「99.9~刑事専門弁護士 seasonⅡ」 第3話
悪瓶が降臨。笑
口では物凄い良い人そうなことを言ってるのに、裏では…
裁判の判決では人情味のある言葉をかけたりしてる割には、無罪判決を出した部下を北の地に飛ばしてましたもんね。汗
目の奥が全然笑ってませんもんww
鶴瓶さん、上手いわっ!←

尾崎が本格的に弁護士となって動き出した案件。
といっても、佐田に無理やりみたいなもんでしたけども。笑
結局、ただ目立ちたいだけの佐田には方針ミスとボロが出まして、深山に交代…。
今回も実地検証では宇崎さんになりきった明石さんが大活躍でございました♪
週刊誌記者が真犯人だった男が被害者に脅されていた証拠を掴んだり、目撃証言をした女性が白内障だったり…と、少し都合が良過ぎる結果オーライは置いといてww
まぁ、また深山の寒いギャグの宝庫でしたしね。笑
風の音だけでなく、今回は本当に風が吹いて葉っぱが揺れる演出…お疲れ様でしたww

あとちょっと笑ってしまったのは、王泉→大泉→菜っ楠→NACS…でしょうかね。(* ̄m ̄)ププッ
あまりにも唐突でつい。
それと安達祐実ちゃんもすっかり大人になったな~と、そんなことを思いながら。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アンナチュラル」 第3話
法医解剖医は裁判で証言することもあるんですね。
裁判で検察側の証人として立つことになったミコト。
彼女が関わった案件ではなかったので、検察官から事前の大まかな概要の説明に違和感を覚えつつ、とにかく最初から「犯人」として追い込むための筋通りの証言としか思えずでした。汗
一見問題はなかったように見えましたが、傷口の3D映像を見たミコトは凶器の特徴が一致しないことに気づき…
それを彼女が黙っている訳がありません。笑
ミコトはその流れで弁護側の証言者として立つことになった訳ですが、検察側は証言者を速攻で替えて、あからさまな男尊女卑で攻めてくる。
表向きは止むを得ず…でしたが、裁判員までを壮年の男性で揃えてくるところにも驚きました。
これって誰が見ても明らかな「操作」ですやん。汗

しかしそこで怯むミコトではなく、訴えられていた中堂と協力して上手く乗り切ってました。
ここにきて、まさかのチームプレー♪笑
パラハラで訴えていた坂本さんにはミコトが説得、中堂は証言で見事に検察側を打ち負かして一件落着。
ぬっくんも無事に殺人の疑いが晴れました。
めでたし、めでたし。笑

今回は前回のようなハラハラ展開ではなかったけど、誰も事件に巻き込まれることなく、スッキリさせて貰えて面白かった♪

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「anone」 第3話
また今回もトンデモ展開が繰り広げられた訳ですが…
あのモデルガン男は既に上司を一人殺して逃げている状態だったらしく、ハリカを連れて来た舵達を脅して、自分が身代金を騙し取ろうと企んでいました。
所々クスッとさせられつつ、最後はまさかの自殺ですよ。汗
手に入れた身代金が偽札だと分かり更に自暴自棄になり、舵の懸命の説得にも耳を貸さず…。
彼の人生、結局何も残らずでした。
舵もあまり良い人生を送っていたようでもなく、お店を手放すことになって、今は末期がんですもんね。
これからどうするのかな…

そういえば、るい子さん。
隙を見て偽札と入れ替えて、まんまと身代金をせしめてましたよ。
でもどうやら彼女にも大金が必要な理由がありそうな。
それは来週明らかになるのかしら。

そして瑛太さん演じる理市の素性が明らかに。
元々は亜乃音の旦那さんの下で働いていた従業員で、偽札造りも知ってた…ということで、両替機で試していた理由がやっと繋がりましたわ。
サービス券の印刷を依頼されたきっかけで、林田印刷所から何やら読み取り機のようなものを盗み出してました。
お札の仕組みは熟知しているようなので、あれで試してもっと精巧な偽札を作ろうとしてるのかも。
何かお金が必要なのか、それとも他に理由があるのかも気になるところです。

ハリカは無事に解放されたものの、これから亜乃音とどうなっていくのか。
少し母娘のような感覚になっているような気もしないでもなく…ですね。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「99.9~刑事専門弁護士 seasonⅡ」 第2話
2話目にして、まさかの展開。
深山の父親の冤罪事件は小出しにしながら、最終回まで持越しなのかと思い込んでたのでビックリでした。

そして真相は…
結局、強引な裁判の印象だったのは犯人が警察官だったから…か。
それぞれの保身と打算が複雑に絡んでいて、無理やり深山の父親が犯人に仕立て上げられてしまっていた訳ですね。
コンビニ店員の証言も、確かにお客さんは居なかった。
でも警官が立ち寄っていたことはスルー。
同じ交番勤務だった男性も違和感は覚えていたものの、確信には触れないまま…
闇に葬られた真実に白を切っていた大友は流石に所々でボロが出てしまって、最後は全てを認めて検事の職を離れることに。
父親も真犯人も既に亡くなっていて、事件の真相を追及する意味さえ少々失いかけていましたが、深山が知りたかったのは真実。
そこはずっと一貫してぶれず、最後まで父親を信じ続けていた事が報われて良かった。
後に元警察官の男性から被害者のご家族に謝罪の手紙を送られていたことで、無事に疑いは晴れた…ぐらいでしょうかね。
すっきりしたような、しないようなww
時間が経ち過ぎてしまったことが哀しい…
あのお守りを突き返してくれたことがきっかけで真実へと辿り着けたけど、これもタイミングだったかのな。

さて、これでまた新たな気持ちで事件に立ち向かう訳ですね。
深山の口から寒いギャグが放たれる度に流れる風の効果音に、早く慣れなくちゃ。笑←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「アンナチュラル」 第2話
もう今回はドキドキハラハラ展開で、身が持ちませんでしたわ。汗
解剖医の域を超えてますww

今回の案件は集団練炭自殺の現場。
ミコトが一家無理心中で唯一生き残った娘さんだったらしいと聞かされていた久部は一瞬戸惑ったものの、彼女の方は全く気にしていない様子。
練炭のエキスパート…とまで夕子に言われてましたけど、論文まで書いてたことには驚きました。
でも言動の端々だったり「無理心中」に対する違和感だとか、何の躊躇もなくテキパキと進めていたのも、後で事件の真相を聞かされて納得できたかも。
一人だけ生き残ったのは、実は睡眠薬を吐き出していて、別の部屋で寝ていたことが幸いしただけだったんですよね。
きっとその時は子供だったからよく分からないままだったと思うけど、段々と大人になるにつれて意味を理解した時のミコトの気持ちを想像すると辛過ぎる…

そして遺体の中で一人だけ、一酸化炭素中毒死ではなかったことに気づく。
見た目は似ていたものの、調べていくと原因は凍死…
そして手首に縛られた痕と、胃の中に残されていたメッセージ。
書かれていた「花」はてっきり彼女の名前かと思いきや、のちに一緒に監禁されていた女の子の名前だったことが判りました。
自殺だと思われていたのが他殺だった…ということで、久部を巻き込んでまた現場まで行っちゃう訳ですよ。
辿り着いた場所が犯行現場で、犯人に見つかって冷凍庫へ閉じ込められ、池に水没させられるシーン。
後で裏側のメイキングを見たんですけど、それでも結構大掛かりでハードだったのでビックリでした。
水没寸前のところで電話が繋がって、社内に残っていた中堂に水質のデータと位置関係の情報を伝えて…途切れる通話。
間一髪のところで無事に発見されてヤレヤレです。
観終わってグッタリでしたww

で、やけに末次が久部に情報を入れてくるな~と思ってたら、久部はスパイとして送り込まれてた訳か…。
ただの飲み仲間と違いますやんww
これから久部がどうするか?というところですが、UDIの内情を知れば知る程、ミコトたちと関わって行けば行く程…ってところでしょうかね。
解剖医刑事(デカ)、益々板についてきました。

話はドラマから逸れますが、先日電車の中で50代後半らしき女性お二人の会話。
解剖がどうのこうの仰ってたので、まさにこのドラマの事だな~と思いながらつい聞いてしまっていたのですけど、さとみちゃんのことをずっと「石川ひとみちゃん」と言ってて、心の中でツッコミ入れながら、言ってあげたくてそわそわしたことは内緒です。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり


ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク