FC2ブログ
「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第7話
気づいたら、もう7話なんですね。
やっと本題に入ってきた~!という感じですが、和泉が書いた速水に関する「怪文書」は彼女の手で破り捨てたはずなのに、何か事務長の手に渡ってますやん。(^_^;)
和泉の様子をチラッと見てたのは花房師長で、「花房師長も共犯だ…」と書かれた部分が削除されていたなると、彼女しかいないような気もするのですが、そんな簡単じゃない?(笑)
「怪文書」の前科がある白鳥は「何度も同じ手口は使わない!」言い張ってましたけど、これも怪しい(笑)
速水はとにかく敵が多過ぎますもんね~(^-^;A
救命医師チームはもちろん、ナースの皆さんにも良く思われてなさそうですし…。
「怪文書」が発覚したときの、栗山ナースの意味深な目配せも少し気になりますが、彼女がそこまでやる必要があるのか?と考えると、あまりインパクトが無いんですよね(笑)
速水を辞職へ追い込むための、事務長の自作自演…みたいな展開もあったり、無かったり(笑)


で、今回の患者さんは突然痙攣を起こして倒れたホスト・聖也(八神蓮)。
体内から多量のアルコールが検出されたことで、最初は急性アルコール中毒と思われていたのですが、翌日は全くお酒を飲んでいないにもかかわらず、なぜか錯乱状態になり、マンションから飛び降りようとした。
調べてみると、母親から送られてきた野菜の中に入ってた“ごぼう”が、実は朝鮮アサガオの根っこだったと判り…。
これ毒草だそうですよ。(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
お母さん、どんだけ「うっかりさん」ですのん(笑)(^-^;A
彼女の理沙子(末永遥さん)も疑いが晴れて、めでたしめでたし…。

ずっと影の薄かった白鳥&グッチーコンビ。
今度こそ、頑張って下さいよ~(^.^)




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


白鳥ったら、病院に冷蔵庫まで持ち込んで、住む気満々ですやん~!(≧∇≦)ノ彡バンバン!

そういえば、今回は院長の出番が殆ど無いような…(^_^;)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋





テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第6話
6話目にして、やっと「ジェネラル・ルージュの凱旋」の“凱旋”の意味が分かりましたわ。(^_^;)
メディカル・アソート社が計画している新しい病院が、かつてデパートの大規模火災に遭った場所で、そのとき大勢の患者さんを救ったのが“ジェネラル”こと速水。
その速水が救命センター長として就任する予定…ということで、“凱旋”なんですよね?
ん?意味合ってます?(笑)(^▽^;)アハハ

着々と“半官半民”の画期的な方法で計画は進められているとはいえ、なぜに水面下で?
さすが、グッチー♪
良いところに気がつきましたな~(笑)
やはりそこにはメディカル・アソート社が有利になるように上手く仕組まれていて、そのための下準備として“賄賂”という名のお金がバラ撒かれている。
・・・と、そこまで掴んでいるものの、バックに厚労省に強い鴨志田議員がついているもんだから、白鳥もやり難くて仕方が無いという訳ですやん。
おまけに白鳥の動きに気づいた鴨志田から、いきなりお呼び出しを食らってましたしね~(^-^;A

今回は山崎健人(桜田通さん)という車椅子の少年が、自宅で倒れていた母親(大路恵美さん)を発見。
過去に工事現場の足場が崩れる事故で瀕死の重傷を負って速水に命を救ってもらったことがあるらしく、彼を頼って救命に搬送を依頼してきた訳ですが、“命の恩人”のはずの速水からは「記憶に無い…」と冷たくあしらわれてしまう。
逆上してナイフを振り回すも(何で持ってる?汗)すぐに取り押さえられ、居合わせた和泉からはビンタを浴びせられてしまってました。
実は和泉も過去に速水に救われていて、頑張ってリハビリ&勉強して彼と同じ救命で医者として働くことが出来た…と喜んでいたのも束の間、健人と同じようにバッサリ。(^_^;)
あ~、速水がそんな仕打ちをするから、メディカル・アソート社との収賄について密告を受ける羽目になる訳ですよ。
自業自得といえばそれまでなんですが、「結局命を救えるのは“金”だ…」みたいな速水の発言は、ちょっと気になるところですね。
もしかして、何か「お金」に絡んだ過去が隠されているような、いないような…。
それとも現在進行形?
だとすれば、速水が賄賂に手を染めてまで“お金”に執着する理由も何となく分かるような。

で、健人の母親は命に別状は無くヤレヤレ…だったのですが、実は深刻だったのは健人の方。
激しい痙攣発作は5年前の怪我が原因の後遺症だと思われていたのが、そこに“水頭症”が隠されていました。
健人の異変に気づいた速水のお陰で適切な治療が行われ、無事に脳の機能を正常化させることが出来たようですわ。
それに実は、健人のこともちゃんと覚えていたみたいですしね。
(゜-゜)ウーン 医者としての腕はいいのに、人としての何かが欠如してるのが残念。
そして高価な医療機械や薬をたくさん使えば、救命率は格段に上がる…というのは皮肉なものです。
やっぱり、お金なのか?(^_^;)ウゥ




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


やっとグッチーと白鳥の名コンビぶりが少しだけ見られたような?
トオルさんには、もっと弾けてもらわないと(笑)



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第5話
相変わらず、暇そうな救命…(^_^;)
前回、「こき使われてる!」と長谷川がジェネラルにキレてましたけど、やっぱり説得力ありませんわ~(笑)
肺炎が酷くなる一方の患者さんの原因究明の為に、研修医のお兄ちゃんを引き連れてアチコチ採取に行ってましたもん。
あっ!患者さんの受け入れや処置で忙しいんじゃなくて、もしかしてこっちの余計な仕事で忙しいのか?(^▽^;)アハハ
そして今回も、グッチーのお手柄で無事に救われた患者さん。
ジェネラルの“カリスマ性”も、全く見えないのが残念。
監視カメラを見て、飴食べて、お金もらって…?(笑)ナンデヤネン ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ

人気歌手の真山香苗(岩田さゆりさん)が救命に運び込まれ、検査の結果マイコプラズマ肺炎と診断される。
ところが抗生物質は全く効かず、肺炎は悪くなる一方。
そのうち発疹まで現れ、血液検査で詳しく調べたものの、結果は全て陰性。
で、結局香苗は母・みどり(森口瑶子さん)の本当の娘ではなく、「麻疹」の予防接種を受けてなかったことが判明。
おまけに「声が良くなる」とステロイドの錠剤を常用していたせいで免疫力が落ちていて、「麻疹」に罹ってしまっていた…と判り、原因が判ったところで無事に容体は落ち着いたようですわ。(´▽`) ホッ
レントゲンで骨折の痕があったにもかかわらず、「子供の頃に大きな怪我や病気はしていない」と母親が言っていたのを不自然に思った…みたいな速水の見事な直感力はあったけど、それも何だかな~(^_^;)

一方、地道なクラブ活動(笑)で「メディカル・アソート」の佐々木が国家議員の鴨志田(本田博太郎さん)や、速水だけでなく他の医者とも繋がっていた事実を掴んだ白鳥。
でも彩子ママ(麻生祐未さん)が味方になってくれて助かったって感じですよね。(^-^;A
いつも使ってくれてた常連客さんが、他の店へ行ってしまった腹いせか?(笑)
そして「メディカル・アソート」社は鴨志田と組んで、何やら新しく病院を作る計画を立てているようですが、企画書の中には速水が救命センター長になってましたやん。
最終的な目的はこれか~と分かったけど、佐々木はこれだけお金を使いまくって、大丈夫なん?とか、ちょっと心配になったりして(笑)




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


あ~白鳥さんの出番が少な過ぎる~(笑)(^-^;A



春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第4話
突然急変したジャーナリストの目黒。
彼は「メディカル・アソート」の黒い部分を追っていたようだし、救命に運ばれたのも謎の転落事故。
営業部長の佐々木も周りをウロウロしてるし…で、もしかしたら何者かに仕組まれた?と思ってしまったのですけど、さすがに心筋梗塞は無理か(笑)
で、事態は一刻を争う状態…ということで、奥さん(広田レオナさん)の承諾も早々にカテーテルを入れての治療となった訳ですが、横から白鳥が「あーだこーだ」言うからややこしい~(^▽^;)アハハ
“カテーテル”といえば、例の「メディカル・アソート」も絡んでるし、ここで何か事件が起こる?…ってことも、別に無かったようですね。
「口封じの為に、わざと失敗するのでは?」という白鳥の読みは、完全にハズレ。
心臓マッサージをしながらの治療というのは、素人ながらに大丈夫かと、観ていて心配しましたけども。(^_^;)

「43分後に目を覚ます」
速水の言葉通り、無事に命を取り留めた目黒。
離婚を考えていた奥さんとも仲直りできたようで、ジャーナリストを辞めて函館で居酒屋を継ぐ…ってことは、結果的には佐々木や速水たちにとってはプラスになったようですけど。(^-^;A
しかし速水の相変わらずの自信は、何処から来るんでしょうかね。
今回、毎日速水先生にこき使われて疲れているせいで、目黒の心筋梗塞の予兆を見逃してしまった…と、長谷川がブチ切れてしまってましたけど、これもなんだかな~って感じでしたわ。
何せ、肝心の救命が忙しそうに全く見えないから、説得力が無い(笑)
速水は自分の部屋でいっつも監視カメラみたいな映像を見てて、どんだけ暇やねん!って感じですもん(笑)

そして事務長の三船は、治療の為になら高額な機器も惜しげもなくバンバン使う速水のことをあまり快く思っていないらしく…。
といっても、後任が佐藤というのも、彼が単に扱いやすい人間だからという感じがアリアリ。(^-^;A
白鳥も相変わらず病院内をウロウロしながら、朝からステーキを食べてるだけ(笑)で、賄賂問題は何も進展はないし、ドラマの行く末がちょっと心配になって来ましたわ。




ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ


速水は佐々木から受け取ったお金を、一体何に使ってる?
・・・と、勝手に考えてみたんですが、答えは「チュッパチャプス」に落ち着きました(笑)


春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」 第3話
ツカミはOKだけど、いつも原因や理由が何か強引というか~(^▽^;)アハハ
グッチーと白鳥コンビが楽しみだったのに、白鳥の「よぉ~!グッチー!」みたいな台詞しか印象に無いですもん(笑)
そして今回一番頑張ったのは、刑事さん並みに患者さんの情報を足で稼いだグッチー。
救命チームは相変わらず一人の患者さんで「あーでもない、こーでもない」と症状から病名を推理し合うだけで、めちゃヒマそうですし。(^_^;)
おまけに、ジェネラルこと速水のカリスマ性は殆ど見られず。
「抗利尿ホルモン分泌異常」から、腫瘍=ガンに結びつけたのは良かったですけど、またしても詰めが甘い。
水枕も、一歩間違えばまた危ないところでしたよ。(^-^;A
水枕の中の水をビーカーに入れて、ゴクゴク…って、「あれって、絶対ゴム臭いよね~」ぐらいしか感想無いですもん(笑)

普段は温厚で温和な塚田さん(渡辺哲さん)が、風俗の店が並ぶ繁華街で若者に刺され入院。
しかし、なぜか激情的な人格に変貌して大暴れ。
その前後で必ず大量の水を飲んでいた…。

塚田さんがなぜあんな場所へ行っていたのか?
心療内科に通っていたという理由もありましたが、他にもミュージシャンを目指している息子さんが家出中…といってた時点ですぐに分かりましたもん(笑)
不自然に若者が歌ってましたしね~(^▽^;)アハハ
そして事件の状況を詳しく言えなかったのは、犯人が息子だったら?
…と、不安が過ぎっていたかららしい。
すったもんだの挙句、やっと真犯人が捕まって、無事に腫瘍が見つかって一件落着。
手当たり次第に探しても見つからなかった「腫瘍」は、息子さんが子供の頃に書いていた作文の「ホコリだらけの部屋で…」と会社で見たお父さんの様子が書かれてあったから→「アスベスト」~っちゅーのはかなり強引(笑)
単に、掃除をしていない会社だったかも知れなかった訳ですしね(爆)

ところで・・・
入院中も速水と「メディカル・アソート」との関係を嗅ぎ回っているっぽかったジャーナリストの目黒ですが、状態は安定していたはずなのに、一般病棟へ移ってすぐ急変。
…って、おかしくないですか?
もしかして速水を庇って、これ以上取材させないためとか?
陣釜さん…じゃなかった、花房師長ぐらいしか思い当たらないんですけど。(^_^;)
こんな病院、イヤだ~!(笑)



ポチッと押してみる?
いつもありがとうございます~♪(‘ ▽‘)ゞ



しかし何だかんだ言っても、ついつい観てしまうのは、
グッチー白鳥コンビと、西島さんのお陰かも~ヾ(*°▽°)ノあはは




春ドラマランキング投票やってます!→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋




テーマ : ジェネラル・ルージュの凱旋
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク