FC2ブログ
「大恋愛~僕を忘れる君と」 第8話
何の為に公平の話を入れたのかな?
…ってぐらい、結構な違和感でしかなかったですわ。汗
今までにない徹平君の意外性は良かったけど、かと言ってドラマに何か影響を与えたって程でもなくww
結局、あのハウリングもわざとやった割には、尚の病状が進行したことに直接関係は無かったみたいですしね。
何より気になったのは、公平が同じMCIには見えなかったことですよ…
執拗に尚に固執したのも病気のせい?
道連れにして一緒に…と企んでたのは、尚が危険を察して睡眠薬入りの珈琲を飲まなくて済んで助かりましたわ。
でもどう考えても変なエピだったけど、取り合えず尚と真司の絆が深まったということでしょうかね。
色んなすれ違いで、ちょっとギクシャクしてたことは確かでしたし…。
で、意味深だった真司の担当さんはあれだけ??

そして…
前回から乱入してきた、井原と尚の母親カップルww
さすがにまだ急展開は無さそうだけど、このエピも要るのかな~?
あっ、そうか。
彼女の性格からだと、尚が子供を持つことには反対するだろう…というところを、クリアさせる為だな。
それを匂わせるような柚香との会話もありましたしね。
なるほど、納得。笑

予告では、来週は赤ちゃんが誕生してたようです。
幸せの絶頂から、病気と向き合って二人がどうやって乗り越え続けるのか…。
考えただけでも、ちょっと辛いですけど。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「獣になれない私たち」 第8話
何がビックリしたって、橘カイジがまさかの飯尾さん~♪
好き。笑
カリスマがはあるとは言い難いけど(←コラ!)、呉羽が選んだ結婚相手、間違いない。
恒星とは正反対だけど、裏表なさそうで安心できるタイプ。
飯尾さんったら、何気に「アンナチュラル」にも出演されてたし、野木さんファミリーとして貢献されてるかも。

さて、今回登場した恒星の兄。
ひょんなことから消息が分かり、お互いに誤解が誤解を生み今に至る…みたいな感じでしたね。
ずっと優等生だと思っていた兄、自分を軽く追い越して一歩も二歩も先を行く弟。
それがコンプレックスやらプライドやら、兄弟ならではの混ざりあったものが色々と邪魔して…。
難しい問題だけど、結果的には元の居場所へ戻れることになって良かった。
ドラマですからね。←
この先、恒星がもう少し自分の素直に気持ちを出せるようになれば…というところかな。
まぁ性格的なものもあるし、自分に置き換えてみると他人の事は言えないですけどww

そしてもう一つ…
朱里が晶と同じ会社に就職が決まりまして~。
うん、なかなかドラマ過ぎる。笑
何だかんだ言っても、晶も結局は優等生気質から抜けられそうにもないかな。
普通なら全力で拒否しても良いのに、あっさり受け入れてしまうんですもんね。
おまけに仲良さげな雰囲気…
どういう心境なのか想像もできないけど、流されてしまうタイプなのかも。
争い事が苦手な性格だと、意外とこんな感じなのかな~という気もしてきたww

自分の性格ってなかなか変えられないものだし、育った環境とか、考え方も人それぞれ…
ドラマは緩く見守る所存ですよ。笑

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第7話
うわ~
あのハウリングは公平の仕業だったのか…
同じ病気を患ってる彼は、これで症状が悪化するとわかってやったってことですよね?
他人を陥れて、何が楽しい?
MCIの割にこういうことだけは執着するというか、何故覚えてるんでしょうかね…
こりゃ、一ミリも共感できませんわ。汗

認知症へ進行してしまったお蔭で治験対象からは外され、症状がもしも改善されるなら子供も…という希望も絶たれてしまうことに。
二人の思い出のボロアパートを見ても、何も思い出していない尚を見つめる真司が切な過ぎました。
大事なことさえも、こんなにあっさり忘れてしまうものなんですね…
何かの拍子に思い出すとかならまだ救いはあるけど、忘れたものは二度と戻らないなら辛いかな。泣
このままもっと穏やかに病気の進行を見守るつもりが、とんだ悪キャラの出現で困りましたわ。
でも自分の生きた証…ということで、子供を持つ決心をしたようですね。
理由は変わってしまったけど、こっちの方が強い意志が感じられるし、何か好転してくれると信じたい。

そういえばビックリしたのが、井原が尚の母親と?
あまりにも展開が突拍子過ぎて、意識が遠退きそうですww ←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「獣になれない私たち」 第7話
家に帰ると、まさかの朱里がっ!汗
しかも、成り行きとはいえ部屋に入れる…ってところが晶らしい。
おまけに泊ることになるとはさすがにビックリしたけど、でもちゃんと本音で話せたことで、思ってることも言えましたしね。
確かに誰の人生を生きてるんだろう…
冷静に考えたら、自分らしく生きてる実感は無いかも。
いつも周りのことばかり考えて、自分の事は後回し…
呉羽は凄いことだと褒めてくれたけど、それでずっと窮屈な人生を生きるのは辛いかな。

そんな晶の背中を押してくれたのは、京谷の母・千春さんでした。
最期は家で夫を看取りたい…
息子2人は反対してたけど、病院で呼吸器付けられて少し長生きしたところで幸せなのかな…とも思ったり。
そんな風に自分の意思を貫く千春さんの姿を見て、晶も決心がついたのかも。
京谷にはあっさり別れを告げることに…
このままズルズルと関係を続けても、結局は堂々巡り。
松任谷の言葉を借りた晶に、京谷には何の事だか?って感じに見えたけど、あんな男こちらから願い下げ!ですよ。
一瞬騙されそうになったけど、マンションを朱里に譲ったところで何の解決にもなってませんしね。

そして次の一歩へと進んだ晶に、また更なる試練が…
朱里、何で晶の会社やねん!
一体彼女が何を考えているのやら、全く想像もつきませんよ。
そういえば恒星も、一歩踏み出そうと思い始めているらしく…
11月末の『300万』をどうやって乗り越えるかの正念場に立たされてる割には、全然それを感じさせない無表情。
流石です!笑←

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

「大恋愛~僕を忘れる君と」 第6話
二人の新婚生活が始まって、新章への突入…となった訳ですが。
幸せな時間は、そんなに長くは続かないってことですか。泣
真司に子供を作りたいと言われて、全く頭に無かった尚ですが、もしかしたら少しでも改善できるかも知れない…と一縷の望みを託して新薬の治験を申し出ることに。
そんな前向きな気持ちになれたのも、今の症状が安定していたからこそなんですよね。
真司も仕事より尚を優先してくれて協力的だったし、この状況なら…

ところが、ここで新たな男・公平が登場ですよ。
可愛い顔してフレンドリー、保育士という職業柄か子供好きで人当たりも良い…
尚と同じ病気というで、これからも何か協力できることがあれば…と親切に近づいてきた男。
どうやら自分の病気の事で離婚したらしく、二人の幸せそうな姿を見て嫉妬したってこと?
まだ真相は分からないけど、講演会で倒れた尚を見てニヤリ顔だったし、病室で意識朦朧とする尚にキスまで…汗
真司に見られても、全く悪びれた様子もなかったですしね。
こりゃ、なかなかタチが悪そう…
編集者の女性に危機感を感じていたら、徹平君のまさかまさかのキャラでしたわ。

症状が進行して、どんな風に二人で乗り越えていくのか見守るつもりでいたのに、こんな展開が待っていたとは~

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

りんりん

Author:りんりん
ドラマ好きのお調子者です(笑)
相変わらずのバタバタモードのため、ドラマレビュー少な目&コメレスは遅れがちでスミマセン。(^_^;)
~ドラマレビュー&情報サイト~ りんりんの部屋
   ↑
最新ドラマ情報を更新中~♪
過去ログもあり

ランキングに参加中です

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク