FC2ブログ
「新参者」 第7話
峯子の元夫・直弘と、その秘書・祐理(マイコさん)がやたらと怪しく描かれているものの、今回も殆ど核心には触れませんでしたね。(^_^;)
意味深な目配せ(笑)と、直弘が贈った高そうなペンダント。
それと祐理が小指にはめている、変わったピンキーリング。
まるでコインに穴を開けたかのような不思議な形だったけど、加賀が目を付けているところを見ると、きっと意味があるんでしょうね。
しかし“怪しいぞオーラ”がガンガンに出てるのに、それだけって~(笑)
祐理の言う「私たちの嘘…」は、まだまだおあずけか~(^▽^;)アハハ
30年来の間柄という税理士の岸田(笹野高史さん)が、それこそ“カギ”を握っていそうな感じもするなぁ。

そして、そんなとばっちりを食らったのが、刑事の上杉。
今回の事件では一貫して清瀬親子を追ってましたが、単に犯人としてだけではなく、弘毅のことを自分の息子・和博(早乙女太一さん)と重ね合わせていた部分もあった様子。
実は息子さんを3年前のバイク事故で亡くしていた。
その3日前に無免許運転をもみ消していて、そのことが全ての原因ではなかったでしょうけど、心の底では刑事として尊敬していた父親に失望したようだと、後々残した文集で分かることとなり。
もみ消した日、事故で亡くなった日…だから命日が2日あった。
上杉はずっとその償いのような気持ちで、弘毅に接していた…ということになるんでしょうかね。
直弘に対するトラブルで刑事を辞める事になった上杉が、「この事件は誰かが誰かをかばってる。そのかばってる奴が犯人だよ」と加賀に言い残していた台詞が気になりますわ~。
そこまで言うんなら、もう「犯人」の目星がついてるってこと?
弘毅が父親と一緒にいるところを見たという“女性”も気になるところですね。
でも後姿からだと、祐理とは雰囲気がちょっと違っていたような…。

物語は足踏み状態。
上杉の“嘘”は、峯子が何か残していたものから繋がった訳でもなく、事件とも何ら関係なく…。
(゜-゜)ウーン 今回は「なるほど~!」も「ドキドキハラハラ…」も無かったですぞ~(笑)
その代わり、加賀と松宮がいとこ同士って~!?
加賀の父親も刑事だったみたいですけど、あの“時計”は加賀の父親からもらった…ってことでいいんですかね。
あの年の差で加賀が「父親代わり」ってのは、確かに変だと思った~(笑)





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


今度こそ、たい焼きが食べられると思いきや、小嶋主任のせいで並びも出来ず。
で、そんな意地悪するから、自分も買われへんねん~(≧∇≦)ノ彡バンバン!



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


 

テーマ : 新参者
ジャンル : テレビ・ラジオ

「新参者」 第6話
今回のゲストも、どうせ犯人じゃないんでしょ?
・・・と思いながら観てたものの、谷原章介さん演じる、人気急上昇中の日系イギリス人の映像作家コウジ・タチバナのちょっと怪し気なキャラに、「もしや?」と思ってしまった自分がお恥ずかしい(笑)(^_^;)
(もう、タチバナ・コウジでいいやん!(≧∇≦)ノ彡バンバン!)

事件の第一発見者だった、翻訳家で峯子の親友・多美子(草刈民代さん)。
彼女は事件当日、「峯子とは6時半に会う約束をしていたが、急な用事ができて、7時半に変えて欲しい…という連絡を6時にした。」と証言。
その“急な用事”の相手は、婚約者のコウジ。
クアトロの店員・美雪(紺野まひるさん)が、「事件当日の峯子に、公衆電話から電話がかかっていたようだ」と証言していたことから、最近携帯電話を失くしたというコウジが怪しい。
しかも約束時間の変更が不自然で、ポロポーズを受けた多美子が、峯子とのことでイギリスへ行くことを渋り始めていて、あまり良い感情を持っていなかった…となると、もう彼しかいません(笑)

峯子が離婚を考えていた頃に、「翻訳家として一人立ちできるまで、自分が面倒をみる」と約束してしまっていた多美子は、コウジからのプロポーズを受け入れてケンカ別れしてしまっていた。
そしてきちんと話し合おうと約束した時間に事件が起きてしまい、責任を感じて、彼女は自分だけ幸せになれない…と塞ぎ込んでしまっていて…。
「プライベートを話さないのがルール」とか言い張って、コウジは話をはぐらかすし、どうなることかと思っていたら、何処にでもいるもんですね~。お喋りなおっさん(峰竜太さん)が(笑)
しかも「コウジ・タチバナは俺が育てた!」みたいな、関西にはどこにでもいるおっちゃんキャラ♪
また加賀も、そんなおっちゃんの心をくすぐるような上手い心理作戦!
でも彼がベラベラ話してくれたことで、“4月13日午後6時半”にはちゃんと意味があったことが分かって良かったですやん。

しかしそんな“サプライズ”も、峯子とのことで頭がいっぱいで、当の多美子には全く通じていなかったのはちょっと可哀想でしたけどね。(^_^;)
とりあえずは、生前の峯子が実は二人の結婚を祝福するために「夫婦箸」注文してくれていたことも分かって、スッキリでした。
そのお箸には、二人が出会うきっかけになったのがお花見会だった…ということで、“桜”がモチーフになっていました。
峯子の祝福を受け、わだかまりの解けた多美子とコウジ。
こんなところで、再び「柳沢商店」の嫁・マキティーも登場~♪ヽ(‘ ▽‘ )ノ ワーイ


「刑事の仕事は捜査だけじゃない。
事件によって心を傷ついた人がいれば、その人だって被害者だ。
そういう被害者を救い出す手立てを探し出すのも、刑事の役目です。」


毎回犯人には辿り着けず、空振り続きの加賀…と思っていたら、実は彼にはそんな“信念”があったのですね。
なるほど~♪
益々、加賀キャラが好きになりそうです!(^.^)

で、次はいよいよ峯子の元夫・清瀬の核心に触れる?
怪しい目配せの秘書・祐理(マイコさん)との関係も明かされるんでしょうかね。
しかし犯人…となると、それもまた違うのかな~。
最近気になってるのは、チラッとしか登場してないにもかかわらず、公式サイトのTOPページに写真が載ってる税理士の岸田。
あっ!もしかして?(笑)



ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


多美子のために…と峯子が買おうとしていたパッションフルーツのゼリーに杏仁豆腐。
美味しそうでした~♪
ちゃんと紅白になってた…というのもポイントでしょうかね。

「銀のあん」は・・・・もう、どうでもいい!(笑)


春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋





テーマ : 新参者
ジャンル : テレビ・ラジオ

「新参者」 第5話
「重要参考人・青山亜美」…なんて予告で流れてたから、警察に連れて行かれてどうのこうのな展開になると思いきや、思ったより結構軽め(笑)
亜美はわざと峯子に近づいたんじゃなくて、何のことは無い、茶道教室での「シュークリーム」がご縁の単なる偶然でしたやん。(^_^;)
で、亜美は話してるうちに、峯子が弘毅のお母さんだと気づいたみたいでしたね。
「もし息子さんのことが判ったら、どうしますか?」の亜美の問いに答えていた、峯子の「4ヶ月…」というのは、弘毅の恋人だと思い込んでいた「クアトロ」の店員・美雪(紺野まひるさん)の出産を待って…という意味でした。

そして峯子の親友・真知子(綾戸智恵さん)へ宛てた「いろいろ考えて、しばらくは見守ることにしました。店に何度も通っているから、怪しまれているかも」のメールと、彼女が毎日通っていたという水天宮が繋がりました。
しかし人形町で唯一の妊婦さんだったのが、真知子…って、やっぱり少子化なんでしょうかね~(^▽^;)アハハ

3ヶ月前、真知子が人形町で家出中の弘毅を見かけ、一緒にいた恋人らしき女性が三協銀行の角を右に曲がってすぐの喫茶店に入っていった…と連絡を受けた峯子。
でもその後“三協銀行”は合併して、同じ名称の2つの店舗が殆ど近くに並んでいたせいで、峯子は間違えちゃった訳ですな。
しかし、何で真知子は喫茶店の名前を言わなかった?(^_^;)
こんな初歩的なうっかりミスで、美雪のことを息子の恋人だとずっと思い込んでいたのは、ちょっと不憫でしたわ。
おまけに見ず知らずのお客さんに目が合うたびにニッコリされたり、突然犬の置物をプレゼントされたり…と、美雪もずっと気味悪かったでしょうしね。
もっと早く峯子に伝えていれば…と後悔していた亜美ですが、実は峯子が店先で見かけかた「安産祈願の犬置物」の記事を書いたのは亜美で、実は繋がってたやん~みたいなオチ。
峯子の部屋には、犬の置物と弘毅が主演を務めるはずだったお芝居のチラシ。
母親からずっと疎まれていると思い込んでいた弘毅でしたが、実はそうじゃなかったと知って泣き崩れる…。
あ~、時すでに遅し…。(・_・、)うぅ

「そういえば…」と美雪が最後に思い出したのが、事件当日に峯子にかかっていたらしき電話。
相手が“公衆電話”からだったということで、浮上した人物。
その電話の主って、谷原さん?ε=ε=(*~▽~)キャー
第一発見者で親友・多美子(草刈民代さん)の恋人という設定のようですが、何だかちょっとワクワク(笑)
でもまた、犯人じゃないんでしょうね~(^_^;)
いや、亜美もまだまだ“謎”だらけですやん~。





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


今度こそ「銀のあん」のたい焼きが食べられると思いきや、松宮に立て替えてもらってた時計の修理代を払ったら、お金が足らんって~(≧∇≦)ノ彡バンバン!
「クアトロ」のシュークリームは買わずに、モンブランを選んだ…って、2つならそのまま買えたのに~(笑)

で、「黒茶屋」マスター役の八代英輝弁護士はインパクトありました!
色んな意味で(笑)


春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 新参者
ジャンル : テレビ・ラジオ

「新参者」 第4話
今回は現場に残されていた“モノ”ではなく、峯子が殺される直前まで書いていたというメールの内容から、事情を聞かれることになった寺田時計店主・寺田玄一(原田芳雄さん)。

「いつもの広場で子犬の頭をなでていたら、今日も小舟町の時計屋さんと会いました。
お互いマメですね、と笑い合いました。」

警察には「浜町公園で峯子に会った」と証言していた寺田ですが、その時間に公園での目撃者は無し。
しかも“子犬”も見かけなかった…と、2話で出演したホステス・アサミ(宮地真緒さん)が再び登場です。
(で、「まつ矢」のご主人とは、その後どうなったん?笑)
加賀は壊れた懐中時計の修理を寺田に依頼しつつ、時々刑事として質問するから、話がややこしいのなんの(笑)
でも勘の良い加賀のことだから、「あの“チンピラ”が何かやったのか?」の寺田の言葉は聞き逃さなかったはず。

しかし、今回は寺田が飼っていた賢い柴犬“ドン吉君”に目が釘付けでしたわ~♪
彼のお陰で、「いつものお散歩コース」が判り、そこから“水天宮さん”へ繋がった訳ですもんね。
関西では殆ど馴染みはありませんが、ドラマでは安産祈願の定番。(^.^)
そんな頃、寺田の妻・志摩子(松本じゅんさん)が乗って帰ってきたタクシーの後部座席の位置で、彼女の他に乗客が居たこと、買い込んでいたのがベビー用品だった…ということで、結婚を反対されて勘当中の娘さんが妊娠中だということが判り…。
実は、寺田は娘さんの為に水天宮さんへ通っていたらしい。
それを隠すために、峯子とは公園で会った…と嘘をついていた。
いや、毎回証言者の“嘘”に振り回されている加賀たちですが、いくら自分を守るためとはいえ、人が殺されているのに、これはちょっと困ったもんですね。(^_^;)
で、彼の言っていた“チンピラ”は、やはり旦那さんのことだったみたいですね。
・・・と、ここまでなら何となく想像できた展開。

寺田が「三方置時計」を一生懸命修理をしていたのは、娘さんが無事に出産できるようにという願掛けだったことや、彼が感謝していた「名も知らぬ職人」に旦那さんが弟子入りして、時計の部品工場で真面目に働いていた…というオチには、ちょっとウルっときたかも。
生まれたばかりの赤ちゃんには見えなかったですけど(笑)コラコラ! (≧∇≦)/☆(.. )
でも寺田の弟子・米岡(恵俊彰さん)は、何の関係もなく…(’-’*) フフ

そして、峯子は一体誰の為に水天宮さんに通っていたんでしょうかね。
妊娠しそうな若い女子(笑)…ということは、もしかして亜美?
だけど予告では、いきなり亜美の犯人疑惑。
確かにずっと怪しいことは怪しかったですけど、まさかこんなに早く犯人が判るとは思えないので違うかな~(^▽^;)アハハ





ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


松宮が修理に出していた腕時計。
「父親代わりのような存在の人」からもらったと言っていた、元の持ち主が気になるところ。
でもチラッと映っていたってことは、やっぱり加賀?
二人の微妙な距離感で何となく(笑)


春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋


テーマ : 新参者
ジャンル : テレビ・ラジオ

「新参者」 第3話
峯子の家に残されていたのは、「人形焼」と「ボタン」だけと思いきや、「キッチンバサミ」もあったらしい。
ということは、まだまだ他にも残されているという訳ですね(笑)
で、そのハサミは「うぶけや」という刃物店のもので、峯子のメールから瀬戸物屋「柳沢商店」の嫁・マキティ(柴本幸さん)が頼んだものと分かる。
加賀は早速事情を聞こうとするも、ハサミのことは全く知らないと言う。

「柳沢商店」の店主・鈴江(倍賞美津子さん)と嫁・マキティは日頃から折り合いが悪い…という前フリでしたが、実はお互いに思い遣っていた。
いくら使い込まれたタオルといっても、大事にしてるものを勝手に雑巾にされちゃ辛いですわ。(^_^;)
あれじゃ、嫌がらせとしか思えないですもん。
朝ごはんのメニューといい、お約束でことごとく衝突する嫁姑の間で、オロオロしている息子・尚哉(大倉孝二さん)(笑)

そんな中、キティちゃんデコの名刺入れを見せて、上手くマキティに近づいた亜美。
事件を調べているのは最初は単なる「記者魂」なのかと思ってましたが、実は峯子の息子・弘毅と同棲してたり、事件のことも先に知っていたにもかかわらず知らせていなかったり、今回も峯子の葬儀に参列していた割には弘毅の姿を見て逃げ出したり…と、明らかに行動が怪しいですわ。
そして彼女にも、まだ色々な「嘘」や「秘密」があるようです。
ボールペンの謎もまだ分からないし、生前に峯子に会っていたことなど、まだまだ引き出しは多そう。
事件のカギを握っているかどうかはまだ分かりませんが、加賀は何かしら気づいているみたいですよね。
「どんな記事になるのか楽しみだ。お前が何を書いて、何を書かないか…」
う~、彼女を何もかも見透かしているような加賀の台詞が気になります。

話は戻りまして~(笑)
マキティが峯子に頼んでいたハサミは、実は「食用バサミ」だったらしく、歯の悪い鈴江の為にサプライズで用意したかったらしい。
だからこっそり旅行カバンを開けてたんですね。
これで伊勢志摩のアワビが食べられる?(’-’*) フフ
そして峯子に渡していた大金20万円は、パソコンを買うため。
実はネイルサロンに行くと言いながら、マキティはパソコン教室に通って「柳沢商店」のホームページを作っていた。

鈴江の方も何だかんだ言いながら、嫁の為に伊勢志摩限定の“伊勢えびキティちゃん”を注文していたり、「旅行のお菓子を買いに行く」と言って、前日から帰っていない嫁を探しに行ってたり…と、ちゃんと心配してくれていたんですもんね。
嫁姑版「素直になれなくて」か?(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

めでたし、めでたし・・・
・・・って、今回も犯人に繋がるものは何も見つからなかったじゃないですかー!(^_^;)
でも、この人情モノとまったり感が、ちょっと心地良くなってきたような(笑)






ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


今回も加賀は「銀のあん」のたい焼きを食べられず~(^▽^;)
最終回まで、お預けかな?(笑)




春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 新参者
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク