FC2ブログ
「銭ゲバ」 第4話
茜から結婚したいとせがまれた風太郎ですが、ここですんなり乗っかる訳にはいきません。
育ってきた環境や、家柄の違いを並べ、「僕は…自分の世界に戻ります」とあくまでも謙虚な風太郎。
「家を出て…」と言った茜にも、「貧乏の辛さが分かっていない!」と一蹴。
そう、風太郎には思惑がありました。
一度三國家を出て、もっと信頼を得てから…と用意周到ですわ。

「金持ちは従順で、身の程を知った貧乏人が好きなんだ…。」
塀の外で不敵な笑みを浮かべながら、一人呟いた風太郎はそのまま三國家から立ち去りました。
「拍子抜けした…」
そのあまりの潔さに、譲次は風太郎の思うツボのハマっています。(^-^;A

そして以前の生活に戻った風太郎。
毎日毎日、来る日も来る日もタイムカードを押して、単調な仕事を続ける日々…。
そのうち、刺された足の傷も治り…と、長い月日の流れを上手く表現してましたね。
ところがいつまで経っても三國家の人々からは何の音沙汰もなく、イラつきだした風太郎。
緑♪…と思ったら、事務員さんだったり。(^_^;)
数日後、待ちに待った緑が風太郎のところへとやって来たのですが、茜が悲観して手首を切り、自殺を図ったらしい。
「三國家に帰って来て下さい。お願いします。父も認めています…。」
心の中でガッツポーズの風太郎は、堪えきれず思わずニヤリ。(^▽^;)アハハ

三國家に戻り、わざわざ譲次や緑の前で「ごめんね…」と茜を抱きしめる風太郎。
観てる方は風太郎の行動が「わざとらしい~(^_^;)」という感じなのですが、何も知らない三國家の人々はそれがまた純粋に映るんでしょうかね。
風太郎と茜の結婚の準備が着々と進む中、突然現れたのが風太郎の父・健蔵。
う~、お金の匂いには人一倍敏感な男…といったところでしょうか。(^▽^;)アハハ
茜との結婚を聞かされ、三國家の人々と談笑しながらも、ちゃっかり高いお酒を飲ませてもらったりして、最後は泊まっていく…と。
緑にトイレを案内してもらい、風太郎へのフォローも忘れません。

2人になった風太郎は「あの時、殺せばよかった…」と後悔しながら、健蔵の言動に嫌悪感を抱く。
しかしやっぱり親子なんでしょうかね~。
金持ちに対する考え方や憎しみの感じ方が、全く同じなんですもん。(^_^;)
それがまた余計に風太郎をイラつかせたというか…。
今まで苦労して貯めたお金を取り出し、札束を健蔵に放り投げた風太郎。
「このお金を持って、どこかへ消えろ!これは警告だ!」と冷たく言い放つ。
そんなやりとりの後、眠りにつこうとした健蔵が、窓の外で家政婦の春子が慌てて走って来る様子を見かけて、何かを感じ取っていたようです。

夜、ゴミを出しに出た春子は、土中からの携帯の着信音に気づき、その場所を掘りかえしてみる…と、そこには人の指が見えて。\( ><)シ ギャー
ま、ここで長い期間が経った割には携帯の充電がえらい長持ちしたのね~とか、雨とか降らなかったの?とか、白川の両親は捜索願を出してなかったの?とか、そういう諸々のツッコミは無し(笑)
\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ

翌朝、健蔵は姿を消していて、またいつもの日常に戻った風太郎でしたが、仕事中に怒鳴られている工員・枝野良夫(柄本時生さん)を助けたことがきっかけで、また次回に繋がっていたようですね。
思わぬところで、イイ感じに使えそうな予感(笑)Σ\( ̄ー ̄;)コラコラ
それにしても、お父さんの柄本明さんにソックリ!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そんな時、伊豆屋にふらっと現れた由香の兄・真一(松山ケンイチさん・二役)がまた、調子の良さそうな感じの男でしたわ~(^_^;)
いつも暗~いケンイチ君ばかり見ているので、ちょっと新鮮でしたけど(笑)
で、彼は怪しげな「コインパーキング型ラブホテル」の投資とやらに、保彦たちからお金を借りて、とっとと帰って行きました。
そこへ入れ替わるかのように店へ入ってきた風太郎。
保彦たちが「なけなしの金を持って行かれたが、お天道様は見ている。大事なのは金じゃない、心だ…」と明るく話す様子に、ある思いが湧き上がってしまったようです。
注文したベラの煮付け定食もそこそこに店を出た風太郎は、封筒に入れたお金をわざと玄関前に置いて、陰から様子を伺います。
「使えよ、そのお金。所詮銭ズラ…」
ところが、保彦たちはそのお金を通りかかったおまわりさんに届ける…という、風太郎の思惑とは正反対に予想外の行動をとってました。
やはり荒んだ風太郎の心を正してくれるのは、保彦たちしかいないという感じですかね。

そんなある日、荻野のもとへ「庭に死体が埋まっている」という一本の匿名電話が…。
管轄は違うものの、この際そんなことは言ってられないと三國家へ向かった荻野と菅田。
庭を掘り起こす様子に、動揺が隠し切れない風太郎の形相。
手に汗握るシーンでしたが、あれはかなりバレバレでした。(^_^;)
結局、中から「バカが見る~」という紙切れ一枚が出てきただけでホッとしたのも束の間、荻野はまた風太郎の殺人を確信し、緑も何か不安を感じた様子。
それに死体を掘り返したのが父・健蔵だと判り、風太郎もまだまだ油断は出来ないと悟ったようですわ。

最後のエンドロールで気づいたのですが、あのイタズラ描きは原作者のジョージ秋山さんが描かれたみたいですよ。(^.^)




あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

開催中のドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : 銭ゲバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「銭ゲバ」 第3話
三國家に上手く入り込み、寄宿し始めた風太郎。
茜の話し相手という立場で給料も出してもらえると聞かされたものの、派遣の仕事も今のまま続けたいと、完全にポイント稼ぎです。
「毎日、大好きな船を…」という言葉で、ちょっと譲次の表情が変わりました?
でもそう簡単に気持ちが変わる訳がありません。
そして茜とも着々と愛情を深めて…といっても、相変わらず耳を塞いで毒づいているのが不気味。
そのうち彼女が読唇術でも身につけたら~って、そんなオチはないか(笑)

そんな時、風太郎の前に突然現れた父・健蔵。
後ろから飛びついて、いきなりお金を取ろうとしたのには、唖然としてしまいましたわ。(^_^;)
過去の健蔵の悪事の数々が頭の中をグルグルと駆け巡り、一気に憎悪へと膨らんだ風太郎は、健蔵の首を何の躊躇もなく絞め続け…。
その親子の様子を陰からじっと見ていた荻野が怖かった。
ここで風太郎が殺してしまえば捕まえられる…と、心で願っていたんじゃ?
でも健蔵がギリギリ逃げたことで未遂に終わり、「銭ずら…」と1円玉を投げつけて去っていった風太郎。
その場に残された健蔵に声を掛け、弟殺しの証拠になることを少しでも聞き出そうとしたようですが、健蔵は妻・桃子が死んだことも知らなかったほど家に寄り付いていなかったんですもん。
彼が何か知っている訳がありません。(^-^;A
しかも逆に荻野から事件を聞かされて、息子の強請りネタでも思いついた?
この男、どうやら相当の悪のようです…。

一方、風太郎を危険人物だと緑に忠告する白川。
緑は戸惑いながら否定するものの、心の何処かに少し引っかかるものは感じていたようです。
そんな彼女の気持ちをいち早く察したのか、風太郎は派遣切りにあった男・田辺(正名僕蔵さん)を使って緑を襲わせ、彼女を庇って刺されたかのように仕向けていました。
風太郎の自作自演とも知らず、これでコロッと騙された緑は彼を心から信頼してました。
そんな二人の様子に嫉妬していた茜にも、フォローを忘れない風太郎。

ところが追ってきた白川が、田辺がコインロッカーからお金を出していた一部始終を目撃してしまったようで、再び風太郎に接触してきました。
で、「このまま黙って消え去れ…」とか言ってしまったものだから、結局殺されてしまうことに…。
もうちょっと電車に乗ってとか、現場から遠くのコインロッカーを使ってたらバレなかったし、白川も殺されてなかったでしょうに…。(^▽^;)アハハ
あんな公園の一角で、しかも足を怪我した風太郎がどうやって白川を運び、旅行カバンや人間が入るぐらいの大きな布袋はどこから持って来た?とか、そういうツッコミは無しの方向で(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
風太郎は誰にも疑われず白川の死体を運び入れ、その日の夜中に三國邸の庭に埋める…という大胆な行動に…。
証拠隠滅の為にシャワーを浴びて泥を落としていたようですが、シャンバーに着いた“土”を家政婦の春子が見てしまってましたよ。(^-^;A
予告でいきなり死体が発見されていたようですが、もしかして春子が証言したんでしょうか?
それとも…

しかし茜は完全に風太郎の手の中に…。
誕生日のプレゼントに、風太郎と結婚したい…とは、なんてご無体な(笑)
譲次や緑たちと食事を一緒にすることになり、三國家の一員として認められた風太郎ですが、ここで調子に乗って茜に話を合わせたら疑われますもん。
慎重にちゃんと一呼吸置くところが、彼の凄いところですわ。

それにしても、三國家の「三國」という表札の大きさが尋常ではありません(笑)
『ザ・お金持ち』という感じで、ついつい笑ってしまいます。(^.^)




ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪
あなたはポチッと押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
ありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

開催中のドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : 銭ゲバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「銭ゲバ」 第2話
観終わった後、あまりの重さにどよーんとした気持ちになってしまいますが、つい観てしまう…そんな不思議な作品ですわ。
それもこれも、やっぱり松山ケンイチ君の演技に惹きつけられるから?
今回は何度も彼の“目”がアップになって、その鋭い眼光の魅力に目が離せませんでした。

緑の車の前にわざと飛び出した風太郎。
病院の一室で目が覚めて、「出来るだけのことはさせてもらう。」と申し出る緑に、「お金なら1円も要りません。…友達になれたら嬉しいです。」と意外な言葉を口にした風太郎。
でもこれはまず緑に近づき、三國造船を手に入れるための第一歩だったのですよね。

そんなある日、緑に誘われたクルーザーパーティーで出会ったのが、妹の茜(木南晴夏さん)。
足が不自由で顔に痣があり、心を閉ざしているように見える茜に、自分なら彼女の心の隙間に入り込めるかも…と、ターゲットを変更したようです。
そしてクルーザーに乗っていた中の一人、白川(田中圭さん)が自慢していた500万円の高級腕時計が無くなったと大騒ぎになり、場違いな人物ということで疑われた風太郎。
パンツ一枚になってまで、身の潔白を証明した…というのも、実は白川が洗面所に忘れた時計を、茜がわざと壊したと知った風太郎が、生ゴミの中にこっそり隠していたらしい。
ま、今まで色んな修羅場を掻い潜ってきた風太郎にとって、こんなことは朝飯前というところでしょうかね。
茜と二人っきりになった風太郎は、その時計を拾って見せて海へと投げ捨て、「幸せな奴は酷い目にあわせたくなるよね。解るよ。」…の一言で、彼女のハートをガッチリと掴んだようです。
彼なら自分の気持ちを理解してくれるかも知れないと思った茜は、相談相手として風太郎を家に一緒に住まわせて欲しいと父親・譲次に頼んだのでした。

彼女の初めての“お願い”に喜ぶ譲次と緑でしたが、風太郎を見た途端譲次の態度が一変。
目も合わせようとしないわ、話もそこそこに切り上げようとするわ…というあからさまな態度に、風太郎ったらイラついてましたね~(^_^;)
ところが「お願いを聞いてくれないと、死ぬ…」なんて茜が言い出すものだから、譲次も渋々受け入れることにしたらしい。
そのやり取りを部屋の外でニヤニヤ聞いていた風太郎ですが、心の中ではきっと思いっきりガッツポーズしていたことでしょう。
そんな彼の姿を目撃してしまった家政婦の女の子…ちょっと心配ですわ。(^-^;A

そして三國家に上手く入り込んだ風太郎は、茜のハートを掴むべく、着々と計画を進めている様子。
茜の耳をふさいで甘い言葉を囁いている…と思いきや、「俺は美しいものが好きで、醜いものが嫌いだ。だからお前は大嫌いだ。緑さんを手に入れるのは無理そうだから仕方なく、財産を全て手に入れるために…。銭のためズラ。」と微笑みながら呟いていた。
すっかり風太郎の虜になっている茜には「大好きだ。痣も…。愛してる」と、耳を塞いだ手を離して甘い言葉を囁くのでした。(^_^;)
うーん。手で塞いだだけじゃ、声が漏れ聞こえそうな気もするのですが、\(^-^\) (/^-^)/ソレハコッチニ オイトイテ(笑)
そんな二人を、微笑みながら二階の窓から見つめていた緑。

しかし、しかしですね。
そんなにトントン拍子に上手くいく訳が無いんですよ。(^-^;A
数年ぶりに偶然再会した父親の健蔵が、お屋敷の外から中を覗いてたし、“銭”のにおいを嗅ぎつけてきっと纏わりついてくるはず。
刑事の荻野も、弟殺しは風太郎だと確信したようだし、安心するにはまだ早そうですわ。
予告ではまた次の殺人を犯していそうなシーンがあったし、風太郎は益々悪に手に染めてしまいそうな予感。

「伊豆屋」でのシーンは好きなんですけど、明るそうに見えて、あそこも複雑な問題を抱えているようですね。
由香は祥子と保彦の子どもと思いきや姪っ子らしく、風太郎にソックリな彼女の兄は行方不明らしい。
えっ?!もしかして、後に風太郎はこれも利用しちゃうとか?
う~、想像しただけで気分が重くなりそうですわ。(^_^;)





ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪
あなたは押したくなぁ~る、押したくなぁ~る(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

開催中のドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : 銭ゲバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「銭ゲバ」 第1話
「DEATH NOTE」が続編も合わせて2週連続、「L change the World」ときて、“松山ケンイチ祭り”だった日テレさんですが、それもこれもこのドラマの為…。
かなり、力が入ってます!(’-’*) フフ
しかし語尾の「ズラ」は、大昔の「細腕繁盛期」とか、「ドカベン」の殿間以来ですよ~(笑)

覚悟はしてましたが、相当重いドラマに仕上がってましたね~(^-^;A
派遣切りやディズニーランド、マカロンを登場させて現代風にはなってましたが、蒲郡家の貧困さ加減には「昭和の香り」がプンプンしていました。
でも原作マンガが1970年代ということで、少々は仕方が無いですね。

蒲郡風太郎(松山ケンイチさん)は、幼い頃から貧乏だった。
給食費払うお金もなく、学校でもいじめられたりバカにされ、母親・桃子(奥貫薫さん)は病弱で仕事も休みがち。
それでも「貧しくても正直に一生懸命頑張れば、絶対幸せになれる。」と風太郎に言い聞かせ、頑張って生きている。
ところが父親・健蔵(椎名桔平さん)は無職な上に酒癖が悪く、たまに家に帰って来てはお金を持ち出して大暴れする…というとんでもない男。
健蔵が突き飛ばしたせいで風太郎は左目に大怪我を負い…。
小学5年生の男の子に対して、いきなり大きなものを背負わせてしまったようでしたわ。(・_・、)
そして桃子は貧しさゆえに病院へ行くお金も薬代も払えず、呆気なく亡くなってしまいました。
そこへ駆けつけてくれたのが、風太郎が兄のように慕っていた新聞配達員の荻野宏(近藤公園さん)。
ところがその後、施設に預けられていたはずの風太郎が、道端で泥酔していた酔っ払いの懐から財布を抜き取ったところを宏が偶然目撃。
彼に咎められた風太郎が、「お金が欲しい!金の為ならなんでもするズラ!」と泣きながらバットで撲殺してしまう…という悲劇が。
で、また風太郎の子ども時代を演じたのが、齋藤隆成君。
「砂の器」「流星の絆」…ときて、また今回も難しい役をこなすとは恐るべし。
で、その宏の兄というのが、刑事の荻野聡(宮川大輔さん)みたいですね。

数年後…。
風太郎は派遣社員として工場を渡り歩く日々。
その工場はまるで刑務所のように派遣社員を番号で呼び、毎日毎日容赦なく彼らを使い捨て…(^_^;)
そこで知り合った寺田(田口トモロヲさん)という派遣社員の男は、お金に困っている様子。
風太郎がお金を持っているらしいと聞きつけ、留守中に部屋を物色して、畳の下に敷き詰めてあった1万円札を見つけ、そのまま盗もう…としたところで、帰ってきた風太郎が彼を容赦なく殴り殺してしまいました。
・・・といっても、最初に鉄パイプで襲ってきたのは寺田で、しかもお金を盗もうとした訳ですから、反撃に遭ってしまったと言ってしまえばそれまでなのですが。(^-^;A
でも寺田が最期に言った「「俺、死ぬんだな…。もうつらい事もなくなるんだな。ありがとな。お前、何か可哀想な奴だな…」という言葉が辛かったですわ。
そして翌日、風太郎も派遣切りにあう。

寺田が殺された事件を追っていたのが刑事の荻野。
彼は派遣社員の中に風太郎の名前を見つけ、色めき立っていました。
どうやら弟殺しの犯人として、ずっと風太郎を追い続けている様子。
何処までも何処までも暗く長~いトンネルを、重石を持ったままゆっくりと歩かされている気分になってしまうようなドラマですが、唯一ホッとできるのが「伊豆屋」のシーンですかね。
母・桃子がよく作ってくれた「ベラの煮付け」を、懐かしそうに平らげる風太郎の表情が、何とも言えず安らいでいたような…。
先日の「VS嵐」で拝見して、すっかりりょうさんファンになってしまったので嬉しいです♪

そして風太郎の新たな派遣先は「三國造船」。
実はそこの娘さん・緑(ミムラさん)とは、子供の頃に出会っていたようです。
彼女が乗っていた車に水を掛けられた風太郎は、そのまま別荘へと案内され、濡れた服を洗っている間に出されたマカロン。
見た事もないカラフルで美味しそうなお菓子、お母さんにも食べさせてあげたい…。
そんな衝動に駆られた風太郎は、彼女が席を外した隙にランドセルに詰めるだけ詰め込んで…というところで見つかってしまい、あんなに優しかった緑が豹変。
ひたすら謝罪する母親と共に、こっ酷くなじられてしまった…。

その緑の運転する車の前に、わざと飛び出した風太郎…。
何か企んでいるようですが、もしかしてその時の復讐でもするつもりなんでしょうか?

オレは美しいものが好きズラ。美しい人の心が欲しいズラ。
だけど、人の心は美しくないズラ。人間はみんな汚く、いやらしいもんズラ。
だから、オレが信じるのは「銭」だけズラ。「銭」があればなんでも手に入るズラ。
「銭」こそ正義ズラ。「銭」があれば寂しくないズラ。

(゜-゜)ウーン 相当、重いズラ(汗)


ポチッと押して帰ってくださると、嬉しくて小躍りします♪(笑)
よろしくお願いします~(‘ ▽‘)ゞ

最新ドラマ情報、レビューなどの過去ログはこちらからどうぞ→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

開催中のドラマランキング投票も、どしどし参加して下さいね。

テーマ : 銭ゲバ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク