。
しかもかなり個性的な奥さん。(;´∀`)アハハ
この意外な展開、めちゃくちゃ面白かったですよ♪
まぁ、その後にまた涙腺が緩む展開になる訳ですが…
どうも一生さんに対する坂元さんのイメージは、離婚歴、別れた元妻と子供をひたすら想い続けるような、哀しくも心優しい男…という、「いつ恋」の佐引さんに引き続き、もしかして同一人物ですか?と思ってしまう感じのキャラなんですね。
それがまた、一生さんにハマると申しますか…。
しかし家族の元サヤを願うも、結局叶わず。
最初で最後の親子共演に、思わず涙涙でした。

さて、その家森が真紀に近づいたり理由がまた衝撃的でして~
実は真紀の夫とは入院先の病院で同じ病室だったらしく、あの時の怪我は誤ってベランダから転落したのではなく、妻に突き落とされた…と聞かされていて、お金を強請るつもりだったらしい。(◎_◎;)
すずめが真紀を信じる…とお姑さんに宣言した後だったので、更にその驚きたるや…
やはりカラオケBOXでの偶然の出会いは、3人とも必然だった訳ですな。
観てる方も、真紀は全然悪い女とは違いますやん~と思い始めていたのでビックリですよ。
グレーどころか、今回は真っ黒。笑

そうこうしてるうちに、ゴミ問題で別府とマンションに戻っていた真紀たちのところに、誰かがガチャガチャとドアの鍵を開けてる!
わぁ~っ!えっ?えっ?だっ、誰??
はい、次回につづく…
うそ~ん。(^▽^;)アハハ

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「カルテット」 第3話
今回はすずめのお話…
やっぱり満島さんは、ちょっと陰のある役がハマるというか。
何処か掴みどころのない雰囲気には、そんな辛い過去を背負って生きてきたからだったのね…と納得させられました。
子供だった彼女は、親の言うことに素直に従っていたら、その後の人生を狂わされてしまう羽目に。
血の繋がった家族…
真紀が初回で言っていた「夫婦って、唯一別れられる家族…」という台詞が、今更ながらに心に突き刺さってきますわ。
彼女だからこそ、亡くなった父親には会わずにこのまま戻ろう…という言葉が言えたのかなと。
かつ丼食べてるシーンで、まさか泣かされるとは思いませんでしたよ。
お蕎麦屋さんでかつ丼注文?とか、ここで稲川淳二さん?とか、そんなことは全部吹っ飛ぶくらいの台詞の応酬…
坂元さん、お見事でした。
4人が織りなすストーリー展開…かと思いきや、その彼らの後ろに見え隠れするそれぞれの家族の影。
色んな思いが交差して複雑になればなるほど、根っ子にあるシンプルな部分をチラ見させられてしまうような…。
で、てっきりすずめは家森だと思ってたけど、別府なんです?
そっちは益々分からなくなってきた~。笑
分からないといえば、有朱ちゃんキャラもですけどね…ww

さて、いよいよ次回は家森さんですよ!
取り立て屋さん風だと思い込んでいた男たちは、ある女性を捜しているらしい。
それがどうやら家森に関係しているらしく、布団&ガムテでグルグル巻きにされてた一生さんの姿にミゾミゾさせられてしまったことは内緒です。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「カルテット」 第1、2話
諸事情により、レビューは2話まとめて…
一番楽しみにしていたドラマですが、先週末はお察しの通り某所へ遠征に行ってまして~笑
そのままどっぷり余韻に浸っていたら、あっという間に月日が経ってました。(^_^;)
さて、本題に…

最初はラブサスペンス??って思ったけど、登場人物それぞれに「謎」が隠されていて、そっちも気になりますわ。
とりあえずすずめ(満島ひかりさん)が真紀(松たか子さん)に偶然を装って近づいたのは、彼女の夫の母親から依頼されてのこと。
「何処でも寝られる」特技は、テーブルの下で録音するためにセットしていたからと後に気づかされる。
結構頻繁に会って報告したり、指示を受けたり…
真紀の夫は失踪したことになっているけど、殺されたんじゃないか?と母親は疑ってる訳ですね。
でも真紀の様子を見てると嘘をついていないような気がするけど、彼女もなかなかしたたかな性格なところは所々に垣間見えるので、そこはまだグレーで残しておくww

そして別府(松田龍平さん)は実は学生時代から真紀を知っていて、一目惚れだった。
そこから結婚するところまで見届けてしまって、陰でストーカーチックに追い続けた挙句今日に至る…
会社では心を許せる女友達的な存在の同僚がいて、彼女が結婚すると知るや否やあんなことになってしまってww
前フリはあったけど、あ~男の人ってそうなのね…と妙に納得してしまいましたわ。
夜明けのサッポロ一番のくだりでは、お相手の女性があまりにもドライ過ぎるな~って思ったけど、そんなものなのかな。
そんな間際で波風立てたところで、色々と面倒臭いですもん。←

後は家森(高橋一生さん)ですね。
すずめや別府と同じように、あのカラオケボックスに偶然に居合わせたとは思えないので、理由が気になりますわ。
時々、怪しい取り立て屋風の男たちが登場していたので、そっち方面でしょうかね。
それがどうやって繋がるのか、全く予想がつきませんが…
まだ彼だけは色々と謎に包まれたままなので、次回には明かされるのかな?

・・・って、今はこんなところでしょうかね~。
結構4人の会話のやり取りシーンが多くて、それが食べ物に関してだったりしてちょっと面白い。
ラブサスペンスといっても重い空気感は殆どなく、それがまた余計に興味をそそるかも。
ドラマは好きか嫌いにハッキリ分かれそうですけど。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
TB&コメント大歓迎♪
相変わらずのバタバタモードのため、コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク