FC2ブログ
「南極大陸」 第5話
どうやら5話目にして、思いっきり視聴率が下がったらしいですね…(^_^;)
何なんでしょうね~。
やっぱり倉持にスポットが当たり過ぎて、他の皆さんのキャラが手薄になってる(ように見える)のが原因でしょうか。
せっかくの香川さんなのに、寺島さんなのに、恭兵さんなのに…勿体ない。
それに過去の映画が偉大過ぎて、嫌でも比べられてしまうということもあるんでしょうかね。
私は観てませんが(笑)

今回は倉持の念願だった「ボツンヌーン」という山を登る…というのがメインでしたが、犬ぞりだけというのは確かに無謀でしたね~(^-^;A
史実に基づいてるんでしたら仕方が無いですけど、あまりにも“偶然ラッキー”が多過ぎます。
途中から方角が違ってたのかも…と思いながら、朝目が覚めたら山がテントの前だったとか、氷室がアクシデントの骨折で動けなくなって、鯨の死骸の中でワンちゃんたちの帰巣本能に託す…とか。
一番の難点は、南極なのにあまり寒く見えないこと(笑)コラコラ! ( ^ o ^ )ノ☆/;^-^)ノ
凍えてる氷室に、倉持が自分のものを掛けてあげる…って、絶対無理ですって!
犬塚の指が凍傷になるぐらいの寒さなのに~。
といっても、あまりにも寒さを強調すると視聴者もしんどい…ということで(笑)

サブタイトルの「仲間の死…」といい、まるで氷室や犬塚が亡くなってしまいそうな展開になってましたが、(倉持は主人公だから死なないはず:笑)、ハラハラさせて来週に続くですか~。
とりあえず雪上車も直ったようなので、また“偶然ラッキー”に期待するしかないですね…(^▽^;)アハハ



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


分かった!
あの鯨も食料にすればイイですね。
間違いない!!ヾ(°∇°*) オイオイ 古過ぎる…(笑)



秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」やってます!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 南極大陸
ジャンル : テレビ・ラジオ

「南極大陸」 第4話
予告や、サブタイトルの「さらば愛しき友」で察しはついていましたが、とうとうベックが亡くなってしまったんですね。(・_・、)
やっぱり腎臓をやられてしまうと、回復はなかなか難しい…。
ワンちゃんの中でも一番責任感を持っていそうだったから、これは大打撃になりそうだけど、もう他の子たちも成長してくれるってことでたぶん大丈夫なのでしょう。
最期の力を振り絞って倉持に鳴いたシーンは、さすがに涙腺が緩みました。

それより、犬塚…(^-^;A
今までの何もかも中途半端な自分から脱出して、父親に認められたい…という気持ちは解りますが、ちょっと焦り過ぎましたやん。
オーロラ観測に寝る間も惜しんで打ち込むあまり、結果的には火事を起こして迷惑をかけてしまうという。
消火器の件についても、倉持が自分の説明不足だったとかばってたけど、そんな次元の問題じゃないですよね。(^_^;)
ま~、今と違って当時は消火器は使い切りだという知識は広まってなかったかも知れないし、若い犬塚は世間知らずだった…としても、もうちょっとプロ意識を持っておかないと。
みんな命懸けで南極を越冬しようとしてるんですから~(^▽^;)
氷室の言うこともご尤もです。
これが事実に基づいてるエピなら、ちょっと辛いかも。

「成功に始まりがあれば、失敗にも始まりがある。」と犬塚を励ます倉持の言葉や、「失敗を恐れず、人のやらないことをやれ。人は経験を積むために生まれてきた…」と星野がある科学者に言われた言葉は感動的でしたが…。
それがまさかのアインシュタイン?w(°o°)w おおっ!!
でもこれ、たぶん無理やりつけたエピですよね?(^_^;)
あ~、私ったら冷めてるな~(笑)




ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


予備の食料が流され、魚を釣ったり自分たちで食料を調達…の割には、結構豪華なお食事だったような。(^▽^;)アハハ
なかなか大漁だった訳やね(笑)



秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」やってます!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 南極大陸
ジャンル : テレビ・ラジオ

「南極大陸」 第3話
四方八方が氷に囲まれてしまう「インアクセシブル」状態に陥った宗谷。
このピンチを一体どう切り抜けるのか?
…とハラハラしましたが、案外あっさりで拍子抜け。(^_^;)
いや、本当はもっと色んなパターンを想定したり、数々の脱出方法を議論したとは思いますが、そんな風に見えなかったのが残念…。
私がながら見だったせいかも知れませんが(笑)

で、前回は「ごろんごろん」&「バーン!バーン!」の船内が大揺れのシーンばかりだったのが、今回は荷物が氷と共に何度も流され「あーぁ…」シーンの連続。(^▽^;)アハハ
南極“生きてます”状態。
ちょっとは学習しようよ~と思いながら、あれだけ荷物が流されて、ちゃんと越冬できるんかいな?と不安になってきましたよ。
日本にはワンちゃんに向けての物資が全国のアチコチから届けられていたようですが、あれを南極へ持って行く術が無いようなので残念ですね。
宗谷が日本へ向けて帰ってしまったシーンでは、見てる方もめちゃくちゃ心細くなったのは言うまでもありません。(^_^;)

しかし相変わらず、レビューが書き難い(笑)
ワンちゃんたちがなかなか犬ぞりを引けなくて、隊員たちが四苦八苦するシーンにハラハラ…。
で、また倉持が活躍する訳ですね。
困った時の“倉持”的に…。
うーん、あまりにも彼だけがクローズアップされてしまうのが残念というか。
双子ちゃんの感動的な名前(たぶん)も霞んでしまいましたやん。(^-^;A
どうにもこうにもハマれないな~。






ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


「もはや戦後ではない!」って、こんなところで言われてもな~(^-^;A


秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋



テーマ : 南極大陸
ジャンル : テレビ・ラジオ

「南極大陸」 第2話
第一次南極観測隊が、ちゃんと南極へ着くのは分かっているから、安心して観ていられるのですが、それにしても見てるだけで船酔いしそうでしたって~(^_^;)
あれ、実際にセットを傾けてる?ってぐらい、皆さんが「ごろんごろん」、時には「ガン!」とアチコチにぶつかられるので、それはハラハラしましたよ。
上は火事、下は大水…って、なぞなぞみたい(笑)
気を失ったり、溺れそうになったりも大変でしたが、これはもうアクションモノとして扱えるかも…ぐらいの勢い(笑)
ていうか、医療担当の谷先生(志賀廣太郎さん)が万能医過ぎ!
何でも治せるから、先生が一番凄いです…(笑)
(髪の毛は年々可哀想だけど…こらこら)

そして、どんなアクシデントの場面にも必ず出くわしてしまう倉持。
主役だから(笑) オイオイ! (≧∇≦)/☆(.. )
閉じ込められた犬塚を一生懸命助けるシーンは、TV前でたぶん一緒に歯を食いしばってたかも。σ(^▽^;)アハハ
観終わった後は、ちょっとした疲労感がありましたわ(笑)
「宗谷」が大きく揺れる度に何度も檻が壊れたり、怪我をしちゃったワンちゃんまでいましたが、そんな大変な目に遭った後に、過酷な犬ぞりが待ってる訳ですよ。
犬たちの部屋にだけ空調があるといっても、真夏に毛皮ですからね~(^-^;A
ま、寒いところは得意ってことで大丈夫でしょうが、あんな狭いところに数ヶ月も閉じ込められて、体力が心配…。

ビールも2度目はちゃんと祝杯が挙げられて良かった~♪
クリスマスは「船の墓場」と呼ばれる低気圧多発地帯に入り込んでしまったが為に、台無しになってしまいましたからね…。
勿体ない(笑) ←そっちか!

で、やっと南極圏に入ったとホッとしていたら、今度は「宗谷」が四方を氷に塞がれて「インアクセシブル」(接近不可能)状態に…。
次から次へと困難が降りかかる訳ですね。(^_^;)
あれだけギクシャクしていた鮫島ともあっという間に仲直りして、越冬隊もお許しが出たのに、まだまだ前途多難です。





ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


横峰の奥さんは、男女の双子ちゃんを出産。
…って、そんなにお腹大きかったっけ?(笑)


秋のドラマレビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 南極大陸
ジャンル : テレビ・ラジオ

「南極大陸」 第1話
ををー!やっぱりタロとジロが出てきた~♪
…ということは、映画「南極物語」のドラマ版という感じになるんでしょうかね。
しかし当時は特に興味も無く、映画は未見。(^_^;)
CMや番宣でチラッと見た程度なので、氷の上を犬2匹が走ってる~みたいな印象しかありません(笑)
しかしあの時の映画のワンちゃんと、ドラマのワンちゃんは全くイメージが違いますわ。
いきなり木村君の腕を噛んじゃったり、ちょっと強暴やん。(^▽^;)アハハ

主人公・倉持(木村拓哉さん)は地球物理学の研究者で、後に第一次南極観測隊の隊員となる訳ですが、“戦後”の日本には『南極観測』が希望の星みたいな存在だったようですね。
それを実現するために、色々と奔走していましたが、資金の工面には子どもたちが自分も大変なのに、率先して募金に協力してくれたり、それが日本中に広まって…というシーンは、やっぱりウルウルきましたわ。
あと、南極観測船の「宗谷」が改造工事が間に合わない…というところで、アチコチから腕自慢の職人さんがトラックの荷台に乗って続々駆けつけてくれたり、ベタな展開ほど感動ですね。
実話に基づいてるところは大きいかも…。
このシーンは、「華麗なる一族」の突貫工事を思い出して、まさかこの後に大事故とか起きない??と余計な心配をしてしまいましたが。(^-^;A

「宗谷」は国民の夢と希望を乗せて、無事に航海へと旅立った訳ですが、といってもやはりそう簡単に南極へは辿り着けそうにも無いですよね~(・_・、)
予告でいきなり大変なことになってたみたいだったし、緊張感は続きます。
南極へ着いても、その後に泣く泣くワンちゃんたちを置いて行かなければならない…ということも待ってる訳ですからね~(^_^;)

そして観測隊の皆さんが、とにかく豪華♪
柴田恭兵さんから始まって、香川照之さん、緒形直人さん、堺雅人さん…。
大蔵省・事務補佐官の氷室(堺雅人さん)は倉持と何かと対立する…という設定だったので、初回は殆ど笑顔が見られず残念。(^▽^;)アハハ
そういえば堺さんって、確か映画で「南極料理人」をされたはずですが、まさか料理シーンは無いですよね?(笑)
あと、犬ぞり担当・犬塚役の山本裕典君がイイ感じに場を和ませてくれるのは、助かりました。
犬ぞりから振り落とされてましたが、怪我とか無かったかな?…と、ちと心配。(^_^;)

倉持の亡くなった妻の妹・美雪(綾瀬はるかさん)は、倉持に好意を持って想い続けている…という感じですが、後に二人が一緒になるみたいな展開はあり?
恋愛展開は期待していませんが(笑)、せっかくのはるかちゃんだから、可愛いシーンも見たいですやん。(^.^)

そんなこんなで、視聴は決定です。



ランキングに参加中です。
いつもありがとうございます~!(‘ ▽‘)ゞ


木村君って、映画でいうところの健さん??
違ってたら、スミマセン~(^▽^;)アハハ



秋のドラマ・レビュー、その他ドラマ情報などはこちらから~
「秋ドラマランキング投票」始めました!
お気に入りドラマに期待を込めて、一票どうぞ~→→→~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋

テーマ : 南極大陸
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク