FC2ブログ
「イノセント・ラヴ」 第5話
今回も“ツッコミどころ”が、そこかしこに(笑) 
このドラマはストーリーを追うより、そっちを探す方が楽しいかも…オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )

残業中の池田を、耀司が背後から金槌で…といっても、「石頭」な池田は数日の入院で無事に退院。
それどころか、佳音が治療に通っていた長野の「山本心療内科」へ彼女を連れて行き、医師を使って思い出せない過去の記憶を無理やり…って、怪我をさせられた代償にしても程がありますわ~(^_^;)
おまけに守秘義務も守れない山本医師。(゜-゜)ウーン
先回りした耀司はお得意の不法侵入(笑)で、病院から当時のカルテを盗み出して燃やしたのに、これは無駄な努力になってしまいましたね。(^-^;A
で、横浜に戻った耀司は、鉄工所で知り合った卓夫(浅利陽介さん)に匿ってもらうのでした。
あれだけ虐めてたのに…?卓夫、案外イイ奴やん(笑)

一方、耀司が起こした襲撃事件でマスコミから取材攻撃を受ける佳音。
アパートに押しかけたり、電話で取材の申し込みがあったり…と、スクープを撮ろうと躍起になってた割りには、取材拒否を続ける佳音に諦めて、あっさり帰り支度です(笑)
レストランにも姿を見せず、連絡も取れなくなった佳音を心配した殉也が昂から住所を聞きだし、アパートを訪ねてきた…というのに、全く気づきません。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
それどころか、アパートに刑事が張り込んでる風でもなく…。
捕まえる気、あるんかいな?(^▽^;)アハハ
結局、耀司は後に自首してましたが…。

ところで、佳音の思い出せない記憶は事件の1年前にまで遡るものの、肝心なところになると過呼吸状態に…。
すぐに思い出す人もいれば、一生かかっても思い出せない人もいる…と山本医師(山本圭さん)が話してたところを見ると、もしかして初めから池田の前では思い出させる気は無かったとか?
いや、このドラマはそこまで奥は深く無いか。(^-^;A
そして横浜に帰る途中の車内で、池田が入手した家族写真を見せた途端、佳音は車から逃げ出してしまってましたけど、車はちゃんと止まってて良かった(笑)
でも森の中を池田に追いかけられた佳音が、何やら“過去”を断片的に思い出したらしく…。
「何かされたのか?親父か?兄貴か?」
佳音は、池田に何らかのヒントを与えてしまった模様…(^_^;)

ところが横浜に戻った佳音が部屋で血のついた耀司のシャツを見つけて、とうとう事件当日のことを思い出してしまったようです。
そこには部屋で倒れている両親の前で、血のついたナイフを手にしている耀司。
丁度タイミング良く、バイトに現われなかった佳音を心配した殉也が訪ねてきて、鍵のかかっていなかったドアからそっと中へ…って、殉也まで不法侵入ですやん(笑)
殉也は部屋の隅に蹲っている佳音を見つけ、「耀司が両親を殺した…」と肩を震わせて泣いている彼女をそっと不自然に(笑)抱きしめるのでした。

そこにいつの間にか土足で入って来ていた耀司。\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
も、もしや殉也も“金槌”で一発?と思いきや、「よく思い出したな」といって微笑み、「これ以上何も思い出すな」と言い残して部屋を飛び出して行ってしまいました。
で、踏切の遮断機が邪魔をして、耀司の姿を見失う…ドラマの定番(笑)
でも耀司の言葉と表情から察するに、彼は両親を殺して無さそうな気がするんですが…。
となると、やはり佳音を庇って?
しかし13歳の少女の力で、そんなことが出来るのか?ってことですよね。
いやいや、このドラマに“不可能”はありません(笑)

佳音の『救いの手』となった殉也は、彼女を家に連れ帰って泊めていましたが、あれだけ広い家でソファーか?(≧∇≦)ノ彡バンバン!
真希ちゃんが小っちゃくて良かった(笑)
そんな二人がほのぼのしている中、その姿を見届けたかのように聖花の命が静かに終わりを迎えていましたよ。
機械がキンコンキンコン鳴ってるのに、聖花の異変に全く気づかないって、どないやねん!(^▽^;)アハハ
予告では辛うじて一命を取り留めていた風なので、ホッとしたようなしないような…。
そして結婚式前日に自殺を図った理由が、とうとう明かされる?
きっとその『理由』も強引なんでしょうね~(笑)(; ̄ー ̄A アセアセ・・・






ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : イノセントラブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「イノセント・ラヴ」 第4話
またしても“昭和”な展開の数々…(笑)
そして今回ほど、聖花の目が開いててくれて良かった~!と思った回はありませんでした。(^^ゞ

少年刑務所を仮釈放された耀司は、保護司の松下から紹介された工場で働くことになったのですが、ここでまたお約束の意地悪キャラ・卓夫(浅利陽介さん)や大家さんが登場する訳ですな(笑)
卓夫は工場内ではもちろんのこと、家にまで押しかけて怪しい薬を売りつけようとしたり、耀司が両親を殺したと知ってからかった…とはいえ、電気ドリルを突きつけてはいけません。(^_^;)
せっかく仮釈放されたのに、このままではまた戻らなければならないことになるかも…。
で、そんなお兄ちゃんの為に、社長さんに一生懸命頭を下げて謝罪する佳音。
そんな妹の姿を見て、改心したのかと思ったんですけどね~(^▽^;)アハハ

その日は、聖花の誕生日パーティーを開くことになっていて、昂はドタキャン。
美月も佳音の存在を知って、ネットで耀司の事件について調べてるし(あんなあからさまなHPって:汗)…ってことで、結局佳音だけが駆けつけた形になったのですが、それにしてもあんなに激走りだったのに、ちょっと崩れただけだったケーキ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
そんな佳音と殉也が、仲良く寄り添ってるように見えちゃったんですかね~。
ガラス窓に映った耀司の形相は、完全にホラー!{{(>_<)}} ギャー
翌日にはホームセンターらしきお店で、早速“金槌”をご購入です。(^-^;A

一方、殉也の紹介でピアノバーで働き始めた佳音。
そこへ昂の“元カレ”らしき男性・ユキオ(中村倫也さん)がやって来たことで、彼の「ゲイ疑惑」は確信へ…。(^^ゞ
おまけに、昂はなぜか耀司のことを知っていて、交換条件としてお互いの秘密ということになりました。
佳音は殉也に両親が亡くなっていることは告白したものの、とっさに兄・耀司の存在は内緒にしてしまっていて、後日ハラハラする展開が訪れる訳です。

ある日、横浜の中華街や遊園地など、有名どころへと出かけた二人。
そこで家族の思い出話をしようとして、途端にフラッシュバックです。(^-^;A
過呼吸状態の佳音を、必死に落ち着かせようとする耀司。
・・・・というところで、カメラが二人の周りを必要以上にグルグルグルグル~!
目が回るかと思いましたわい(笑)
でも池田が、事件後に佳音がPTSDで精神科に通院していた過去を突き止めてたようですし、子供の頃の佳音がある男から森の中を必死に逃げ惑う→お兄ちゃんがその男をメッタ打ち…という夢を見ていたところを想像するに、どうも意図的に記憶のすり替えがありそうな予感。
耀司のお陰で無事に正気の戻ることは出来たものの、その後に街で偶然見かけた殉也。
何か洋服を選んでいる様子だったのですが、「ここから値下げ!」のところから探してましたよ~(^.^)
意外と、倹約家?(笑)
そこで耀司の存在を隠していた佳音が、危うくバレそうになる…ってところで、殉也が店内に入ってくれて助かりました。ヽ(´ー`)ノ ふぅ~

ところが聖花の誕生日の翌日、耀司は開いている玄関のドアから、難なく殉也の家に入り込み(さすが兄妹やね:笑)、殉也の後ろから“金槌”を振り下ろそう…というところで、洗髪中の聖花と目が合ってしまい、諦めてしまう訳です。
そうか!“目”はこの為だったのか!(違)(≧∇≦)ノ彡バンバン!

しかしここで終わらせる耀司ではありません。
今度は残業中の池田の下へと出向き、PCで記事を作成中の彼の背後から一気に…(/_;)/アレー
ディスプレーに映った耀司が、怖いの何のって~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
その後、記事を消去していましたが、池田が亡くなってしまったかどうかはまだ判らないので、まだまだ油断は出来ません。
ところで記事には「佳音は…」なんて、実名で書かれてたような気がするんですけど、この場合、仮名にすべきですよね?
もう少し常識のある記者さんだと思ってたので、ちょっと池田の見方が変わりましたわ。(^-^;A

そして耀司の存在を知った美月に、「何も言わずに消えて欲しい。」と言われた佳音。
聖花という大きな十字架を背負っている殉也に、これ以上余計なものを背負わせたくない…という気持ちは解りますが、「あなたの存在で汚して欲しくない」って、君は何様だ?ってことですよ。(^_^;)
掃除の日に行かなかった佳音は、教会で子どもたちを送り出していた殉也と目が合い、約束どおり(笑)何も言わずに立ち去るのでした。
・・・・って、それじゃ余計に気になりますやん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : イノセントラブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「イノセント・ラブ」 第3話
しかし、今回もツッコミどころ満載でしたわ~(≧∇≦)ノ彡バンバン!

前回、ピアノを弾く殉也の隣に寄り添う女性・聖花の姿を見てしまった佳音ですが、とりあえず何事も無かったように掃除にやって来てました。
でもさすがに気になったのか?アルバムは勝手にチェック!(笑)

一方、最近の聖花の様子から、医師に再び精密検査を依頼した殉也。
ところが結果は回復の兆しは無く、笑ったように見えた表情も無意識の反射だったらしい。
一喜一憂して振り回される殉也を、聖花から解放するのためだったのか?
それとも嫉妬?
今回は昂が2度も聖花のチューブ類を外してました。(^_^;)
そこへ2度とも居合わせてしまう佳音…って(笑)
おまけにまた無言で立ち去るもんだから、殉也に疑われてしまう訳ですよ。
とりあえず、あっさり昂が認めてくれたからすぐに疑いは晴れたものの…。

しかし、殉也ったら救急救命士や医師もビックリの蘇生成功ですやん♪
手動の呼吸器も慣れた手つきだったし、お医者さんを呼ぶより早い(笑)
でも前回のピアノのシーンでは、聖花のチューブは付いてなかったような?
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)
そして、あれだけ『開かずの間』で軟禁状態だった聖花を、佳音の前であっさり日に当ててるし…(^▽^;)アハハ
お約束で、目は開けたまま~ぎゃははははははは _(__)ノ彡☆ばんばん!
ま、もう今回のことで聖花の存在は佳音に知られてますし、殺人未遂の疑いも晴れてるし、それだけ殉也が気を許してくれたってことで、ウエイトレスの仕事を紹介までしてもらえて、また佳音が勘違いするのも時間の問題かな。(^-^;A
今のところは「あなたに幸せになって欲しいから、祈ります。いつかあの人の目が覚めるように…」というところで気持ちを抑えているようですが、ストーカーですからいつ豹変するか(笑)

で、今回少し明るみになったのが事件当日のこと。
池田の取材を受けて、佳音はその日の出来事を思い出そうとして…思い出せない?
しかも断片的に浮かんでくるのは、自分に手を掛けようとした父親(?)の姿。
どうやら14年前の両親の死と兄の放火は、佳音に関係しているっぽいですわ。
殉也から仕事を解雇されそうになったのは、自分の素性を知ったから…と思い込んだ佳音は、面会した耀司をつい責めてしまったようですが、そんなことより彼にとっては佳音が事件当日の出来事を思い出さないようにすることの方が大事みたい。

保護司・松本のお陰で出所後の就職先も決まり、無事に仮出所した耀司が真っ先に電話をしたのが池田。
「これ以上妹の周りをうろついたらおまえを殺す!」とはまた、物騒な。
ていうか、これって予告では教会で殉也を睨みつけているシーンでの台詞でしたよ?(^_^;)
佳音の部屋で、一緒に写っていた写真とパンフレットを見つけて、殉也が教会に居ると判ったのもミラクルでしたが。(≧∇≦)ノ彡バンバン!
お兄ちゃん、横浜の地理にも詳しかったのか~(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : イノセントラブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「イノセント・ラヴ」 第2話
もう怖いわ~、めっちゃ怖いわ~{{(>_<)}} ブルブル...
このドラマって、ホラーでしたっけ?(笑)

今度もまた偽名を使い、別の清掃会社の派遣清掃員として働き始めた佳音。
その帰り道、“ストーカー・佳音”(勝手に命名:笑)は、つい殉也の家に足が向いてしまう訳ですな~。(^_^;)
そして派遣先の駅で、ハンカチも拾ってしまう訳ですな~(笑)
そのハンカチを届けようとして、いつものように(笑)殉也の家に来た佳音。
そこには施設からの呼び出し電話を受けた春江が、仕事をまた途中で放り出し、鍵も掛け忘れて…というところで、その隙に佳音が勝手に入ってしまったじゃないですかっ!
立派な不法侵入やん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
たまたまやって来た昂に危うく警察に通報されそうになったようですが(当たり前やん)、そのまま無言で逃げるか~(/_;)/アレー

ところが、殉也は佳音を再び清掃員として雇ってくれるわけですよ。
なぜに?
…と思ってたら、植物状態の聖花が久しぶりに笑ったらしく、これはきっと佳音のお陰だ!ということになったみたいですね。
そうとも知らず、これはチャンスだと素直に喜ぶ佳音。
さすが、ストーカー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そして冷蔵庫を勝手に開けて、サンドイッチを作り、ストーカー佳音の本領を発揮(笑)
殉也の本心も知らず、ピアノで一緒に聖歌を歌ながらドキドキする佳音。
その音を聞いたせいか定かではありませんが、今度は聖花がまばたきを…。
ていうか、怖いです。
はっきり言って、かなり怖いです~(^_^;)

しかし、殉也の態度もちょっと思わせぶりなんですもん。
グランドピアノのオルゴールのお礼に…と、小さなオルゴールを渡したり、サンドイッチも美味しかったと褒めてくれたり。
佳音が有頂天になるのも、仕方がありません。(^-^;A
昂から“大切な人”(聖花)の存在を聞かされた佳音ですが、「今は一人ぼっちだ」って言われたら、そのままの言葉で受け取ってしまいますわね。
で、そんな昂はやっぱり殉也のことが好き?
今回は聖花に繋がれてるチューブをこっそり外そうとしたり、3人で写っている写真の中の聖花を隠したり…と、意味深なシーンがありました。

そして一番怖かったのが最後のシーン。
殉也が植物状態の聖花を抱きかかえて、ピアノの前で自分の横に座らせ…って、あんな状態で後ろに倒れたり、ずり落ちなかったが一番ホラー!(≧∇≦)ノ彡バンバン!
目も開きっぱなし…\( ><)シ ぎょぇぇぇっ
そんな二人をカーテーンの隙間から覗いてしまった佳音。
彼女には寄り添う二人…にしか見えなくて、殉也に食べてもらおうと持って来たサンドイッチは彼女の心のように落っこちてバッラバラ。
3秒ルールで、すぐなら食べても大丈夫(笑)Σ\( ̄ー ̄;)ナンデヤネン

そして前回佳音が恋をしていると知って、大暴れした耀司。
面会にやって来た雑誌記者の池田には、「放火はしたが、両親を殺してはいない…」と言ってましたね。
ということは、犯人は他に?
クリスマスイブのシチュエーションといい、つい「眠れる森」を思い出してしまいましたわ。(^^ゞ
池田は佳音や耀司にとって敵か?味方か?まだまだ謎ですが、チョコパを注文してたところを見ると、そんなに悪い人でもないような?(←単純:笑)
そしていよいよ耀司が仮釈放されるみたいですね。
予告で殉也を睨みつけて「お前を殺す!!」とか、物騒な台詞もあって、益々ホラー街道まっしぐらです~(; ̄ー ̄A アセアセ・・・






ポチッと押してくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : イノセント・ラヴ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「イノセント・ラヴ」 第1話
う~ん。何だか展開が分っかりやすい、昭和の香りがするドラマでしたわ~。
でも妙に落ち着くのは、気のせい?(笑)

主人公・佳音(堀北真希さん)は6年前のクリスマスイブ、両親が惨殺された上、家が放火される…という悲劇に遭い、しかも後に逮捕されたのが、自分を助けてくれた、5歳年上の兄・耀司(福士誠治さん)。
今は少年刑務所に服役中…。

坊主頭が似合ってる、“昭和”な福士さん…(^^ゞ
回想シーンでは明らかに“カツラ”!(笑)
同じ刑務所で耀司をいじめる服役囚・山田親太郎君もいましたが、相変わらず悪キャラ。
男前だから、意地悪役がハマりますね。

19歳になった佳音は小さな喫茶店でアルバイトをしていたのですが、ある日客の一人から過去の事件を聞かされた経営者・由香里(須藤理彩さん)が、彼女をクビに。
断り方はやんわりしてたけど、かなりあからさまでしたわ。(^-^;A
家のドアにも中傷ビラがでっかく貼られてて、居場所を失った佳音は耀司に内緒で横浜へ行く決心を…。

・・・と、ここでも真希ちゃんの“つけ毛”バレバレロングヘア~が気になって気になって~(笑)

横浜の昭和チックなアパート(笑)で暮し始めた佳音は、偽名を使って清掃会社でアルバイトを始めたのですが、先輩おばちゃんの春江(宮崎美子さん)も感心するほどの働きぶり。
でも春江はどうやら、派遣先の家から度々お金を盗んでいたらしい。
ある日、少年犯罪を取材しているという雑誌記者・池田(豊原功補さん)が会社まで取材で押しかけてきたことで偽名を使っていることがバレ、春江からは盗人の濡れ衣まで着せられてしまいました。
春江が愚痴をこぼしていた“茶髪のねぇちゃん”も、きっと彼女のせいで辞めさせられたんでしょうね。(^_^;)
こちらも、あっという間に解雇。

で、可哀想さ満載の佳音ですが、いくら“人が笑ってる顔”が好きだからって、勝手に他人の写真を撮っちゃいかんでしょう。
これって、立派な盗撮やん。(^-^;A
挙句の果てに、派遣先の音楽家・殉也(北川悠仁さん)の家で、勝手にアルバムを見るわ、その中の一枚を拝借しようとするわで、一歩間違えば犯罪ですわ。(^▽^;)アハハ
でも殉也が優しい人キャラで良かった。
佳音から理由を聞いて、一緒に写真を撮ってくれるなんぞ、ドラマの中でしかありえませんて(笑)

その殉也はかつてCM曲を手がけたり幅広く活躍していた音楽家のようですが、今は教会で子ども聖歌隊を率いる傍ら、ピアノバーでバイトをしたり…という生活。
きっとあの豪邸は、その時に買ったんでしょう(笑)
で、恋人・聖花(内田有紀さん)にベタ惚れ…の割には、なかなか登場しないのが気になってたんですけど、最後の最後、やっとその意味が判りました!
実は、聖花は『開かずの部屋』で植物状態…っていうか、あんな状態で一人で“留守番”させてて、もしも急変したらどないするねん!(^_^;)
鍵までかけてたってことは、ちょっとした軟禁状態?(笑)
彼女がどうしてこんな姿になってしまったのか?…は、この先気になるところです。

そして殉也の大学時代の同級生で親友の昂(成宮寛貴さん)ですが、船上パーティーシーンの台詞や、態度の端々に「もしかして殉也のことが好きなんじゃ?」と思わせるんですけど?
でもこの二人なら、何だかイケそうな気がするぅ~♪(笑)チャウヤロ! (≧∇≦)/☆(.. )
殉也の幼馴染み・美月(香椎由宇さん)も、好意を寄せているみたいだし、めちゃモテモテな殉也。
もちろん、佳音も殆ど一目惚れですやん。
写真の一件や、悲しみのどん底から救ってくれたパイプオルガンの音色に、勝手に恋心を抱き、クリスマスイブにプレゼントを持って押しかけて…?
ちょっとストーカーチック!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そんな佳音から「好きな人が出来た」と告白されたお兄ちゃん・耀司は、その夜刑務所で大暴れをするのでした…って、もしかして血の繋がらない兄妹とか、そういう設定?
うわ~。何かツッコミどころが満載で嬉しい♪(≧∇≦)ノ彡バンバン!




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : イノセントラブ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク